G1 CLIMAX31は前代未聞の幕切れでオカダ・カズチカが優勝も、IWGP論争再び!柴田勝頼が復帰への第一歩を示す!


10月21日 新日本プロレス「G1 CLIMAX31」日本武道館 3861人
(試合内容は実況ツイートより)

<第0試合 20分1本勝負>
エル・デスペラード 〇金丸義信(8分40秒 逆エビ固め)大岩陵平 ×藤田晃生

<第1試合 30分1本勝負>
〇矢野通 永田裕志(8分29秒 NU2)ジェフ・コブ ×グレート・O・カーン

<第2試合 30分1本勝負>
〇EVIL 高橋裕二郎 SHO(11分20秒 体固め)石井智宏 後藤洋央紀 ×YOSHI-HASHI
※EVIL

<第3試合 30分1本勝負>
KENTA タマ・トンガ タンガ・ロア 〇チェーズ・オーエンズ(10分41秒 体固め)棚橋弘至 真壁刀義 ×本間朋晃 タイガーマスク
※パッケージドライバー

<エキシビションマッチ グラップリングルール 5分>
△柴田勝頼(5分時間切れ引き分け)△ザックセイバーJr.

<第4試合 30分1本勝負>
〇鷹木信悟 SANADA 高橋ヒロム BUSHI(12分17秒 片エビ固め)×天山広吉 小島聡 田口隆祐 マスター・ワト
※パンピングボンバー

<第5試合 「G1 CLIMAX 31」優勝決定戦 時間無制限1本勝負>
【Bブロック1位】 〇オカダ・カズチカ(25分37秒 レフェリーストップ)【Aブロック1位】×飯伏幸太
☆オカダが7年ぶり2度目の優勝

いよいよ優勝決定戦を迎えた「G1 CLIMAX 31」、Aブロックからは飯伏、Bブロックからはオカダが進出し優勝を争うことになった。
開始から飯伏がタックル狙いもオカダが切り、飯伏がバックを奪ってから奪い合いも、飯伏はハンマーロック、切り返したオカダは足を取ってレッグロック、飯伏は強引にフェースロックから首投げも、オカダはヘッドシザースで返して、距離を取る。
ロックアップからオカダがヘッドロックで捕らえれば、飯伏も切り返してヘッドロックで返し、オカダはヘッドシザースで切り返してクルックヘッドシザースも、抜けた飯伏はヘッドロックもオカダは押さえ込むが、飯伏はヘッドロックで執拗に絞めあげる。
オカダはロープに押し込んでハンマースルーからロープワークの攻防になると読み合いとなるが、飯伏はフィンガーロックと見せかけてミドルキック、サーフボードストレッチからスリーパーで捕らえ、オカダは無理せずロープエスケープする。
飯伏はキック、エルボーからロープへハンマースルーも、切り返したオカダはフラップジャックで叩きつけ、オカダはネックブリーカー、首投げから側頭部へ低空ドロップキックと流れを変え、ニーリフト、ロープ越しでアトミコからフェースロックと、逃れた飯伏の腰にエルボーと首から腰を攻めにかかる。
オカダがバックエルボーの連打から串刺しを狙い、飯伏が避けるてオカダの串刺しを迎撃した飯伏はロープへ走ったオカダにドロップキックを放ち、ダッシュミドル、ソバットコンポからミドルキック、その場飛びムーンサルトと畳みかけ、オカダが場外へ逃れると追いかけた飯伏を鉄柵にハンマースルーで叩きつけるも、飯伏は場外でハーフネルソンスープレックスで投げ、リングに戻ってスワンダイブミサイルキックを命中させる。
飯伏は串刺しを狙うが、オカダは避けるとトップコーナーにセットしてからドロップキックで場外へ落とし、再び場外戦で花道でDDTで突き刺す。

