G1には負けない!N-1 VICTORYが開幕!


9月18日 NOAH「N-1 VICTORY 2020 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」愛知・名古屋国際会議場

<第1試合 15分1本勝負>
〇齋藤彰俊 井上雅央 青柳政司(13分13秒 片エビ固め)谷口周平 モハメド ヨネ ×岡田欣也
※スイクルデス

<第2試合 N-1 VICTORY 2020 Bブロック公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇杉浦貴(9分11秒 後転式フロントネックロック)【1敗=0点】×稲村愛輝

<第3試合 N-1 VICTORY 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
【1分=1点】清宮海斗(30分時間切れ引き分け)【1分=1点】望月成晃

<第4試合 30分1本勝負>
丸藤正道 〇小峠篤司(11分59秒 エビ固め)×NOSAWA論外 カズ・ハヤシ
※ムーンサルトプレス

<第5試合 N-1 VICTORY 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇潮崎豪(16分54秒 体固め)【1敗=0点】×征矢学
※豪腕ラリアット

<第6試合 N-1 VICTORY 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇中嶋勝彦(17分19秒 体固め)【1敗】×拳王
※ダイヤモンドボム

NOAH最強を決める総当たりリーグ、「N-1 VICTORY 2020」が今年も名古屋国際会議場から開幕し、大会前には全選手による入場式が行われ、試合が組まれていないマサ北宮や桜庭和志も参加、前年度覇者である拳王が優勝トロフィーを返還してリーグ戦の熱戦の火ぶたが切られた。

公式戦はBブロックの杉浦vs稲村からスタート、フィンガーロックの攻防で稲村がロープへ押し込んだ際にフォアアームを放つと、杉浦はバックの奪い合いからヘッドロックで捕らえる。しかし、ぶつかり合いになると杉浦が押され出し、稲村が再度突進したところで杉浦が場外へ追いやって、場外戦に持ち込むが、稲村は鉄柵攻撃で反撃、リングに戻っても稲村がショルダータックル、エルボードロップ、ボディーシザースと杉浦を攻め立てて試合をリードする。
稲村はアバランシュホールドを狙うが、逃れた杉浦はビックブーツ、串刺しニー、雪崩式ブレーンバスターと反撃も、突進したところで稲村がフロントスープレックスで投げ、フォアアームの連打を浴びせて倒す。
稲村は激突から串刺しボディーアタック、ダイビングショルダーと畳みかけると、スプラッシュマウンテン狙いは杉浦が堪えてリバースし、ビックブーツの連打を浴びせ、稲村もフォアアームの連打で応戦する。
稲村は突進するが杉浦がビックブーツで迎撃すると、左のラリアットからフロントネットロックで捕らえ、稲村は持ち上げようとしたが、杉浦が後転して一気に絞めあげて、稲村がギブアップ、杉浦が白星発進する。

Aブロック公式戦の清宮vs望月は、グラウンドの攻防で望月がヒールホールドで捕らえると、打撃のラリーでは望月がローキックを浴びせ、ショルダースルーで清宮をエプロンに追いやった望月はロープ越しでローキックで足を払ってからサッカーボールキック、エプロンめがけてニークラッシャー、サードロープに清宮の足を引っかけてPK、鉄柱に叩きつけるなど足攻めで試合をリードする。
リングに戻っても望月はニークラッシャーからローキック、クロスヒールホールド、ヒップドロップで清宮の足を攻め、清宮はエルボーで抵抗も、望月は足四の字固めで捕らえて清宮を追い詰める。
清宮の串刺しを望月は迎撃するが、受けきった清宮はエルボースマッシュで反撃し、アームホイップからキーロックと望月の左腕を攻めるも、清宮がブレーンバスターと見せかけての脇固め狙いを、読んだ望月が清宮の顔面にカウンターニーを浴びせ、清宮の串刺し狙いも望月が踵落としで迎撃、ビックブーツの連打を浴びせ、清宮はエルボーで抵抗するが、望月はローキックからPKを炸裂させる。
望月はツイスターを狙うが、逃れた清宮はフライングフォアアーム、ブーメランフォアアーム、ミサイルキックと反撃、望月の左腕にショルダーアームブリーカー、ミドルキックから突進する望月にトップロープへギロチンホイップ、スリーパーで絞めあげてから、強引にジャーマンスープレックスホールドを決める。
清宮はエルボーの連打から突進も、望月は真最強ハイキックを炸裂させ、ツイスターを決めるも、清宮はカウント2でキックアウト、そして望月は三角蹴りで勝負を狙ったが、清宮はドロップキックで迎撃、今度は清宮がタイガースープレックスホールドで勝負を狙ったが、左膝攻めが効いてブリッジが崩れてしまう。
望月はジャーマンスープレックスホールドで投げると、ドラゴンスープレックスを狙ったが、バックを奪った清宮は後頭部へドロップキックを炸裂させ、再びタイガースープレックスホールドを決めるも、運悪く望月の足がロープにかかっていてブレークとなってしまう。
打つ手が少なくなった清宮がエルボーの連打を浴びせるが、突進したところで望月が清宮をエプロンに追いやると、ロープ越しで三角蹴りを命中させ、リングに戻ってからPK、胸板へのローキックの連打から突進するが、キャッチした清宮はパワースラム、ヘッドロックで捕らえ、望月がバックドロップで投げても解かず絞めあげる。
望月はミドルキックの連打から、レフェリーの視線を逸らさせてからナックル、逆片エビ固めからアンクルホールド、頭突きの乱打で攻め込み、清宮はストレッチプラム式フェースロックで返し、低空ドロップキックで反撃も、コーナーからのダイブは望月がニーで迎撃してから、イリュージョンと畳みかける。
残り時間が少なくなると、望月は再度ツイスターを決め、足四の字固めで捕らえるが、清宮はロープに逃れてからブレーンバスターで投げるも、タイムアップとなり引き分け、清宮も打つ手を失ってから粘ったが、あと一つ大技があればと思わせる試合だった。

