長きに渡る路上プロレス防衛ロードに終止符…勝俣がシングル初戴冠でMAOを挑戦者に指名!


2月7日 DDT「熊本城天然温泉 城の湯 presents 湯けむり天然温泉プロレス」熊本城天然温泉 城の湯
(試合内容は実況ツイートより)

<DDT EXTREME選手権試合 45分3WAYアイアンマンマッチ>
【挑戦者=25】〇勝俣瞬馬vs【第49代王者】×高木三四郎vs【挑戦者=6】×
☆高木が11度目の防衛に失敗、勝俣が第50代王者となる

試合経過
①○高木(0分55秒 体固め)×勝俣
※Yogiboで押さえ込む。
②〇勝俣(1分23秒 体固め)×高木
③○高木(5分15秒 片エビ固め)×ばってん
※ダブル・ブレーンバスター
④○勝俣(5分21秒 片エビ固め)×ばってん
⑤○高木(10分32秒 体固め)×ばってん
⑥○勝俣(10分40秒 片エビ固め)×ばってん
※しゃもじ殴打
⑦○勝俣(8分45秒 体固め)×ばってん
※ボディースラム・オン・ザ・Yogibo
⑧○高木(8分51秒 体固め)×ばってん
⑨○勝俣(10分8秒 しゃもじでのチョーク攻撃)×ばってん
⑩○勝俣(12分26秒 体固め)×ばってん
⑪○勝俣(12分46秒 体固め)×ばってん
⑫○高木(13分00秒 体固め)×ばってん
⑬○勝俣(13分41秒 水攻め)×ばってん
⑭○高木(14分10秒 体固め)×ばってん
※ばってんエルボー自爆
⑮○勝俣(14分18秒 体固め)×ばってん
※イスで押さえ込む。
⑯○勝俣(14分56秒 電気風呂での感電)×ばってん
⑰○高木(15分8秒 電気風呂での感電)×ばってん
⑱〇勝俣(15分41秒 体固め)×高木 ×ばってん
⑲○高木(16分34秒 体固め)×勝俣
※ダブルアーム・スープレックス・イン・ザ・露天風呂
⑳○勝俣(17分21秒 体固め)×ばってん
※温泉エルボー自爆
㉑○勝俣(17分36秒 コブラツイスト)×ばってん
㉒○高木(18分8秒 体固め)×ばってん
※ブレーンバスター・イン・ザ・露天風呂
㉓○高木(19分55秒 体固め)×ばってん
※台湾エルボー自爆
㉔○高木(21分14秒 ボディソープでの洗髪)×勝俣
㉕○高木(21分34秒 リンスでの洗髪)×勝俣
㉖○高木(22分45秒 体固め)×ばってん
※イスでのボーリング攻撃
㉗〇ばってん(23分24秒 体固め)×高木
㉘○高木(23分41秒 体固め)×ばってん
※ショートレンジ・ラリアット
㉙○勝俣(27分8秒 体固め)×ばってん
※ばってんエルボー自爆
㉚○高木(27分59秒 体固め)×ばってん
㉛○勝俣(27分53秒 温泉の噴射口に押し付ける)×ばってん
㉜〇ばってん(28分25秒 片エビ固め)×勝俣
※高速ばってんエルボー
㉝○高木(29分22秒 体固め)×勝俣
※冷水シャワー攻撃
㉞○高木(29分25秒 体固め)×勝俣
※冷水シャワー攻撃
㉟〇ばってん(30分4秒 ばってんメンズエステ)×勝俣
㊱〇ばってん(30分16秒 ばってんメンズエステ)×勝俣
㊲〇ばってん(30分25秒 ばってんメンズエステ)×勝俣
㊳〇ばってん(31分6秒 ばってんメンズエステ)×勝俣
㊴○高木(31分47秒 体固め)×ばってん
㊵○勝俣(32分11秒 体固め)×ばってん
※ナックル
㊶○勝俣(33分27秒 片エビ固め)×ばってん
※ラリアット
㊷○高木(33分36秒 体固め)×ばってん
※イス投げ付け
㊸○勝俣(34分23秒 熱湯シャワー攻撃)×ばってん
㊹○高木(36分4秒 温泉の噴射口に押し付ける)×ばってん
㊺○高木(36分22秒 体固め)×ばってん
※スピコリドライバー・イン・ザ・風呂
㊻○高木(36分27秒 体固め)×ばってん
㊼○高木(36分30秒 体固め)×ばってん
㊽○高木(36分48秒 体固め)×ばってん
㊾○勝俣(40分10秒 横入り式エビ固め)×高木
㊿○勝俣(42分17秒 横入り式エビ固め)×高木
51○勝俣(42分27秒 横入り式エビ固め)×高木
52○勝俣(43分7秒 勝俣瞬馬の熱波WER!!)×高木
53○勝俣(43分30秒 体固め)×高木
※DDT
54○勝俣(44分38秒 片エビ固め)×高木
※ととのえスプラッシュ・フロム・ラダー

今回のDDT EXTREME選手権路上プロレスは熊本城天然温泉 城の湯を貸し切りで行われることになり、王者の高木に2度目の挑戦となる勝俣、九州プロレスを主戦場にしておるばってんが3WAYで挑戦することなり、試合形式も45分の間により多くフォールまたギブアップを奪えるかのアイアンマンマッチとなった。