オカダが飯伏をリングに戻すとジョンウーからマネークリップを狙うが、飯伏はコーナーに押し込んで逃れて突進も、オカダがドロップキックからマネークリップで捕らえると、そのままで旋回式ツームストーンパイルドライバーからマネークリップで絞めあげ。飯伏は必死でロープエスケープを狙うがオカダはバックブリーカーからディックキラー式マネークリップを狙うも、飯伏はロープエスケープする。
オカダはダイビングエルボードロップからレインメーカーポーズを取り、レインメーカーを狙うが、飯伏が避けて左腕でのバックホームラリアットを炸裂させ、エルボーのラリーから飯伏が連打も、狂気が宿ったところでフランケンシュタイナーで場外へオカダを追いやり、トップロープからラ・ケブラータを命中させる。

リングに戻ると飯伏はシットダウンラストライドからカミゴエを狙うがオカダが組みついて阻止も、飯伏のバスソーキックを避けたオカダは逆さ押さえ込みからラリアットは、飯伏がレインメーカー式ハイキックで迎撃してジャンピングニーからカミゴエを炸裂させ、オカダはカウント2でキックアウトする。

飯伏は生膝カミゴエを狙うがオカダはエビ固めで丸め込み、オカダがジャンピングニーを避けるも飯伏がバックホームラリアットを放つと、フェニックススプラッシュを投下するがは自爆してしまう。ところが飯伏は右腕から転落したことから動けなくなり、レフェリーがこれ以上試合は出来ないと判断して試合終了のゴングを鳴らし、飯伏が試合中の負傷でレフェリーストップというG1史上初の前代未聞の幕切れでオカダが7年ぶり2度目の優勝を果たした。

試合後は林リングドクターだけでなくトレーナーまで駆けつけて応急処置を施し、さすがのオカダも飯伏の容態を気遣い、放送席でゲスト解説を務めていた鷹木もリングサイドまで駆けつける。
オカダは飯伏に再戦を約束し、阿部リングアナから優勝の勝ち名乗りを受けたオカダは大張高己社長から優勝トロフィーと優勝旗を受け取り、気持ちを切り替えてファンに向けて優勝をアピールした。
ところが今後に関しては新日本プロレスに対して「IWGPヘビーを、飯伏幸太を待つ証としてください」と発言し、「新日本プロレスに金の雨が降るぞ!」とG1を締めくくるも、バックステージでは公式戦で唯一勝ったタマがオカダに対して対戦を要求し、バックステージインタビューでも「4代目のベルトが2つあったのを、一つにしたのは飯伏さんですから。それでね、別に『IWGPヘビー級チャンピオンだ』と名乗るつもりもないですし、その証として、僕がそれを持ってて、またそれを飯伏さんを待つという意味で僕が持つということはいいことじゃないかと思いますし、『G1 CLIMAX』のチャンピオンですから。いつもだったら権利証と言ってましたけども、別にそれは持っててもいいんじゃないかなと思いますけどね」「(それはイコール、鷹木選手の持っているベルトに、すぐにでも挑戦したいということになる?)向こうでしょ、挑戦するのは。だって俺ですよ、チャンピオンになったの。向こうはなってないですよ。向こうでしょ、挑戦してくるのは、だって僕は取ったのはIWGPヘビーじゃないですか、どっちが上だと思っているの?だって僕(が獲ったの)はずっとIWGPヘビーじゃないですか。別に、チャンピオンが出てるトーナメントでも、優勝したのが僕ですから。まぁ、やりたければ別に、やりますよと。お願いされれば別に、僕もやりますし。まぁいつもだったら、東京ドームで『G1』チャンピオンが”チャレンジ”という形でしたけど、IWGPヘビーじゃないんで、世界ヘビーなんで、だったら挑戦してきなさいと。どっちが上だと思ってんの?って。どっちがこの新日本プロレスを盛り上げてんの?って。満足させてるの?って。この『G1 CLIMAX』(を盛り上げたのは)どっちですか?って。鷹木選手なの? いや俺でしょ。どんだけ俺がこの『G1 CLIMAX』盛り上げてきたと思ってんの? チャンピオンは誰なの? 俺でしょ!っていうことですね」と自身がこれまで巻いてきたIWGPヘビー級の方がIWGP世界ヘビー級より権威が上だと発言、これを放送席で聞いていた鷹木は「ふざけんな!」と不快感を示した。

