諏訪魔が2度に渡って青柳にKOされた…暴走大巨人が痛恨の3敗目!


12月4日 全日本プロレス「2020世界最強タッグ決定リーグ戦」愛知・名古屋国際会議場 422人
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 20分1本勝負>
〇佐藤光留 田村男児 本田竜輝(9分19秒 片エビ固め)青柳亮生 ×フランシスコ・アキラ ライジングHAYATO

<第2試合 30分1本勝負>
〇大森隆男 ブラックめんそーれ 小仲=ペールワン(8分6秒 片エビ固め)×岡田佑介 石切 大文字崇
※アックスボンバー

<第3試合 30分1本勝負>
大森北斗 〇児玉裕輔(7分1秒 片エビ固め)×アレハンドロ UTAMARO
※マッドスプラッシュ

<第4試合 「世界最強タッグ決定リーグ戦2020」公式戦 30分1本勝負>
【2勝3敗=2点】〇ヨシタツ 崔領二(9分52秒 片エビ固め)【1勝4敗=2点】×イザナギ 入江茂弘
※ヨシタツ狂想曲

<第5試合 「世界最強タッグ決定リーグ戦2020」公式戦 30分1本勝負>
【3勝2敗=6点】TAJIRI 〇田中将斗(6分48秒 片エビ固め)【3勝2敗=6点】芦野祥太郎 ×羆嵐
※スライディングD

<第6試合 「世界最強タッグ決定リーグ戦2020」公式戦 30分1本勝負>
【3勝2敗=6点】ジェイク・リー 〇岩本煌史(11分37秒 グラウンドコブラ)【3勝2敗=6点】関本大介 ×アブドーラ・小林

<第7試合 「世界最強タッグ決定リーグ戦2020」公式戦 30分1本勝負>
【3勝2敗=4点】〇宮原健斗 青柳優馬(24分12秒 シャットダウンスープレックスホールド)【2勝3敗=4点】諏訪魔 ×石川修司

終盤戦を迎えた世界最強タッグ決定リーグ戦は名古屋大会のメインでは2勝2敗同士の宮原組と暴走大巨人が対戦、序盤は宮原は諏訪魔にビックブーツを連発してから場外戦となると頭突きを浴びせ、石川が駆けつけると暴走大巨人がのサンドウィッチラリアットはを仕掛けるが避けられて同士討ちとなったところで、青柳がプランチャを命中させ、宮原は諏訪魔に頭突きで続いて先手を奪う。
リングに戻ると諏訪魔がショルダータックルで宮原をエプロンへ出すととロープ越しでエルボーのラリーからスリーパーで絞めあげ、代わったも石川が場外戦を仕掛けて鉄柵へギロチンホイップから鉄柵を使った首攻め、諏訪魔がダブルチョップを連発してからスリーパーと宮原を捕らえ、青柳がカットに入るも、諏訪魔はスロイダーで排除する。
暴走大巨人は宮原を蹂躙した後で、石川はスプラッシュマウンテンを狙うが、宮原がリバースしてから青柳に代わり、青柳は石川にフライングフォアアーム、旋回式クロスボディーで反撃も、ジャーマン狙いは石川が堪えるとキチンシンクから諏訪魔に代わり、諏訪魔は青柳にダブルチョップからフライングショルダーを浴びせて宮原組にリードを渡さない。
諏訪魔は青柳に串刺しラリアットからスロイダーで投げると、ラストライド狙いは青柳がリバースし、青柳は諏訪魔のラリアットを避けてトラースキックを連発も受けきった諏訪魔はラリアットで返してから、宮原vs石川に代わり、宮原が石川に低空ドロップキックからサイドへのドロップキックも、串刺しは石川が迎撃して諏訪魔が入って暴走大巨人が連係からサンドウィッチラリアットを炸裂させるが、石川はキチンシンクから突進は宮原はバイシクルキックで迎撃すると、青柳が入って宮原と共にトレイン攻撃から、青柳が石川にダイビングクロスボディーを命中させる。
宮原は石川にブラックアウトを狙うが、キャッチした石川がラリアットを浴びせると、諏訪魔が暴走大巨人は宮原を入って境川で捕らえると、諏訪魔がスロイダーから石川がジャイアントニーで連係、青柳はカットに入ると諏訪魔は排除し、石川は串刺しラリアットからコーナーもへ昇るが、戻った青柳が阻止してから雪崩式ブレーンバスターで落とす。
青柳は諏訪魔にもエルボースマッシュを放ち、諏訪魔がジャーマンで投げれば青柳もジャーマンで返すと、宮原は諏訪魔に後頭部ブラックアウトから青柳とのトラースキック&ブラックアウトを炸裂させたから、青柳は諏訪魔をエンドゲームで捕らえて、絞め落ちたのか諏訪魔がKOされてしまう。
宮原は試合権利のある石川とエルボーのラリーとなって、宮原はビックブーツに対して石川がファイヤーサンダーで突き刺すが、青柳はカットも石川が排除して、石川は宮原にスプラッシュマウンテンを決める。ところが場外では意識を取り戻した諏訪魔が怒り狂い、場外マットを剥がすだけでなく、鉄柵まで投げるなど一人で大暴れする。
石川は宮原にジャイアントニーを狙ったが、飛び越えた宮原がブラックアウトで迎撃してシャットダウンスープレックスを狙う。、そこで諏訪魔がカットに入るが、青柳も入って諏訪魔をスピンキックでKOすると、石川にもスピンキックを炸裂させ、最後は宮原が石川にブラックアウトからシャットダウンスープレックスホールドで3カウントを奪い、3勝目を収め、終盤戦で負けが先行した暴走大巨人は2連覇に黄色信号が灯った。
諏訪魔もまさか青柳に絞め落とされただけでなく、スピンキックでKOされて2度に渡ってKOされたのは屈辱だったと思う。それだけ青柳も自身をつけているということか、宮原&青柳も優勝圏内に入ったが、優勝する鍵は青柳が握っているのかもしれない。

