復帰の飯野が火野相手に爆発!TOKYO GO!寸前で停電…DDTヤシマ作戦!


2月14日 DDT「KAWASAKI STRONG 2021」神奈川・カルッツかわさき 900人超満員札止め
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 20分1本勝負>
〇渡瀬瑞基 岡谷英樹(8分30秒 逆エビ固め)岡田佑介 ×小嶋斗偉

<第2試合 第3代KO‐D 8人タッグ王座決定戦 60分1本勝負>
青木真也 スーパー・ササダンゴ・マシン アントーニオ本多 〇平田一喜(12分49秒 奇跡を呼ぶ逆転一発首固め)×高木三四郎 男色ディーノ 大鷲透 大石真翔

<第3試合 スーパー女子プロレス大戦 咲乱華 30分1本勝負>
〇赤井沙希 雪妃真矢(10分52秒 片エビ固め)安納サオリ ×松本都
※新人賞

<第4試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負>
スペル・デルフィン クリス・ブルックス 〇伊藤麻希(16分7秒 片エビ固め)MAO ×中村圭吾 舞海魅星
※カニカニ・フライングビックヘッド

<第5試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
〇HARASHIMA 岡林裕二(13分34秒 体固め)樋口和貞 ×納谷幸男
※蒼魔刀

<第6試合 飯野雄貴復帰戦 DAMNATIONvsALL OUT 30分1本勝負>
竹下幸之介 彰人 勝俣瞬馬 〇飯野雄貴(20分34秒 片エビ固め)佐々木大輔 高尾蒼馬 ×マッド・ポーリー 火野裕士
※スピアー

第2試合では長い間放置されていた10人タッグ選手権が、蜜を避けるために8人タッグ王座にリニューアルされ、チーム三四郎とチーム青木の間で王座決定戦が行われることになったが、青木側のバックステー時では平田がここしばらくシリアスモードが続きTOKYO GO!が踊れないことで禁断症状に陥っており、青木側は平田にTOKYOGO!を踊らせようと一致団結する。
そして青木組が登場して後で、最後に平田が登場してステージでTOKYOGOかと思ったら、リング内は試合が始まっていて未遂に終わり、平田に代わってチーム三四郎の袋叩き遭いながらも平田はTOKYOGOを狙ったが大石が河津掛けで阻止する。

ここでディーノが地獄門をセットし平田が直撃して大石がカバーもアントンが転倒でカットしてゴンギツネタイムへと突入してバレンタインバージョンのゴンギツネを披露してから、敵味方関係なくゴンギツネも、高木だけがガードしたところで平田が手刀を浴びせ、アントンがゴンギツネを地獄門に突っ込んで、地ア〇ルゴンギツネが高木に炸裂も平田がアントンにも手刀を炸裂させる。

これで邪魔がいなくなって平田がTOKYOGOかと思ったら、今度は照明が落ちてしまい、平田は踊れないとすねる。そこでディーノが平田に激を飛ばすとア〇ル電力で照明を点けようとするが肝心のケーブルがディーノまで届かない、ディーノがア〇ルゴンギツネをアントンに命じて、地獄門にゴンギツネパワーを充電させるとDDTヤシマ作戦が始まり、各選手だけでなく今林久弥APや翔太も連結する。やっと電力が回復して平田がTOKYOGOかと思われたが、また電力がダウンしてしまう。

そこで青木のア〇ル電源が加わって電力が回復すると、平田がTOKYOGO!を踊ったところで高木が大人げなくクリーズラインを浴びせ、シットダウンひまわりボムを狙ったが、切り返した平田が奇跡を呼ぶ逆転一発首固めで3カウントを奪い王座を奪取する。

第3試合では赤井がアイスリボンの雪妃と組んで、フリーの安納と崖のふち女子プロレスの都と対戦するが、赤井vs松本開始と思われたが、いきなり松本が排除されて赤井vs安納で始まり、赤井が安納にサッカーボールキック、パラダイスロックから雪妃も加わりシャッターチャンスタイム、松本がカットに入るが安納に誤爆してしまい、安納も松本は戦力にならないと考えて孤軍奮闘するが、赤井組に捕まってしまう

雪妃が串刺しを狙ったが、避けた安納が延髄斬りを浴びせると、代わった松本が安納にドラゴンスクリュー、赤井にも狙ったが失敗も、雪妃もろともルーチャを決め、雪妃がソバットコンポからアイシクル バックトライアングルで反撃も、松本はロープ越しの腕十字で反撃すると、代わった安納がミサイルキック、ビックブーツと放っていく。
雪妃も安納にスライディングキックで反撃してランニングニーを浴びせると、コーナーへ昇るがミサイルキックは松本の妨害で自爆してしまい、松本が安納と共にWマンマミーヤも、雪妃が安納にブレーンバスター、代わった赤井がダイビングクロスボディーで続き、踵落としからサッカーボールキックも、バイシクルキックは安納がブリッジで避ける。
赤井の安納にケツァル・コアトルを狙ったが、逃れた安納はジャーマンからランヒェイ、代わった松本がシャイニン崖ザード、赤井がビックブーツを避けて避けた松本は卍固めで捕らえる。
松本はコーナーに昇るが、赤井がハイキックからデットリードライブで落とすとビックブーツを浴びせ、雪妃と赤井は安納、松本にダブルニーから、往復ビンタで抵抗する松本に赤井がビンタ、ハイキックを浴びせる・

