神宮決戦はEVILvs内藤、ヒロムvs石森の2大タイトル戦!オカダはベルトがないKOPW2020王座を新設!


新日本プロレスが会見を開き、8月28日の神宮球場大会のカードを発表した。

なお左肩を痛めた高橋ヒロムは29日の浜松には予定通り出場、25日の愛知大会を緊急欠場した本間朋晃と辻陽太も検査の結果「陰性」が確認されたため、29日の浜松から復帰することになった。

そしてオカダ・カズチカが会見を開き、KOPW2020王座の新設を発表した。

新設される王座はベルトは作らず、試合にあたってはルールを各自一つ持ってきて、試合形式はファン投票で決められる。そして8・26後楽園で8人によって1回戦を行い、勝ち抜いた4人が神宮で4WAY戦で勝ち抜いた選手が王者となり、年末の時点で保持している選手にトロフィーが送られた時点で、王座は終わり、来年からはKOPW2021王座で始めるという。

自由にルールが決められる点では全日本プロレスのGAORA TV王座、DDTのEXTREAM王座にも似ているが、違う点ではベルトは敢えて設けず、期間限定にしたこと、前例にない王座だけに、オカダだけでなく新日本にとってもかなり冒険的な試みとなる。

最後に31日の後楽園大会のメインで永田裕志vs鈴木みのるの一騎打ちが組まれたことも発表された。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。