N-1決勝戦は金剛対決…中嶋が拳王の心をぶった切って2連覇達成!


10月3日 NOAH「N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~」後楽園ホール 713人超満員札止め
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 20分1本勝負>
齋藤彰俊 〇征矢学 ケンドー・カシン(10分56秒 片エビ固め)マサ北宮 鈴木鼓太郎 ×稲葉大樹
※弾道

<第2試合 N-1 VICTORY 2021準決勝 時間無制限1本勝負>
【Bブロック1位】〇拳王(15分35秒 エビ固め)【Aブロック1位】×清宮海斗

<第3試合 N-1 VICTORY 2021準決勝 時間無制限1本勝負>
【Cブロック1位】〇中嶋勝彦(8分38秒 片エビ固め)【Dブロック1位】×船木誠勝
※バーティカルスパイク

<第4試合 30分1本勝負>
〇Eita(9分49秒 体固め)×小峠篤司
※イダルゴ

<第5試合 30分1本勝負>
小川良成 ×HAYATA(8分36秒 両者ダブルフォール)×原田大輔 宮脇純太

◎延長戦
〇原田大輔(0分59秒 試合放棄)×HAYATA

<第6試合 45分1本勝負>
〇杉浦貴 桜庭和志 藤田和之(18分17秒 体固め)武藤敬司 ×望月成晃 田中将斗
※オリンピック予選オスラム

<第7試合 N-1 VICTORY 2021優勝決定戦 時間無制限1本勝負>
【Cブロック1位】〇中嶋勝彦(20分0秒 エビ固め)【Bブロック1位】×拳王
※ダイヤモンドボム
☆中嶋がN-1 VICTORY 2021優勝

いよいよ決勝トーナメントを迎えた「N-1 VICTORY 2021」、決勝トーナメント第1試合ではAブロック1位の清宮とBブロック1位の拳王が対戦し、開始から清宮がクロスボディーで奇襲をかけると、ジャンピングニーからジャーマンスープレックスホールドで投げ、拳王は場外へ逃れ、追いかけた清宮を鉄柵に叩きつけるが、拳王は鉄柵に叩きつけるも清宮はカウンターエルボーを浴びせる。

リングに戻ると清宮はジャンピングエルボードロップからレッグドロップ、レッグロックからサイキックと左足攻め、拳王はエルボーも清宮は左足へ関節蹴りを浴びせてからロープを使った左足攻め、拳王のヘッドロックをニークラッシャーからインディアンデスロックと左足攻めでリードを奪い、拳王は必死でロープエスケープする。

拳王はローキックに対して、清宮は関節蹴りとラリーになるが、拳王はミドルキックからサッカーボールキックを浴びせ、ブレーンバスター、キャメルクラッチからボディーシザースで捕らえて試合の流れを変える。
拳王はセカンドコーナーからダブルニードロップ、ミドルキックの連打を浴びせ、清宮は張り手の連打からエルボーの連打も、拳王はソバットからロープに振るが清宮はジャンピングネックブリーカーで応戦、ランニングエルボーの連打、ブーメランフォアアーム、ミサイルキックと畳みかける。

清宮は拳王の左足を持つと、拳王がロケットキックを浴びせ、足を払って背中へのフットスタンプも、後頭部へのニー狙いは、清宮が低空ドロップキック迎撃し、拳王は蹴暴からトップコーナーへ昇るも、清宮が引きずり降ろしてエルボースマッシュを連打を浴びせ、拳王はミドルキックで返してラリーになり、拳王はスピンキックを浴びせる。
清宮はタイガースープレックスの体勢からチキンウイングフェースロックへ移行、拳王はコーナーに押し込んで逃れるとドラゴンスープレックスから蹴暴、PFSを投下したが、足攻めが効いたせいかカバーが遅れてしまい、清宮はカウント2でキックアウトする。

拳王はハイキックも清宮が避けてジャンピングニーを放ったが、担いだところで拳王がスリーパーで捕え、清宮が押さえ込むとエルボースマッシュの連打から垂直落下式リバースDDT、そしてタイガースープレックスは拳王が輪廻で逃れ、清宮がオコーナークラッチも、拳王が丸め込んで3カウントを奪い優勝決定戦に進出する。

決勝トーナメント第2試合のCブロック1位の中嶋vsDブロック1位の船木は、船木がタックルからテイクダウンを奪い、バックを奪ってからマウントを奪い、中嶋が逃れようとするが船木は逃さず腕十字狙いうと、中嶋がロープエスケープする。

