武藤復帰!潮崎が豪腕で小島に借りを返した!エルガン&北宮の日米肉弾タッグがGHCタッグ王座を奪取!


5月21日 NOAH「Dream on 2022 FINAL」東京・大田区総合体育館 924人
(試合内容は実況ツイートより)

<第9試合 GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負>
【挑戦者組】マイケル・エルガン 〇マサ北宮(23分22秒 片エビ固め)【第59代王者組】レネ・デュプリ ×イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
※ダブルインパクト式パワーボム
☆デュプリ&ワグナーが初防衛に失敗、エルガン&北宮が第60代王者組となる

<第10試合 60分1本勝負>
〇潮崎豪 清宮海斗 田中将斗(23分46秒 エビ固め)武藤敬司 丸藤正道 ×小島聡
※豪腕ラリアット

NOAH大田区大会のメインでは左股関節唇損傷で2月から欠場していた武藤が復帰し、丸藤と小島と組んで潮崎&清宮&田中と対戦した。

試合は6・12CyberFight Festival 2022でGHCヘビー級王座をかけて対戦する潮崎と小島で開始となり、ロックアップからハンマーロックの応酬となり、小島がヘッドロックを仕掛けると、潮崎がロープに押し込んでブレークとなり、潮崎がヘッドロックからぶつかり合いになって、潮崎はフライングショルダーも小島はショルダータックルで応戦する。

武藤vs清宮に代わると、清宮はエルボーの連打、武藤はヒップトスから場外戦を仕掛けるが戻ってきた清宮は読み合いからブーメランフォアアームを命中させ、武藤のドラゴンスクリューを堪えて腕十字も武藤はアキレス腱固めで切り返し、清宮はロープエスケープするも、ここから武藤組は清宮の左足を狙い撃ちして捕らえにかかる

長時間捕まった清宮は丸藤の串刺し虎王を避けてバックドロップで投げると、代わった田中が丸藤に串刺し弾丸エルボーからブレーンバスター、ハンマーロック、アームシザースと左腕攻めを展開、代わった潮崎や清宮も左腕攻めで続いて試合の流れを変える。

丸藤は田中に側転からドロップキック放つと、代わった武藤も低空ドロップキックで続いてドラゴンスクリュー、カットに入った清宮や潮崎にドラゴンスクリューで排除すると、田中にドラゴンスクリューから足四の字固めで捕らえるが、清宮がカットに入る。

武藤は田中に串刺しシャイニングウィザードを放つが、ドラゴンスクリューからシャイニングウィザードは田中がガードしてスライディングラリアットを浴びせ、代わった清宮は武藤にミサイルキックからジャーマンスープレックスホールドを決め、清宮は武藤のドラゴンスクリューを阻止してダブルアームロックで捕らえるが、丸藤がカットに入る。

清宮はジャンピングニーもキャッチした武藤はドラゴンスクリューからシャイニングウィザードを繰り出すが、清宮はジャンピングニーで応戦する。

潮崎vs小島に代わると、小島がランニングエルボーからマシンガンチョップを浴びせれば、潮崎もマシンガンチョップで応戦、小島は串刺しエルボーから”いっちゃうぞ”ダイビングエルボードロップを命中させ、潮崎は逆水平に対して小島は張り手で返してラリーになったところで、清宮と田中が入って連係で小島を蹂躙する。

援護を受けた潮崎が小島にフィッシャーマンズバスター、ローリング袈裟斬りからジャーマンを狙うが、切り返した小島がDDTで突き刺したところで、武藤と丸藤が入ってシャイニングウィザード&虎王を決め、小島がコジコジカッター、丸藤がフックキック、武藤がシャイニングウィザードと畳みかけて潮崎を追い詰める。

小島はラリアットを狙うが、潮崎が逆水平で迎撃してラリアットを狙うも、相打ちになったが、潮崎が崩れる。そこで小島は再度ラリアットを狙ったが、潮崎が豪腕ラリアットで迎撃して3カウントを奪い、5・4後楽園の借りを返し、試合後は潮崎がマイクをもって「サイバーファイトフェスでは思い知らせてやる!アイアムNOAHはオレだ!」とアピールして締めくくり、武藤は一人ステージへ下がって座り込み、潮崎のアピールを眺めていた。