まず試合内容に関してはおそらく飯伏は右肩から転落した見ていいだろう、飯伏は過去にもフェニックススプラッシュの自爆で左肩を脱臼したこともあり、DDT時代からも無茶をしてケガをしてきたことから、ここにきてまた飯伏の悪い部分が出てしまったのかもしれない。G1史上初のことだがこういったハプニングも起こりうることであり、オカダも不完全燃焼だが仕方のないことでもあるが、飯伏にとってアクシデントとはいえG1三連覇が阻まれたことより、武道館のメインを果たせなかった悔しさの方が大きいかもしれない。
最後にオカダが自身がこれまで自身が権威を高めたIWGPヘビー級王座の方が権威が上だとアピールして、鷹木が不快感を示したが、思いだすのは2001年3月、PRIDEのリングでアントニオ猪木が「このベルトこそが最強を求めた本物のベルトなんだ。ベルトをたらし回しにしても仕方がない、一番強いヤツが本物をのベルトを巻けばいいんだ!」と言って、新日本プロレスに2代目IWGPベルトが存在したにもかかわらず、初代の猪木ベルトを藤田和之に渡して真のIWGPだとアピールさせ2代目ベルトの権威が問われたが、オカダも近年猪木と対談したことから、猪木に感化されて考え出したことなのか、またアメリカにはウィル・オスプレイが所持している”もう一つ”のIWGP世界ヘビー級王座の存在もある。1・4、1・5は三つのIWGPの存在がメインになりそうな予感がする。

そして休憩明けにタイチの欠場で試合から外されていたはずのザックが突然登場すると、「Takeover」が流れて柴田が現われる。

そしてサプライズとしてグラップリングによるエキシビションマッチが5分間行われ、開始からグラウンドの攻防でバックの奪い合いになると、柴田はテイクダウンからサイドポジション、マウントを奪う。柴田はタックルからテイクダウン、足四の字固めを狙うと、ザックは足首をひねって逃れるが、柴田はヘッドロック、ザックはヘッドシザース、柴田は倒立で抜けてザックの足首をひねる。
そして腕の取り合いとなると、ザックがヘッドロックを仕掛ければ、柴田はコブラツイストで捕らえ、ザックも切り返そうとするが、柴田が卍固めで捕らえて5分間は終了となりエキシビションマッチが終わった。

エキシビションマッチを終えた柴田が自分の相手を務めてくれたザックに感謝して握手でノーサイドになると、マイクで「次、このリングに立つ時は、コスチュームで…以上!」と復帰を宣言し、リングのど真ん中で受け身をして退場していった。
柴田が2017年4月にオカダに試合に敗れた後で倒れ、急性硬膜下血腫と診断され手術を受けてから4年間、復帰は難しいのではと思われていたが、柴田が復帰を宣言したことでようやく復帰への第1歩を示すことが出来た。本当にここまで長かったと思う。後は柴田がいつ復帰するか、楽しみに待ってみよう。

第2試合ではHouse of toutureが揃い踏みとなって石井&後藤&YOSHI-HASHIのNEVER6人タッグ王者組とノンタイトルで対戦し、House of touture入りしたSHOは敬語を使いながらも上から目線で後藤を痛めつけ、最後は後藤&YOSHI-HASHIが合体技の連打も、レフェリーがKOされるとSHOがYOSHI-HASHIにイスでフルスイングから、最後はEVILがEVILで3カウントを奪い、試合後も石井がSHOのクロスアーム式パイルドライバーでKOされ、House of toutureは6人タッグベルトを手にすると石井らを踏みつけて王座挑戦をアピールする。

第3試合ではオーエンズが本間をパッケージドライバーで降した後で、棚橋の保持するUSヘビー級王座に挑戦を表明するが、KENTAが割って入り自身が挑戦するとアピールする。KENTAはオーエンズと話し合い、オーエンズが折れてKENTAが挑戦することになると、早速USベルトで棚橋を殴打して持ち去ってしまった。

BULLET CLUBはほとんど正攻法に対して、House of toutureは反則もやりたい放題など好対照、果たしてこの2つのユニットの行方も今後のテーマになりそうだ。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。