Bブロックの潮崎vs征矢は、潮崎がヘッドロックから征矢の古傷である首を攻めて先手を奪い、場外戦でも潮崎がDDT、征矢をエプロンにセットしてからかち上げニーと首に集中攻撃を与える。
リングに戻っても征矢の逆水平に対して、潮崎は袈裟斬りで応戦し、ローリングでの手刀を狙ったが、征矢はカマイタチで迎撃して、潮崎の痛めている右肩にダメージを与えてから、ショルダーアームブリーカー、チキンウイングアームロックなどで徹底的に潮崎の右腕を攻めて形成を逆転させる。
潮崎は逆水平で反撃も威力はなく、征矢はロープへ振るが、潮崎はフライングショルダーを浴びせ、痛めた右腕でマシンガンチョップを乱打から、手刀を浴びせる。
潮崎は征矢をブレーンバスターで投げると、逆水平を浴びせるが、征矢はフライング弾道で反撃して、串刺しエルボーからブルドッキングヘッドロック、ネックブリーカーと攻め込んでいく。
両者は逆水平のラリーも、征矢がダブルチョップからデスバレーボム、雪崩式バックフリップからスピアーと潮崎を追い詰めにかかり、パイルドライバーから弾道を狙うと、避けた潮崎はジャーマンで投げ、左のラリアットを炸裂させる。
潮崎はゴーフラッシャーを決め、抵抗する征矢にマシンガンチョップ、豪腕ラリアット狙いは弾道と何度も相打ちも、潮崎は豪腕ラリアットを連発して3カウントを奪う。

メインのAブロック公式戦、拳王vs中嶋の金剛対決は、互いに読み合いから牽制し合うと、ローキックのラリーとなり、拳王はソバットからビックブーツも、串刺しを狙ったところで中嶋がコーナーに逆さ吊りにしてから拳王の顔面にローキックを浴びせ、場外に逃れた拳王にエプロンからPK、鉄柵攻撃からのビックブーツと先手を奪う。
リングに戻っても中嶋は串刺しビックブーツからのシャッターチャンスタイム、拳王のエルボーの連打もサミングで黙らせるが、拳王は中嶋の足を払ってから背中へのフットスタンプ、背後からのニーアタックと反撃し、串刺しダブルニーアタック、セカンドロープからのダブルニードロップと一気に流れを変える。
拳王がドラゴンスープレックスを狙って、中嶋のバックを奪うと、中嶋の奪い返してコブラツイストで捕獲、右ハイキックからニーリフト、そしてPKを狙ったが、避けた拳王はミドルキックの狙いも、避けまくった中嶋がミドルキックを浴びせるが、拳王もミドルキックで返して蹴暴で応戦する。
拳王はPFSで勝負を狙ったが、中嶋が避けて、突進する拳王にレッグシザースでセカンドロープにセットしてからバックルごと蹴り上げ、ミドルキックからPKを炸裂させる。
中嶋はバーティカルスパイクを狙うが、切り返した拳王は変形ファルコンアローで叩きつけ、バックドロップで投げても、拳王はドラゴンスープレックスで応戦する。
両者はミドルキックとなるが、拳王がフェイント式スピンキックを浴びせると、中嶋もバーティカルスパイクで応戦、しかしPKを避けた拳王はアンクルホールドで捕獲すれば、中嶋もアンクルホールドで返してSTFへ移行、拳王のスタミナを奪う。
拳王は中嶋のバックを奪ってジャーマンで投げると、ドラゴンスープレックス、蹴暴、PFSと畳かけるが、拳王がハイキックからスピンキックを乱打、蹴暴からPFSを投下も、中嶋はカウント2でキックアウトする。
拳王はハイキックを狙うが、避けた中嶋がトラースキック、ハイキックと返し、ビンタで拳王をダウンさせると、人でなしバトンキックを浴びせ、マウントエルボーの連打から奥の手のダイヤモンドボムで3カウントを奪い白星発進した。

これが更新されている頃には、19日となり、新日本プロレスのG1 CLIMAXも開幕するが、NOAHのN-1もG1と負けないぐらい熱い戦いを繰り広げている。果たしてN-1 VICTORYは誰が優勝するのか…

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。