レジェンドの技が乱舞!オートンがエッジを降しリベンジを果たす!


画像は週刊ファイトより

WWE PPVイベントバックラッシュがWWEパフォーマンスセンターで開催され、メインはエッジがランディ・オートンと対戦、序盤はオートンがグラウンドで先手を奪うも、エッジは場外戦を仕掛けるとコーナーからエプロンへのフライングラリアットを炸裂させ、ナックルを浴びせてオートンを流血に追い込む。
 リング戻ってもRKOを防いだエッジは肩固めでオートンを追い詰めるが、オートンはエッジを場外へ追いやると鉄階段や実況席にエッジを叩きつけ、実況席めがけてバックドロップを投げる。

 リングに戻るとエッジはブレーンバスターで反撃すると、オートンもフェースクラッシャーで返し、雪崩式ブレーンバスターも、エッジはエッジキューションで反撃しスライディングエルボーからフライングクロスボディ、そしてクロスフェイスで勝負に出るが、オートンはカート・アングルのアングルスラムで投げる。
 エッジはパワーボムを決めると、オートンはエレベイテッドDDTで応戦、エッジが盟友クリスチャンの必殺技であるアンプリティアーを繰り出せば、オートンはHHHの必殺技のペティグリー、エッジもザ・ロックの必殺技であるロックボトムを決めるなど、WWEのレジェンドの技が繰り出される攻防となる。

 オートンはRKOを炸裂させるが、カウント2でキックアウトしたエッジはスピアーを炸裂させるも、クロスボディー狙いはオートンがRKOで迎撃し最後は急所打ちから顔面へのバトンキックで3カウントを奪い、オートンが激戦を制した。

ドリュー・マッキンタイアvsボビー・ラシュリーのWWE選手権はマッキンタイヤが雪崩式ブレーンバスターを決めてラシュリーを追い詰めると、ラシュリーの妻でMVPとは折り合いが悪いラナがエプロンに挙がってラシュリーに声をかけると、ラシュリーが気を取られたところでマッキンタイヤがグラスゴーキスからクレイモアを決めて3カウントを奪い王座を防衛。

WWEユニバーサル選手権は王者のブラウン・ストローマンにザ・ミズ、ジョン・モリソンが挑戦したハンディキャップ戦は、ミズ&モリソンが合体技を決めたところで、モリソンがカバーすると、なんとミズがカット。ミズとモリソンの仲に不穏な空気が流れたところで、ストローマンがランニングパワースラムで3カウントを奪い王座を防衛。

RAW女子選手権の王者のアスカvsナイア・ジャックスは、ナイアがパワーボムを決めるも、アスカはアームバーで反撃してそのまま場外へ転落し、二人は場外で殴り合ったがそのまま両者リングアウトとなって、アスカは辛うじて王座を防衛。

セミファイナルのRAWタッグ選手権、ストリート・プロフィッツvsバイキング・レイダーズは駐車場でストリートファイト戦となるも、試合中に戸澤陽率いる忍者軍団が現れて試合に介入し双方を襲撃、2チームはゴミ収集車に放り込まれ、タコの触手の餌食となった。

 

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。