ローキックの打ち合いは中嶋が打ち勝って低空ドロップキックも、船木がカウンターで掌底を炸裂させると中嶋がダウンし、船木は首投げからPKを浴びせる。

船木はチキンウイングフェースロックからハイブリッドブラスターを狙うが、逃れた中嶋がジャーマンからミドルキックを浴びせ、前後からサッカーボールキックの後でバーティカルスパイクを狙うが、船木が脇固めから腕十字で切り返すと下から三角絞めで捕らえ、腕十字へ移行して中嶋は慌ててロープエスケープする。

船木はミドルキックを連打に対して、中嶋もミドルキックで打ち返すが、船木が掌底から突進は中嶋が顔面へのミドルキックを炸裂させ、最後はバーティカルスパイクで3カウントを奪い、優勝決定戦に進出で金剛対決となった。

メインで行われる優勝決定戦の前にGHCヘビー級王者の丸藤正道が登場、観客に挨拶をした後でバルコニーの放送席で解説をしながら優勝決定戦を見守ることになった。

そして優勝決定戦となった拳王vsの金剛対決は、ロックアップからバックの奪い合いになり、中嶋はハンマーロックからヘッドロックで捕らえ、逃れた拳王の突進をショルダースルーでエプロンへ出すと中嶋は水面蹴りで場外へ落とし、エプロンからPKを浴びせ!場外戦でもエルボーのラリーから、中嶋がミドルキックを浴びせ、鉄柵に叩きつけてからリングに戻る。

中嶋は拳王を踏みにじると、怒った拳王はエルボーのラリーに臨み、中嶋がサッカーボールキックを浴びせれば、拳王はニーリフトからサッカーボールキックで返し、中嶋はサミングからサッカーボールキックを連打すると、串刺しビックブーツからシャッターチャンスタイムを敢行する。

中嶋はバックドロップを狙うが、逃れた拳王は足を払ってフットスタンプ、背後からランニングニーを炸裂させ、場外へ逃れた中嶋を鉄柵に叩きつけてから、リングに戻ってダブルニードロップを連発、拳王は中嶋を蹴り上げると、エルボーのラリーは拳王が競り勝ってミドルキック、中嶋のエルボーの連打を受けきったビンタを浴びせる・

しかし中嶋は低空ドロップキックから延髄斬りを浴びせ、串刺しビックブーツからまたシャッターチャンスタイムを狙うが、拳王が逃れてミドルキックを連打から掟破りのシャッターチャンスタイムを敢行する。

拳王は座り込んだ中嶋にミドルキックも、中嶋もミドルキックで返してラリーになり、拳王が連打から突進は中嶋がミドルキックで迎撃してからPKも、ハイキックは拳王が避けてドラゴンスープレックスで投げてハイキックは、今度は避けて中嶋はジャーマンで返し、互いにハイキックを狙ったが相打ちとなる。

拳王が突進すると、中嶋がトラースキックで迎撃し、前後からサッカーボールキック、PKからバーティカルスパイクで突き刺すが、拳王はカウント2でキックアウトする。

中嶋は人でなしパントキックを狙うが、拳王が避けてアンクルホールドで捕らえ、ホイップしてからミドルキックを浴びせると、蹴暴からPFSを投下したが、カウント2でキックアウトされる。

拳王はスリーパーで捕えたが、逃れた中嶋にビックブーツから突進すると、中嶋が拳王をトップコーナーにうつ伏せにした中嶋が蹴り上げ、ボディーへパントキックからバーティカルスパイクを狙うが、拳王が変形ファルコンアローで切り返す。

ミドルキックのラリーから拳王がビンタを浴びせ、中嶋もビンタで返すが、拳王が一撃で中嶋がダウンも、立った中嶋は往復ビンタをあびせれば、拳王も往復ビンタで返し、互いにビンタのラリーで拳王が崩れると、すかさず中嶋がダイヤモンドボムで3カウントを奪い、中嶋が優勝して2連覇を達成した。

試合後に中嶋は拳王と語らいあった後で、バルコニー放送席から試合を見守っていた丸藤を呼び込み、南側客席からリングインした丸藤に改めて10・10大阪でGHCヘビー級王座への挑戦をアピールすると丸藤も受諾し、正式に決定となった。

