地獄門での死闘!?王者の高木に”成り上がり”が迫る!


12月13日 DDT「地獄門大武會編」地獄門
(試合内容は実況ツイートより)

<DDT EXTREME級選手権試合>
【第49代王者】〇高木三四郎(1分25秒 ドラゴンスリーパー)【挑戦者】タワラマチキッドJr.
☆高木が3度目の王座防衛に成功

【第49代王者】〇高木三四郎(1分49秒 片エビ固め)【挑戦者】×オオタケサトル
※サッカーボールキック
☆高木が4度目の王座防衛に成功

【第49代王者】〇高木三四郎(1分13秒 裏STF)【挑戦者】×Kai
☆高木が5度目の王座防衛に成功

【第49代王者】〇高木三四郎(2分12秒 逆片エビ固め)【挑戦者】×紅王
☆高木が6度目の王座防衛に成功

【第49代王者】〇高木三四郎(2分50秒 体固め)【挑戦者】×シンヤ
※ランボー川村のマシンガンで殴打
☆高木が7度目の王座防衛に成功

◎肉焼きデスマッチ
【第49代王者】〇高木三四郎 ランボー川村(2分51秒 体固め)【挑戦者】井上象策 ×スーパー肉焼きマシン
※肉焼網へのスコピリドライバー
☆高木が8度目の王座防衛に成功

【第49代王者】〇高木三四郎 ランボー川村(6分36秒 体固め)【挑戦者】有路明憲 ×ヘン・チーナ
※スピコリドライバー・オン・ザ・チェア
☆高木が8度目の防衛に成功

今回のDDT EXTREME級選手権は千葉県山武の地獄門で行われることになり、管理人の案内で現地に到着した王者の高木にアマチュアプロレス集団・成り上がりの主宰しているディーノが現れるが、今回はDDT側からレフェリーどころか、中村圭吾も用意できなかったということで、成り上がりからヘン・チーナが裁くことになって選手権が行われた。

まず第1の刺客としてタマウラキッドJr,が登場し、キッドJrはヘッドスプリングからタックル、そしてワッショイエルボードロップと高木を攻め込むが、側転エルボーを高木がキャッチするとドラゴンスリーパーで捕らえてキッドJrがギブアップとなって、高木が王座を防衛する。

成り上がりの第2の刺客としてオタケサトルというサラリーマンが登場して高木に挑み、オオタケは高木のファンとしてサラリーマンらしく名刺を渡してからカバンで高木を殴打し、ジャケットを脱いでネクタイで首を絞める。
怒った高木は首投げからサッカーボールキックを浴びせてからカッターシャツを破り奪って殴打すると、再びサッカーボールキックで3カウントを奪いまた防衛する。


成り上がり第3の刺客として外国人バックパッカーのKaiが登場して、高木はまたサッカーボールキックで一蹴を狙ったが、逆に高木は足を痛め、Kaiは「バックパッカーは背中が強いんだよ!」とアピール。しかし高木はリュックからKaiのパスポートを奪って投げ捨てるというひどい攻撃に出ると、拾いに行くKaiを裏STFで捕らえてギブアップを奪い、また防衛する。

第4の刺客として外科医の紅王が挑み、紅王は開始から白衣を脱いで高木に被せて襲い掛かってラリアットを連発も、高木は張り手のラリーを仕掛け、高木がダブルチョップからラリアットで放てば、紅王もラリアットで返してラリーとなるも、高木が頭突きからラリアットを連発する。
高木はスタナーからラリアットのラリーも、足を取った高木は逆片エビ固めでギブアップを奪い、また防衛する。

最後の五人目はラッパズボンを履いたロックシンガーシンヤが挑んだが、シンヤはこの試合がデビュー戦だという。開始もシンヤは持参したエレキギターでギターショットを狙ったが、た高木は逆水平を浴びせると、そこで成り上がり四天王の一人でエビスコ酒場の店員である井上象策が試合に加わり、シンヤと共に口から火炎を吐くビックファイヤーで高木を追い詰める。高木の窮地にランボー川村が現れて救出すると、高木が川村のマシンガンでシンヤを殴打して3カウントを奪い、また王座を防衛する。

高木とランボー川村が友情を確かめ合いつつ、川村は高木が忘れてきたベルトを渡して戦場を移すが、そして成り上がり四天王のスーパー肉焼きマシンと井上が立ちはだかり、高木と川村が組んで肉焼き網とトングを公認凶器とした肉焼きタッグデスマッチへと突入する。

川村と肉焼マシンがトングで殴打し合うが、井上が入るとサンドウィッチ網焼きボンバーを炸裂させる。怒った高木は網でマシンを殴打すると網盛の上へスコピリドライバーで3カウントを奪いまた防衛、高木は肉網焼きでダウンている肉焼マシンを埋葬してから最後の戦場へ移動する。

最後に立ちはだかったのはエビスコ酒場の店員の有路明憲とレフェリーだったヘン・チーナでレフェリーはオオタケに交代して選手権へと突入、ヘン・チーナがブブゼラを吹きまくれば、高木は取り上げたブブゼラで殴打、有路は川村をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ、ヘン・チーナは高木にサイリウム指折りと地味に痛い攻撃から、成り上がり全員が集まって高木に四方からゴムパッチンと高木を苦しめる。

怒った高木はゴムでヘンチーナを殴打すると、川村も有路さんに毒草を食べさせて反撃、そして高木と川村はヘン・チーナにサンドウィッチラリアットも井上が火炎攻撃でカット、そして井上は再度火炎攻撃を狙ったが、川村が井上口を覆って阻止も、高木がサイリウムの上へテーブル貫通ダブルブレーンバスターを食らってしまう。高木は有路にテーブルを投げるとイスでフルスイング、ランボーも有路のスキンヘッドに弓を発射してから、なぜか設置されていたイス城めがけて高木がスコピリドライバーで3カウントを奪い王座を防衛した。

試合後には高木が成り上がり勢の健闘を叩てて自主興行開催を提案、会場も高木が用意すると約束して全員で「1・2・3成り上がり!」で締めくくった。

現時点では次期挑戦者は現れなかったが、山の中で火を使ったことで消防署にバレないことを祈りたい。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。