シュレック、関本、デュプリが参戦!GLOBAL TAG LEAGUE2020出場チーム発表!


4月4日から開幕する「GLOBAL TAG LEAGUE2020」の出場チーム、組み合わせが発表された。

今年は2ブロック制で各4チーム、計8チームがエントリー、昨年はKAZMA SAKAMOTOと組んで優勝した杉浦貴は、今年はプロレスでは全日本プロレス、MMAではRIZINに参戦し、NOAH初参戦となる関根シュレッグと組み、稲村は大日本プロレスの関本、WRESTLE-1の常連外国人だったデュプリはワグナーと組んでエントリーとなった。
 昨年エントリーしなかった丸藤はGHCタッグ王者として望月と組み、前王者組で昨年度準優勝の潮崎&中嶋のAXIZ、清宮は正パートナーの谷口、反選手会同盟の彰俊&雅央、そして金剛からは1度GHCタッグ王座を保持しながらも仲間割れによるコンビ解消で王座を返上した拳王&北宮がエントリーとなった。

 また熊野準が左目の滑車神経麻痺(滑車神経麻痺 . 物が斜めに二重に見え、頭を傾けると1つになり、眼球は内上方に偏位している。上斜筋を支配する滑車神経の障害で起こる。原因として外傷性、脳腫瘍や脳血管障害などがある)の疑いで無期限休業することが発表された。

 最後に3月27日のGHCヘビー級選手権の調印式が行われたが、挑戦者の藤田和之は出席せず、王者の潮崎豪がサインするだけに終わり、藤田のサインは後日になる予定だという。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。