だが試合時間になってもばってんが1階フロアに現れないことから、高木が勝俣に襲い掛かって開始となり、高木は休憩フロアにあったYogiboで勝俣を殴打も、勝俣がYogiboを抱いたまま寝てしまい、高木がカバーして先制も、今度は高木がYogiboを抱いて寝てしまって、勝俣がカバーで3カウントを奪う。
高木はマジックハンドで勝俣の乳首や耳をを引っ張ったまま2階へ向かうが、マジックハンドを奪った勝俣が高木の耳を引っ張ると、怒った高木はハンドを奪って殴打し、そのまま宴会場へ雪崩込んで二人は張り手のラリーも、やっとばってんが登場する。

ばってんは早くもネタを披露するが全く受けないため、怒った高木と勝俣がダブルブレーンバスターから高木と勝俣がカバーで3カウントを奪い、高木がカバーして3カウントを奪えば、勝俣がしゃもじで殴打で3カウントを奪うなど、二人はばってん相手にポイントを稼ぎまくる。
高木と勝俣がばってんを痛めつけたまま階段から落とそうとするが、勝俣が二人を落とすと、高木とばってんの二人の心が入れ替わって転校生(by大林宣彦)状態だとなってしまい、また階段から落とされて二人は元に戻る。

3選手は再び休憩所に雪崩れ込み、高木がばってんをYogiboよもぎもへボディースラムからばってんが寝てしまって、勝俣と高木がそれぞれ3カウントを奪い、ばってんも高木をYogiboに寝かせてカバーするが勝俣がカットされ、勝俣は濡れタオルでばってんを殴打しながら浴場へ突入する。
3選手は掛け湯をかけまくり、勝俣はばってんを掛け湯風呂へ頭から突っ込ませから3カウント、水風呂にもばってんを放り込んで3カウントを奪えば、続けて高木もカバーして3カウントを奪い、更にイスでばってんを動けなくした勝俣は手桶の冷水をかけた拷問攻撃でばってんはギブアップ。
全くポイントを取れないばってんはばってんエルボーも自爆して高木が3カウントを奪えば、勝俣はばってんにイスで押さえ込んで3カウントを奪い、ばってんは勝俣に電気風呂に入れてからばってんエルボーはまた自爆すると、自身が痺れてギブアップとなり、高木とばってんはジェットバスで座ったところで勝俣が二人まとめてカバーで3カウントを奪い、高木は露天風呂へ勝俣を連行すると湯船でダブルアームスープレックスを敢行して3カウントを奪い、そこでばってんが勝俣に秘儀温泉エルボーを狙うが、また自爆で勝俣が3カウントを奪う。

勝俣は続けてコブラツイストでばってんからギブアップを奪えば、高木はブレーンバスターでスタンディングフォールを奪い3カウント、更に半ケツとなったばってんをまた湯船へ放り込み、二人が同時でダイブを狙ったが衝突すると、ばってんは秘儀台湾エルボーを投下するが、また自爆で高木が3カウントを奪う。
今度は洗い場へ突入すると、高木は勝俣の頭をボディーソープでシャンプーしたため勝俣がギブアップ、今度はリンスでダメ押しして勝俣はギブアップ、高木は風呂のイスで城を作り、風呂のイスを使ってボウリングも、イスがばってんの股間に直撃し城もストライクで崩落したため3カウント、更に倒れたばってんにシャワーをかけてから3カウントを奪う。
さすがに疲れ気味になった高木をばってんをカバーして3カウントを奪いやっとポイントを稼ぐと、選手らがテンションを挙げながら女湯へ突入、さすがに誰もいない、ばってんは勝俣にばってんエルボーを狙うがまた自爆で勝俣が3カウントを奪えば、高木も3カウント奪い、勝俣はお湯が流れる源泉の噴射口にばってんを押し付けてギブアップを奪うが、ばってんはばってんエルボーがやっと勝俣にあたって3カウントを奪う。

高木はしゃもじで勝俣を殴打すると垢すりルームへ連行し、シャワーで冷水をかけて3カウントを奪えば、ばってんはローションを塗って勝俣にローションプレイを敢行して勝俣がギブアップとなり、この攻撃で勝俣は泣き叫びながら何度もギブアップしてしまう。

高木はまたばってんを風呂へ放り込んで3カウントを奪い、勝俣もばってんをアッパーから3カウントを奪う。二人は手桶でばってんを殴打すると怒ったばってんはイスを投げるが高木も投げ返し、ばってんをイスに座らせた勝俣はラリアットで3カウントを奪えば、高木も続けて3カウントを奪う。
今度は高木がばってんの口にシャワーを咥えさせて噴射すると、ばってんにスリーパーからまた風呂へ放り込み、源泉を頭から被せてから高木はスコピリドライバーで連続3カウントを奪い、これでばってんは戦闘不能となる。
残り3分となって勝俣は濡れタオルで高木を殴打しながら自身の土俵であるサウナへ突入、高木のクローズラインを避けた勝俣は丸め込みでフライパンとなっている床の上でフォール3カウントを連続で奪い、残り2ポイント差まで追い上げると、勝俣は熱波パワー攻撃で高木はギブアップとなり、高木のクローズラインを避けた勝俣はトラースキックからDDTで3カウントを奪いタイスコアに持ち込む。

勝俣は脚立を投入すると、高木にDDTから脚立からのストゥーカスプラッシュで3カウントで勝俣が逆転、サウナから脱出した勝俣が水湯に入って試合終了となり、勝俣が王座を奪取、シングル初戴冠となった。

勝俣は初戴冠に喜ぶと、お風呂に浮かんでいるヒヨコちゃんを手にして「このベルトを獲ったらずっとやりたかった相手がいる」として次期挑戦者にMAOを指名した。

これで高木による路上プロレス防衛ロードはひとまず終了となったが、残念…かな?

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。