フェロモンズが用意した第4の男はシャイニングボール!大型新人・正田がデビュー!


8月14日 DDT「Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN~みんなで声出そう!~」後楽園ホール 556人
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 30分1本勝負>
飯野“セクシー”雄貴 男色“ダンディ”ディーノ X=〇竹田”シャイニングボール”光珠 (8分55秒 エビ固め)×高木三四郎 大鷲透 高尾蒼馬
※ハリケーンドライバー

<第2試合 30分1本勝負>
佐々木大輔 MJポー 〇KANON(8分9秒 片エビ固め)坂口征夫 MAO ×石田有輝
※スリーピーホロウ

<第3試合 正田壮史デビュー戦 30分1本勝負>
〇HARASHIMA(10分28秒 体固め)×正田壮史
※蒼魔刀

<第4試合 いつでもどこでも挑戦権争奪バトルロイヤル 時間無制限勝負>
〇青木真也(16分15秒 いつでもどこでも挑戦権を獲得)
退場順=岡田佑介、高鹿佑也、岡谷英樹、クリス・ブルックス、火野裕士、大石真翔、平田一喜(権利証奪取もハズレのため失格)、納谷幸男、勝俣瞬馬
※場内に吊るされた「いつでもどこでも挑戦権」を獲得した選手が勝者となる

<第5試合 30分1本勝負>
〇朱崇花(7分20秒 片エビ固め)×赤井沙希
※不知火

DDT後楽園大会の第1試合ではフェロモンズの第4の男である白ブリーフ男の正体が明かされることになったが、今成”ファンタスティック”夢人が前日のガンバレ☆プロレス後楽園大会のダメージが大きいため欠場となり、最初は飯野とディーノだけが登場、そしてディーノが白ブリーフ男を呼び出すと、白ブリーフ男は高木の背後から現れ急所打ちを浴びせて開始となる。

白ブリーフ男の急所打ちを浴びた高木に早速フェロモンズが蹂躙、ディーノのナイトメア、飯野のセクシーフィットネスの餌食にするとフェロモンの裁きで捕らえるが、大鷲と高尾が慌ててカットする。

代わった高尾も飯野に張り手を浴びせるが、感じた飯野はコスチュームを脱ぎだし、高尾は白ブリーフ男にドロップキックから、代わった高木が白ブリーフ男のマスクを剥ぎにかかるも、飯野とディーノがカットには入り、白ブリーフ男もコスチュームを脱いでOバックに姿になって筋肉美を披露、フェロモンズはセクシーティーラーで鷹木を蹂躙する。

フェロモンズは最大奥義トリプルヒップスを狙い、3人で地獄門をセットも、相手を叩きつけるはずの今成が欠場していたことを忘れていたため、セカンドヒップスになり、白ブリーフ男が大鷲と高尾をセカンドヒップスの餌食にする。
高木は白ブリーフ男にスタナーを決めるが、白ブリーフ男はドロップキックで反撃してマスクを取ると、正体は666所属の竹田光珠光と判明する。

竹田が高木をセカンドヒップスに直撃させると、ハリケーンドライバーで3カウント奪い勝利、試合後はディーノが竹田を竹田”シャイニングボール”光珠と命名し、それぞれポーズでフェロモンズ戦力拡大&完全体をアピールした。

第3試合では入門3ヵ月目でデビューを果たすことになった正田がHARASHIMA相手にデビュー戦を行った。
序盤はグラウンドの攻防となって正田がHARASHIMAに懸命に食らいつき、HARASHIMAはレッグシザースからキック、首投げからサッカーボールキック、レッグドロップ!ストンピングからキャメルクラッチと次第に攻めを厳しくしていく。

張り手のラリーから正田は延髄斬りを狙うが、キャッチしたHARASHIMAは逆エビ固めで捕らえると、正田は慌ててロープエスケープ、HARASHIMAはボディースラムも、切り返した正田はドロップキック、串刺しジャンピングバックエルボーからコンプリートショット、シングルレッグキックと反撃する。

正田はブレーンバスターを狙うが、HARASHIMAが逃れてエルボーのラリーとなり、正田は連打もHARASHIMAはミドルキックに対し、正田もミドルキックで返してラリーに、正田はフェイントからサイドキック、三角蹴り、ファルコンアローと攻め込み、ブレーンバスター狙いはHARASHIMAがファルコンアローから逆エビ固めで捕らえる。

ロープエスケープした正田は正拳突きからスピンキックも、HARASHIMAは水面蹴りから蒼魔刀で3カウントを奪い、試合後もHARASHIMAが笑顔でエールを送り正田のデビューを祝した。

第4試合の”いつでもどこでも”挑戦権争奪バトルロイヤルは、ロイヤルランブル形式ということで、岡田、岡谷、クリス、大石、高鹿の順で登場し、6番手の勝俣が登場してからラダーの使用が認められ、天井に吊るされた三つの封筒を巡る攻防を繰り広げる。
7番手に納谷が登場し、岡田が封筒を取りにかかるが、納谷のバックドロップを食らって3カウントとなって岡田が失格する。

8番手には火野が登場してFucking BOMBで高鹿から3カウントを奪い高鹿が失格、9番手には青木するが、火野の張り手に体中紅葉まみれにされ、10番手には平田が登場してTOKYOGOを踊りまくるも、各選手に取り囲まれたため逃げてしまう。
納谷と火野はクリスをオーバー・ザ・トップロープで失格させると、納谷が二人で一緒に封筒を取りに行くことを提案するが、火野が拒否して納谷に襲い掛かるも、背後から大石と勝俣が襲い掛かって、火野がオーバー・ザ・トップロープで失格、大石も勝俣にミラクルエクスタシーを決めてから封筒を取りにねらうも、青木のアンクルホールドにギブアップしているに、平田がラダーを昇って封筒を奪取するが、中身は外れだったため平田は失格になる。

納谷は大石、勝俣に両腕ラリアットから、ラダーへ昇って残り二つとなった封筒を狙うも、どっちを選ぶかで悩んでしまい、その間に青木と大石に引きずり落とされてオーバー・ザ・トップロープで失格になってしまう。
勝俣は青木に二人一緒に封筒奪取を提案するが、青木が拒否して勝俣をラダーで動けなくしている間に封筒を奪取、中身は挑戦権で奪取に成功し、勝俣は残りものに福があるのではと、最後の封筒を奪取するが、当たりは1枚だけだったため、中身は外れだった。

そして青木にはNFTアート化した挑戦権が手渡された。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。