松本が赤井に雁之助クラッチなど丸め込みを連発するが、雪妃のカットはレフェリーに誤爆、松本は安納にも攻撃、赤井と雪妃のハイキックも相打ちにさせたると、雪妃を安納と赤井の上にリバースタイガードライバーを決めてカバーするが、レフェリーがダウンしたままでカウントが入らない。
松本はレフェリーを起こすが、赤井と雪妃、安納は松本が一人だけ目立ちたい魂胆だと察知して3人掛りで松本を痛めつけると、最後は赤井が新人賞で3カウントを奪い勝利を収める。

第4試合ではデルフィンが参戦し伊藤&クリスのリスペクト軍団と組んでMAO&中村&舞海と対戦、クリスが中村にショルダータックル、ドロップキックを放てば、中村は側転から欽ちゃんジャンプを披露、デルフィン、クリス、中村、MAO、魅星がレッグロックを固め合う中で伊藤が一人押さえ込むなど、かつてのみちのくプロレスで見られた攻防を披露するが、デルフィンと伊藤が誤爆を繰り返し、それでもデルフィンが舞海、中村とロープ越しでショルダーアームブリーカーで捕らえるが、MAOにも狙うと、なぜか伊藤に決めてしまい、伊藤は「もうやってられまへんわー!」スネて帰ろうとするが、デルフィンの励ましでリングに戻る。

その後もMAOと中村、舞海が伊藤を捕らえて海援隊DXポーズ、クリスが中村をコーナーに逆さ吊りにすると伊藤とデルフィンが電気アンマ攻撃、クリスも新崎ばりの拝み渡りからブレーンチョップ、伊藤もカニ歩きビックヘッドは自爆とみちのくプロレスで見られる攻防を繰り広げる中、終盤では中村は場外のデルフィンにコーナーからトペコン、伊藤もコーナーからプランチャ、MAOは宇宙人プランチャと空中技を乱舞する。
リングに戻ると舞海はクリスにバックドロップからミラマーレを決めれば、MAOがデルフィンに掟破りの大阪臨海アッパーを炸裂させるも、中村は絶品は自爆すると、デルフィンは滞空垂直落下式ブレーンバスター、本家大阪臨海アッパーからクリスも伊藤もアッパーで続き、デルフィンがスイングDDTからデルフィンクラッチを決めるが、MAOが間一髪カット。しかし伊藤がカニ歩きビックヘッドに再び挑戦して命中し中村から3カウントを奪い勝利を収める。

年越しプロレスを優勝したHARASHIMA&岡林のスマイルビッサリがDDTで再び結成され、樋口&納谷と対戦、納谷のミドルキックを受けきった岡林は逆水平、ハンマー、マッケンローと攻め込み、代わったHARASHIMAが入ってからHARASHIMAがミドルキックの連打、ソバットも、HARASHIMAの突進は納谷がブラックホールスラムで叩きつけ、拷問コブラで捕らえると、樋口はブレーンクローで岡林をセーブも、岡林がそのままで強引にカットする。

樋口と岡林が逆水平のラリーから岡林が連打に対し、樋口がぶちかましを浴びせ、カットに入るHARASHIMAには納谷とのダブルチョークスラムから、代わった納谷がランニングニーからバックドロップを狙うが、HARASHIMAが逃れてニーリフトの連打を浴びせ、HARASHIMAは往復ビンタも受けきった納谷がニーリフトを浴びせる。
納谷はバックドロップから突進するが、HARASHIMAが蒼魔刀で迎撃してから蒼魔刀で3カウントを奪い勝利、試合後もスマイルビッサリはKO-Dタッグ王座挑戦を示唆する。

第6試合で行われた飯野復帰戦は、復帰前から付け狙っている火野に飯野が開始前からスピアーを浴びせて開始となり、場外戦へと突入、リングに戻っても飯野は火野しか目もくれず向かっていくが、火野のラリアットを食らってからDAMNATIONが飯野の手術した腰に集中砲火を浴びせて試合をリードする。

しかし交代を受けた勝俣が彰人との連係で盛り返し、竹下が火野にブレーンバスターで投げると、代わった飯野が串刺しラリアットからショルダータックルを浴びせると、逆水平合戦に持ち込み、火野が途中からノーガードとなって飯野の逆水平を受けきり、飯野がラリアットを連発も避けた火野はラリアットを浴びせる。
ここでDAMNATIONが連係で飯野を蹂躙してからポーリーはボディープレスも、飯野はカリスマとポーリーを同士討ちさせ、ポーリーへボディースラムを狙ったが、ポーリーが体を浴びせたため飯野が潰される。
各選手からコーナーからダイブとなって乱戦となり、竹下はカリスマと高尾に眉山も、火野は彰人と勝俣に眉山で投げる。ポーリーは飯野にポーリーハンマーも飯野は頭突きを連発で応戦してリバーススプラッシュ狙いは高尾がカットされ、その間にカリスマがエプロンと鉄柵の間にラダーで橋を作り、勝俣は火野にクロスボディーもキャッチした火野はラダーめがけてファールアウェイスラムで投げる。カリスマは飯野にイスでフルイングも気合いを入れた飯野は火野にバックフリップも、ポーリーは飯野にポーリープレスからラリアットを浴びせ、リバーススプラッシュを狙ったが自爆、そこで飯野のポーリーにラリアットから竹下がジャーマンの援護を受け、飯野がスピアーを連発で3カウントを奪い、復帰戦を勝利で飾った。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。