試合内容的は互いに打撃主体であることから打撃戦となったは、終盤のビンタのラリーで中嶋が拳王の心すらぶった切って仕留めてしまった。

決勝トーナメントにあたっては清宮が本命視されていたが、誰もが清宮がどん底から這い上がる姿に期待していたと思う。しかし今年前半は中嶋もどん底で北宮とのタッグでGHCタッグを保持しても、北宮の裏切りでチームは解散で王座は返上、北宮との金網デスマッチでは敗れ、丸坊主にされるという屈辱も味わった。それを考えると中嶋もどん底から這い上がってきた一人でもあった。
その中嶋もGHCヘビー級王座に王手をかけることになった。丸藤と中嶋は何度も対戦しているが、ベルトをかけてに対戦は初となるという、今年でN-1も3回目となるものの、過去2回N-1覇者がGHCヘビー級王座に挑戦しても2度とも奪取に失敗したことから、3度目の正直でN-1覇者が王座を奪取しなければ、Nそれがジンクスと化してN-1の存在意義も問われてくると思う、中嶋も昨年優勝しても当時の王者である潮崎豪に敗れて王座奪取に失敗したことから、昨年N-1を優勝した地であるゲンのいい大阪でGHCヘビー級王座を奪取することが出来るか…

第3試合はGHCジュニアタッグ前哨戦として小峠がEitaと対戦し、クリーンファイトをアピールしたEitaは握手と見せかけてキックを浴びせ足蹴で挑発し、キックはキャッチした小峠は張り手で返し、読み合いから小峠がドロップキック、場外戦で小峠がバイシクルキックを浴びせる。

小峠がリングに戻るも、リング下に潜っていたEitaが背後から小峠を強襲し、Eitaはトップロープへ前落としから顔面ニー、外へ落としてスライディングキック。リングに戻ってストンピングからチンロック、サミング、サードロープへシーソーホイップと小峠を痛めつける。

Eitaの串刺し狙いを迎撃した小峠がサイドエフェクトで反撃し、往復式串刺しラリアットも、ブルドッキングヘッドロックは、Eitaがコーナーに直撃させて阻止するとハイキック、ブレーンバスターで投げ、Eitaはイダルゴを狙うが、逃れた小峠が後頭部頭突きを浴びせる。

小峠はロールスルー式キルスイッチを狙い、Eitaが逃れても小峠はバイシクルキックも、突進したところでEitaがImperial Unoで迎撃し、小峠はピクリとも動かず、完全KO状態になった上で、Eitaがイダルゴでダメ押しして3カウントを奪い圧勝、試合後もKOされたまま立てない小峠を踏みつけて罵るだけでなく、NOAHファンにも「ゴミくずども」と挑発して高笑いして去っていく。

第5試合のGHCジュニアヘビー級選手権前哨戦は、終盤に宮脇の援護を得た原田がHAYATAにニーアッパー狙いも逃れたHAYATAはジャンピングハイキックで応戦、それでも原田は片山ジャーマンホールドを決めるも、原田自身の両肩もついてしまったため両者ダブルフォールとなってしまう。

この結果に納得しない原田がHAYATAとの1vs1のシングルでの延長戦を要求して、試合に突入するが、エルボーのラリーで原田が連打を放ったところ、HAYATAのセコンドとして残っていた小川の指示で二人一緒にバックステージへ引き上げてしまい、レフェリーは試合放棄として原田の勝利として裁定を降すが、それでも納得しない原田は宮脇と一緒にHAYATAを追いかけていった。

セミファイナルの6人タッグ戦は武藤と藤田が先発で対峙し。グラウンドの攻防からぶつかり合いで藤田が制するも、武藤はドラゴンスクリューからシャイニングウィザードを放てば、藤田もジャーマンで応戦して互いに見せ場を作る。

試合は杉浦軍が田中を捕らえて試合をリードも、再び武藤と藤田が対峙すると、武藤がドラゴンスクリューから足4の字固めで捕らえて藤田を苦しめるが桜庭がカットに入る。

武藤は藤田に串刺しシャイニングウィザードからドラゴンスクリューを狙うが、藤田がビンタで阻止してジャーマンで投げる。

代わった桜庭は武藤にアキレス腱固め、ロープエスケープした武藤にモンゴリアンチョップを連打を浴びせると、椰子の実割りを連発から膝十字固めで捕らえるが、望月がナックルでカットする。

田中vs杉浦になると、エルボーのラリーになるが、切り返しから田中が左のラリアットを浴びせると、ここで武藤が入ってシャイニングウィザード、望月は一角蹴り、田中がスーパーフライ、望月がPKと杉浦に集中砲火をかけ、望月がミドルキックの連打からツイスターを狙うが、杉浦がブレーンバスターで投げ返すと、藤田と桜庭が入ってエルボーとモンゴリアンチョップのサンドバックタイムで望月を蹂躙してから、杉浦がランニングニーを浴びせる。

望月が杉浦にイリュージョンで応戦も、真最強ハイキックやナックル避けた杉浦がナックルからオリンピック予選スラムで3カウントを奪い、杉浦軍が勝利となった。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。