ヨシタツが全日本プロレスに入団!諏訪魔がゼウスをKOで暴走大巨人が世界タッグ王座を奪還!


1月2日 全日本プロレス「NEW YEAR WARS 2020」後楽園ホール 1445人超満員
(試合内容は実況ツイートより 画像は全日本プロレスTVより)

<第1試合 30分1本勝負>
ライジングHAYATO 〇フランシスコ・アキラ ダニー・ジョーンズ(5分35秒 片エビ固め)×岡田祐介 青柳亮生 田村男児
※KOICHI

<第2試合 30分1本勝負>
〇ジェイク・リー 野村直矢 阿部史典(8分14秒 片エビ固め)秋山準 大森隆男 ×ブラックめんそーれ
※バックドロップ

<第3試合 30分1本勝負>
〇渕正信 ザ・グレート・サスケ TAJIRI(10分14秒 首固め)グレート小鹿 アブドーラ・小林 ×フランク篤

<第4試合 新春バトルロイヤル>
〇ダニー・ジョーンズ(7分38秒 片エビ固め)×ブラックめんそーれ
※ファルコンアロー
☆退場順 ジェイク 大森 アキラ HAYATO&亮生 西村修&野村 力 岡田 田村 阿部

<第5試合 30分1本勝負>
イザナギ 入江茂弘 UTAMARO 〇ルーカス・スティール(10分13秒 片エビ固め)宮原健斗 青柳優馬 ヨシタツ ×大森北斗
※変形チョークスラム

<第6試合 世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメント準決勝 時間無制限1本勝負>
〇佐藤光留(12分37秒 捕獲式腕ひしぎ逆十字固め)×Kagetora

<第7試合 世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメント準決勝 時間無制限1本勝負>
〇横須賀ススム(10分32秒 ジャンボの勝ち!固め)×岩本煌史

<第8試合 世界タッグ選手権試合 60分1本勝負>
【挑戦者/2019世界最強タッグ決定リーグ優勝チーム】〇諏訪魔 石川修司(18分12秒 KO)【第86代王者】×ゼウス 崔領二
※ラリアット
☆ゼウス&崔が2度目の防衛戦

 全日本プロレスの2020年度が「NEW YEAR WARS 2020」から開幕し、大会前に横浜DeNAベイスターズでスポーツビジネスに携わった五十嵐聡氏が新服社長に就任したことを発表すると、新入団選手も発表され、ヨシタツが正式に全日本プロレスの所属となった。
 ヨシタツは2017年9月から新日本プロレスとの契約を打ち切ってから、フリーとして全日本に参戦、2年半にわたって全日本を主戦場にしてきた。新日本に凱旋帰国を果たしたものの、首の骨折で長期欠場となって復帰はしたものの、ポジションを得られないまま、自ら退路を断つ形で全日本に居場所を求めてきた。今回の全日本への入団は、自分の力で勝ち取ったポジションであり、全日本側だけでなく、厳しく接してきた秋山もヨシタツを高く評価したからこそ、所属に慣れたと見ている。

 そのヨシタツの所属第1戦の相手は昨年12月22日のファン感謝ーで結成された神の軍団で、イザナギが連れてきた新メンバーXとしてルーカス・スティールが登場、データにない選手だが石川がイギリス遠征した際に遭遇してきた選手だという。
 試合もルーカスがショルダータックル、リーブロックからビックブーツと身軽な動きを見せ、またイザナギも大阪プロレス時代使用したアイテム・トンファーを凶器に使用するなど、ヒール度を全面的にアピールする。
 終盤に入江のキャノンボールの援護を受けたルーカスがチョークスラムの要領からネックブリーカーを決める変形チョークスラムで3カウントを奪い勝利、ルーカスは粗削りながらも、今後次第では期待できる選手になる。また神の軍団は全日本でどんな存在となっていくのか…

