ザ・ロック登場で新生SMACK DOWNスタート!レスナーが秒殺でWWE王座奪取も、UFCでの天敵ヴェラスケスが出現!

10月からテレビ中継をFOXへと移行したWWE SMACKDOWNの第1回目の放送がカリフォルニア州ロサンゼルスで行われ、スタートからビンス・マクマホン会長が愛娘であるステファニー・マクマホンを伴って挨拶、二人が退場後はRAW女子王者のベッキー・リンチが登場するが、バロン・コービンも登場してベッキーを挑発すると、映画「ワイルド・スピード」の主演を務めるドウェイン・ジョンソンことザ・ロックが登場する。

コービンはロックに対して「WWEはオマエのホームでない」と言い放つ。この挑発を受けたロックはベッキーと共にコービンを襲撃、ベッキーのレッグドロップの援護から、ロックはピープルズ・エルボーを決めると、再びベッキーのキックの援護からロックボトムでコービンをKOし健在ぶりを見せつける。

 メインはコフィ・キングストンの保持するWWE王座にブロック・レスナーが挑戦するも、開始からいきなりレスナーがF5が決まって3カウント、秒殺勝利を収めて王座を奪取する。

 ところが月曜日のRAWでレスナーの襲撃を受けてユニバーサル王座挑戦を台無しされただけでなく、愛息まで病院送りにされたレイ・ミステリオが、かつてUFCでレスナーを破りUFCヘビー級王座を奪取したケイン・ヴェラスケスを伴って出現する。

かつてKO負けした相手が出現したことで、レスナーも戸惑いを隠せなかったが、リングインしたヴェラスケスを殴りかかろうとしたところで、ヴェラスケスがスピアーで逆にレスナーをなぎ倒し、マウントパンチを浴びせる。さすがのレスナーも一旦通路まで逃れ、再びリングサイドに戻ってヴェラスケスと睨み合いを展開した。

 ケビン・オーエンズvsシェイン・マクマホンによる、敗者WWE退団ラダーマッチは、入場するシェインを先に入場していたオーエンズが襲撃して開始となり、オーエンズはシェインを圧倒して、天井から吊るされる通告書入りのブリーフケースを奪いにかかるも、シェインが必死で阻止してラダーで殴打、放送席にオーエンズを寝かせると、コーナーからテーブル貫通ダイビングエルボードロップを投下してオーエンズに大ダメージを与える。


 しかしオーエンズも逆襲して鉄柵とエプロンの間にラダーをセット、その上にシェインを寝かせると、コーナーからラダー貫通式フロッグスプラッシュを投下して、逆にシェインに大ダメージを与える。

 オーエンズはラダーへ昇ろうとするが、シェインはイスで滅多打ちにして阻止し、オーエンズにラダーをセットしてからコースト・トゥ・コーストを発射、

そしてケースを奪いにラダーを昇るも、オーエンズがラダーめがけてパワーボムで叩きつけると、その間にケースを奪って勝利、オーエンズはWWE退団が決定してしまったシェインに向かって「 YOU’RE FIRED 」と言い放ってからスタナーでKOする。

 ロマン・レインズvsエリック・ローワンはランバージャックデスマッチで行われ、場外に落ちるとヘビー、ヒールの選手が入り乱れて大乱戦となる。レインズはサモアンドロップから攻勢に出ると、ローワンのビックブーツを受けきってスーパーマンパンチを浴びせるが、試合中にローワンの相棒であるルーク・ハーパーが乱入、制止に入るリングサイドの選手らと乱闘となっているところで、レインズがノータッチプランチャで全選手をなぎ倒すも、ローワンはムスタファ・アリをレインズめがけてパワーボムで叩きつける。

 リングに戻るとローワンはアイアンクロースラムで勝負を狙うが、逃れたレインズが再びスーパーマンパンチを浴びせたところで、ハーパーが乱入してレインズを襲撃、制止に入るベビー側の選手も入ってリング内は大混乱となる。
 その混乱の隙を突いて、テレビ解説を務めていたダニエル・ブライアンも乱入するとランニングニーでハーパーを排除すると、怒ったローワンがブライアンをアイアンクローで捕らえたが、レインズのスピアーがローワンに炸裂して3カウント、試合後はブライアンが改めてベビーターンをアピールしてレインズと共闘することになった

 中邑真輔はノンタイトルでユニバーサル王者のセス・ロリンズと対戦、中邑は開始早々ロリンズに巻き込み式腕十字を狙うが、逃れたロリンズはトペの連発で反撃、中邑のスライディングキンシャサも避けてスリングブイレイド、スワンダイブニー、スーパーキックと圧倒する。ロリンズはカーフストンプで勝負を狙うが、会場が暗転したところでブレイ・ワイアットが出現、ロリンズはワイアット出現を想定してステージに逃げたが、ワイアットはステージでロリンズを襲撃、試合は無効試合となった。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。