WWEの首領 ビンス・マクマホンが引退へ


WWEのビンス・マクマホンが引退を発表した。

ビンスは1968年からレスリングビジネスに携わり、1982年に父であるビンス・マクマホン・シニアから株式を買い取り興行会社タイタン・スポーツを設立、1984年からWWFによる全米侵攻を開始、WWF、またWWEを世界最大のプロレス団体に育て上げ、ライバル団体であるWCWやECWも買収して全米統一を成し遂げた。

また自らリングに上がってスティーブ・オースチンとも抗争を繰り広げ、WWF王者にもなり、ロイヤルランブルにも優勝を果たした。

しかし、2022年6月から不倫が報道されCEOを退任したが、クリエイティブ責任者として引き続き現場には携わっていた。

なお今後のWWEは娘であるステファニー・マクマホンと、社長だったニック・カーンが共同CEOとして取り仕切り、ビンスは大株主としてサポートする

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。