本来の主役は復帰した武藤だったが、復帰戦ということで試運転もそこそこにして、自分の見せ場だけはしっかり見せたものの、バックステージコメント「非常に悩んでるなあ。自分の技を仕掛ける時に痛みが走ったりするからよ。気持ちが落ちるよ。今はあんまりしゃべりたくないっていうか……近々に、報告することがあります。以上!」とコメントしたとおり、本来の動きではなかったことから、潮崎と小島に主役を譲らざる得なかったようだ。

セミファイナルではGHCタッグ選手権が行われ、王者組のレネ&ワグナーにエルガン&北宮が挑戦した。

選手権はレネvs北宮で開始も、レネがエルガンを襲撃し、怒ったエルガンが詰め寄るがコーナーに下差がる。レネと北宮はぶつかり合いは北宮が首投げからヘッドロックを仕掛け、ワグナーvsエルガンに代わると、エルガンはワグナーをフィンガーロックで倒すが、ワグナーはロープを使ったアームホイップ、ティヘラで場外へ出すとフェイントで牽制、リングに戻ると読み合いからワグナーが回転エビ固めも、エルガンがロープ越しでアバランシュホールドで叩きつける。

北宮が入るとエルガン組がワグナーにダブルヒップトス、レネがカットに入ってもダブルショルダータックルから合体セントーンで排除し、北宮がワグナーにニークラッシャーからバックタックルとワグナーの膝を攻めて先手を奪う。
しかしワグナーは北宮に低空ドロップキックからラ・マヒストラル、ワンハンドバックブリーカーからラリアット、フットスタンプと反撃し、レネが入るとトレイン攻撃で蹂躙、エルガンがカットもダブルニーリフトからサンドイッチトラースキックと排除する。

長時間捕まった北宮は突進するレネにバックフリップからエルガンに代わり、エルガンはレネに串刺しラリアットを連発、延髄斬りから突進はレネが迎撃するも、エルガンはレネとワグナーもろともバッククラッチ&ノーザンライトスープレックスホールドを決める。

ここで北宮に代わり、エルガンと共にワグナーにトレイン攻撃から合体攻撃を狙うが、阻止したワグナーがエルガンにトラースキックを放つが、代わった北宮はワグナーにセントーンからフライングラリアットも、読み合いになるとワグナーが延髄斬り、代わったレネがポップアップニーアッパーからバックドロップで続くも、ラリアットは北宮が避けるとスピアーを浴びせる。

ここでエルガンに代わり、レネとラリアットも相打ちとなった後で、エルガンがラリアットレネを場外へ出したが、ブラインドタッチしていたワグナーが三角飛びプランチャを場外のエルガンに命中させる。

リングに戻るとワグナーはエルガンに雪崩式フランケンシュタイナーから、レネが入って合体リバースネックブリーカードロップ狙いは、北宮がカットに入ってから乱戦となって4選手ダウンとなり、ワグナーはエルガンにカナディアンデストロイを決める。

ワグナーは串刺しニーも、エルガンは串刺しラリアットで応戦してからロープ越しでぶっこ抜き雪崩式ブレーンバスターを決め、エルガンボムを狙うがワグナーがリバースし、カットに入る北宮をレネと共に合体ネックブリーカーで場外へ排除すれば、エルガンも場外へ出すと、ワグナーはトペスイシーダを命中させる。

ところがエルガン組はワグナーのトペをキャッチしてパワーボムでエプロンに叩きつけると、続けてレネもプランチャを発射したが、キャッチしたエルガン組はファールアウェイスラムで客席へ放り投げる。

ワグナーをリングに戻したエルガンは北宮に代わり、サンドイッチラリアットからエルガンがローリングエルボーから北宮が足横須賀、そして監獄固めで捕らえてワグナーを追い詰めるが、レネがエルガンをぶつけてカットする。
北宮はレネをサイトースープレックスで排除すると、ワグナーとエルボーのラリーになって、北宮は突進するが、ワグナーがトラースキックを連発してからワグナードライバーで突き刺す。

ワグナーは北宮にムーンサルトプレスを狙うが、エルガンが雪崩式ジャーマンで阻止すると、北宮と共にダブルインパクト式パワーボムを決め3カウントを奪い王座奪取に成功した。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。