7・16日本武道館大会から武藤敬司 引退ロードがスタート


プロレスリングNOAHが会見を開き、7月16日の日本武道館大会から武藤敬司の引退ロード「ファイナルカウントダウンロード」を開催することを発表、その第1弾として7・16日本武道館では清宮海斗と対戦することになった。また2023年1月22日の横浜アリーナ大会ではグレート・ムタのファイナルマッチも行われることも発表された。

7・16日本武道館大会にはニンジャ・マックが再来日、アメリカやカナダ、メキシコなどインディーに活躍するダンデ・レオンと対戦することになった。またWWEやAEWにも参戦したスタリオン・ロジャースとアンソニー・グリーンも参戦することも発表された。

またCyberFightFestivalにも参戦したロブ・ヴァン・ダムも参戦し、7・16武道館では田中将斗と組んでNOSAWA論外&スペル・クレイジーとハードコアマッチで対戦することになった。

最後に7・16日本武道館大会で行われるGHCヘビー級選手権(王者)小島聡vs(挑戦者)拳王に調印式も行われた。

6月17日の主なニュース

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。