 メインの世界タッグ選手権は、場外戦で暴走大巨人がリードを奪ったかに見えたが、エプロンの諏訪魔が崔を攻めているところで、ゼウスがエプロン越しでバイセップスエクスプローションで強襲をかけ、古傷である首にダメージを負った諏訪魔に対して王者組が捕らえて試合をリードする。
 長時間捕まった諏訪魔はゼウスにフライングショルダーを発射すると、石川にやっと交代、石川はゼウスに串刺しラリアットを浴びせるが、ファイヤーサンダー狙いはゼウスが堪えて逆水平からブレーンバスターで投げ、代わった崔もビックブーツで続く。
 崔の串刺しエルボーに対して、石川は串刺しラリアットで応戦すると、崔が水車落としを決めたところで、諏訪魔vsゼウスに代わり、ゼウスはフライングバイセップスエクスプローション、串刺しバイセップスエクスプローションからフロントスープレックスと畳みかける。
 ゼウスはチョークスラムを狙うが、諏訪魔が堪えると、ゼウスの突進を諏訪魔がスリーパーで捕獲、逃れたゼウスはビックブーツもキャッチした諏訪魔がキャプチュードで投げる。
 ここで石川が入ると、暴走大巨人が連係からサンドウィッチラリアットを決めるが、ゼウスは両腕フライングバイセップスエクスプローションで反撃し、崔が入ると王者組は諏訪魔にダブルブレーンバスター、ゼウスがアルゼンチンバックブリーカーで担ぐも、バイセップスエクスプローションは諏訪魔が避けてジャーマンで投げる。
 再び石川が入ると暴走大巨人が境川から、諏訪魔がスロイダーから石川がジャイアントニーと連係でゼウスを捕らえ、諏訪魔はラストライドを狙うが、崔がビックブーツでカットすると、石川を排除した王者組がトレイン攻撃、ゼウスがバイセップスエクスプローションからチョークスラム、崔が雪崩式ブレーンバスターからゼウスがフロッグスプラッシュと諏訪魔を追い詰める。
 ゼウスはジャックハマーを狙うが諏訪魔がバックドロップで投げると、石川が崔をキチンシンクで排除してから、暴走大巨人が抵抗するゼウスにサンドウィッチラリアットから、諏訪魔がラリアットを炸裂してカバー、ゼウスはカウント2でキックアウトしたものの、起き上がれないため、和田京平レフェリーがダウンカウントを数えて10カウントとなり、暴走大巨人が世界タッグ王座奪還を果たした。
 ゼウスのKO負けは、ほとんどハプニングで、諏訪魔のラリアットの後は、石川のポジションを見たところにロケット・ブロッサムを狙っていたはず、画面で見た感じでは諏訪魔のラリアットがまともに顎を捕らえていたことから、ゼウスは意識はあるものの足に来ていた状態だったのではないだろうか…暴走大巨人はまだまだこれからという段階でゼウスがKOされたことから、王座は取り戻したものの不完全燃焼だった。

 世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメントは準決勝を迎え、まず光留とKagetoraが対戦、光留がKagetoraの左腕にキックを浴びせてから、徹底した左腕攻めで試合をリード、劣勢のKagetoraは掌底からフライングラリアット、串刺しエルボー、水面蹴りからスライディング延髄斬りと猛反撃し、エルボーのラリーからKagetoraが担ぐが光留がアームロックで捕らえるも、Kagetoraは切り返して丸め込む。
 Kagetoraのハイキックをキャッチした光留はアンクルホールド、ジャンピングハイキックmカバーから腕十字狙いはKagetoraが押さえ込み、一騎当千から車懸を狙う。
 堪えた光留はソバットからジャンピングハイキック、PK狙いはKagetoraが影縫で丸め込むも、キックアウトした光留がバックドロップから腕十字で捕獲、Kagetoraは抑え込んで逃れようとするが、光留は捕獲式へと移行してKagetoraは無念のギブアップとなり、光留が決勝に進出する。

 岩本vsススムは、スズムがジャンボの勝ち!を受けきった岩本がショルダータックルから変形ネックブリーカーで先手を狙うも、串刺しを避けたススムは串刺しジャンボの勝ちを浴びせると、エプロンからロープ越しでジャンボの勝ち!を浴びせ、はネックブリーカー、DDT、ワンハンドバックブリーカーからジャイアントバックブリーカー、そのままジャベへ移行するなど首攻めで先手を奪う。
 岩本は一本背負いで反撃、串刺しエルボーからショルダータックル、ネックスクリューと逆に首攻めで流れを変え、ニーアッパーからジャーマンスープレックスホールド、エルボーのラリーからススムがヘッドバットを浴びせると、突進を避けた岩本は死角からラリアットを炸裂させる。
 岩本は大外刈りを3連発からドラゴンスープレックスを狙うが、ススムが逃れると、死角からのジャンボの勝ち!を炸裂させ、横須賀カッターから生腕でのジャンボの勝ち!を放つも、もう一発は岩本が孤高の芸術を炸裂させるが、首のダメージでカバーできない。
 勝負どころを逃した岩本は再度孤高の芸術を狙ったが、バックを奪ったススムがハーフネルソンスープレックスで投げると、ジャンボの勝ち!からジャンボの勝ち!固めで3カウントを奪い決勝に進出、世界ジュニア王座は光留とススムの間で争われることになった。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。