NEW BLOODがスタート!天咲光由が林下詩美相手にデビュー!飯田が復帰もJTO勢と激戦!


3月11日 スターダム「NEW BLOOD 1」東京・品川インターシティホール 416人超満員札止め
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 STARDOM vs 我闘雲舞 15分1本勝負>
〇向後桃(7分45秒 ネクター・ピーチ)×沙也加

<第2試合 COSMIC ANGELS vs Marvelous 15分1本勝負>
〇Maria 宝山愛(9分49秒 まりあんぬ)ウナギ・サヤカ ×月山和香

<第3試合 Queen’s Quest vs DDM 15分1本勝負>
△上谷沙弥 レディ・C(15分時間切れ引き分け)△MIRAI 桜井まい

<第4試合 STARS vs JTO ~飯田沙耶復帰戦~ 15分1本勝負>
〇飯田沙耶 羽南(12分11秒 片エビ固め)稲葉ともか ×Aoi
※ツイスター

<第5試合 大江戸隊 vs ディアナ 15分1本勝負>
〇スターライト・キッド 琉悪夏(13分16秒 片エビ固め)梅咲遥 ×ななみ
※ムーンサルトプレス

<第6試合 15分1本勝負>
〇林下詩美(11分52秒 ジャーマンスープレックスホールド)×天咲光由

スターダム以外の他団体の若手、キャリアの浅い選手にも門戸を開放して競い合う「NEW BLOOD」がスタート、メインではスターダムの入門テストを受け合格した生え抜きの新人である天咲光由がデビューを果たし、デビュー戦の相手を前ワールド・オブ・スターダム王者で昨年度の女子プロレスMVPである詩美が務めることになった。

握手から試合開始となると、互いに腕の取り合いなどバックの奪い合いで出方を伺うが、足を取った詩美はトーホールド、ヘッドロックと先手を狙い、光由をロープへ振るが、光由はドロップキックを連発、詩美はショルダータックルで返してリードを許さない、詩美はボディースラムを連発。逆エビ固め、逆片エビ固めへ移行して追い詰めにかかるが、光由は必死でロープエスケープし、詩美はアルゼンチンバックブリーカーは光由は逃れるも、詩美はエルボーを一閃する。
光由はエルボーの連打で返すと、詩美ののボディースラムを丸め込んでから膝十字固めで捕らえ、詩美はロープエスケープが、詩美の右脚に狙いをつけた光由は詩美の右脚へドロップキック、側転エルボーからドロップキック、詩美の右脚へサイキックからレッグロックで猛反撃して、詩美はロープエスケープする。

光由はDDTから変形のペティグリーを決めて、詩美を連続カバーも、詩美がキックアウトする。

詩美はドロップキックで反撃すると、ジャーマンは光由が逃れてジャパニーズレッグロールクラッチで丸め込むが、美詩の突進を詩美がボディースラムで投げると、ミサイルキックからジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪い勝利、光由は後半の右膝攻めで詩美を苦しめたが、最後は詩美のキャリアとパワーの前に屈してデビュー戦を勝利で飾れなかった。

試合後の詩美が光由の健闘を称えつつデビューを祝い、感想を聞くと光由は「楽しかった」と答える。そして詩美は光由をクイーンズクエストに勧誘すると、光由も「クイーンズクエストしかない」ということでクイーンズクエスト入りとなり、最後は詩美の呼びかけで全選手が揃って記念撮影で記念すべき第1回の「NEW BLOOD」を締めくくった。光由もデビュー戦でメインに登場し、いきなりクイーンズクエスト入りはそれだけ期待をかけられているということであり、同じクイーンズクエストのレディ・Cも刺激を受けると思う。

セミファイナルではキッド&琉悪夏の大江戸隊がディアナから参戦した梅咲&ななみと対戦し、序盤から大江戸隊が連係を駆使し、ななみを捕らえて試合をリードするが、たまりかねた梅咲が琉悪夏にドロップキックでカットに入り、キッドvs梅咲に代わると、キッドが619からその場飛びムーンサルトプレスで攻め込んでから、互いに挑発し合いながら激しいエルボーのラリーを繰り広げる。

キッドはフライングフォアアームからライトニングスパイラルで攻めるが、旋回式ダイビングボディープレスは自爆すると、梅咲はブレーンバスターから旋回式ダイビングボディープレスを命中させ、丸め込み合戦から、梅咲はドロップキックもキッドもドロップキックで応戦して突進は、梅咲がカウンターブレーンバスターで投げる。
ななみに代わるとキッドにショルダータックルを連発、ボディースラムからネックブリーカーで攻め込み、梅咲がミサイルキックで援護してから、ななみがセカンドコーナーからボディープレス、ダブルリストアームサルトも、琉悪夏が梅咲を排除すると、ななみにラリアットから大江戸隊がトレイン攻撃で捕らえる。
琉悪夏がななみにコンプリートショットからキッドがキッチャーマンを決め、キッドがトップコーナーへ昇るも、梅咲がデットリードライブで落としてから、ななみが丸め込み、ダイヤル固めは琉悪夏がカットする。
そこで琉悪夏がディアナ勢を場外へ出すと、キッドがラ・ケブラータを命中させ、リングに戻ると大江戸隊がななみに合体フェースバスターから、キッドがムーンサルトプレスで3カウントを奪い大江戸隊が勝利、試合後はキッドは梅咲に対して「成長してから対戦してあげる」と言いつつ大江戸隊に勧誘するが、キッドは「いや、やっぱりいらねえよ」と突き放すと、梅咲は大江戸隊への勧誘に少し揺れたことを悔しがった。

第4試合では右膝前十字靭帯断裂、右膝外側側副靭帯断裂で4月から長期欠場していた飯田が羽南と組んで復帰戦を行い、JUST TAP OUTの稲葉&Aoiと対戦した。
先発で出た飯田は飯田vs稲葉で開始すると、腕の取り合いから稲葉がヘッドロック、飯田はヘッドシザースで返してからショルダータックルを浴びせる。羽南vsAoiに代わると、アームホイップの応酬、羽南が旋回式クロスボディーから腕十字を狙うが、Aoiが脇固めで切り返し、代わった稲葉とレッグスプレットからレッグロックとJTOが羽南を捕らえて試合をリードする。
羽南はAoiに背負い投げで反撃して飯田に代わり、飯田はAoiにショルダータックル、Aoiだけでなくカットに入る稲葉にもダブルチョップを浴びせ、羽南が飯田におんぶするしてからAoiにボディープレスで圧殺する。
Aoiは飯田に逆水平も、飯田も返してラリーになるが、Aoiは天龍コンポからダブルチョップに対し、飯田はダブルスレッジハンマーで応戦、稲葉vs羽南に代わってエルボーのラリーになると、稲葉はニーリフト、首投げからサッカーボールキックを浴びせ、一撃必殺!ともか蹴りを狙ったが、間一髪は避けた羽南がダブルアームサルトで投げる。
稲葉は羽南にローキックからミドルキック、アンクルホールドで捕らえれば、逃れた羽南はビクトル投げから大外刈りで叩きつけるも、稲葉は正拳突きを放てば、受け切った羽南はフェイマサーで応戦する。

飯田に飯田に代わってバックエルボーから串刺しエルボーを放つと、稲葉は追走式スリーパーで捕らえ、代わったAoiは串刺しビックブーツで続くが、羽南がクロスボディーで援護すると飯田がダイビングショルダー、しかしノーザンライトスープレックスは逃れたAoiが変形腕固め、羽南がカットも、稲葉が入ると連係で蹂躙してからAoiがスリングブレイドを放つ。
AoiはリバースDDTを狙うが、切り返した飯田はAoiにラリアットを連発すると、最後はツイスターで3カウントを奪って復帰戦を勝利で飾り、試合後の飯田は復帰とJTOとの対抗戦をアピールすると、稲葉は「自分の夢に一歩近づけた」として、フューチャー・オブ・スターダム王座に挑戦をアピールした。

第3試合の唯一のスターダム同士の対戦となったクイーンズクエストvsDDMは、終盤で上谷vsMIRAIになると、MIRAIはダブルアームサルトからミラマーレで捕らえるがレディCがカットに入り、それでもMIRAIは上谷にミラマーレ・ショックを狙うがレディCがカットして場外へMIRAIを追いやると、上谷は場外のMIRAIにスワンダイブプランチャを命中させる。
リングに戻った上谷はミサイルキックからフィッシャーマンズスープレックスホールド、スタークラッシャーを狙うが、桜井が阻止し、桜井は上谷とレディCに二人まとめてスタナーからMIRAIが両腕ラリアット、上谷にDDMが合体フェースクラッシャーから、MIRAIはミラマーレショック狙うが、上谷が回転エビ固めで丸めこみ、レッグクラッチスープレックスホールドからスタークラッシャーが決まったところで時間切れ引き分けとなる。
そしてMIRAIは「震災がきっかけでプロレスと出会いました。あの時貰った勇気と元気を伝えていきたい。上谷沙弥、次は一騎討ちだ!」と上谷に一騎打ちを要求する。

第2試合のCOSMIC ANGELSvsMarvelousは、Mariaは突進をウナギがフラップジャックで叩きつけると、代わった月山がドロップキックを連発するが、Mariaが脇固めで捕らえ、ウナギがカットも宝山が排除する。
Mariaは月山の右腕へオーバーヘッドキックを放ち、月山は丸め込みを連発も、Mariaはビックブーツから脇固めはウナギがレッグドロップでカット、だがMariaは月山を変形卍固めことまりあんぬて月山がギブアップとなり、試合後はウナギとMariaが挑発合戦を繰り広げる。

第1試合の向後vs我闘雲舞の沙也加は、沙也加が低空ドロップキックからトーホールド気味の捕獲式膝固めで捕らえるも、向後はロープエスケープ、沙也加は突進も向後はドロップキックで迎撃すると、619からスワンダイブドロップキック、ネクター・ピーチで3カウントを奪い勝利を収めた。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。