1敗の関本&アブ小のマッスル&ファットですvs2連敗中のジェイク&岩本の陣は、ジェイクvsアブ小に代わると、ジェイクが迫ってところでアブ小はロープに逃れ、ジェイクはジェントルブレークも、ジェイクがまた迫るとアブ小はまたロープへ逃れてから、掟破りのジェントルブレークを披露する。
ジェイクがアブ小に正しいジェントルブレークの見本を見せたところで、アブ小が強襲をかけてからいきなりウエスタンラリアットを炸裂させ、場外戦でジェイクだけでなく岩本も鉄柵に叩きつけると、ブルロープを持ち出してカウベルで叩いてから岩本もろとも首を絞めつつ鉄柵にくくりつけてPWFルールで場外カウントは10カウントだということを利用してリングアウト勝ちを狙うと、脱出したジェイクが慌ててリング戻るが、マッスル&ファットですがダブルショルダータックルを浴びせ、タッチワークを駆使してジェイクを捕らえる。
関本はジェイクに頭突きを浴びせるが、ジェイクはレッグラリアットで応戦して岩本に代わり、岩本が関本にランニングエルボーから突進するも、関本がラリアットで迎撃しアブ小に代わるとマッスル&ファットですがトレイン攻撃、摩周、アブ小がバカチンガーエルボーと畳みかけ、ジェイクがカットに入るがマッスル&ファットですは眉山で排除する。
マッスル&ファットですは岩本にからファンタスティックフリップを決めると、アブ小が地獄突きからダイビングバカチンガーエルボーを投下するが自爆してしまい、これを逃さなかった岩本はグラウンドコブラで丸め込んで3カウントを奪い、陣が連敗を止めて3勝目、マッスル&ファットですは2連敗を喫する。

1敗の芦野&羆嵐のEnfants Terriblesvs2敗のTAJIRI&田中のチームECWは、Enfants Terriblesが首を痛めているTAJIRIを捕らえて試合をリードも、TAJIRIは田中から手渡された竹刀で一撃して窮地を脱して田中に交代、田中は芦野にラリアット、羆嵐もろともスタナー&ブルドッキングヘッドロックで反撃するが、羆嵐がバックフリップで叩きつけると、重爆セントーンからアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げるが、TAJIRIは竹刀で一撃してカットする。
それでもEnfants Terriblesは芦野が入って田中が入って合体重爆セントーンから、芦野がTAJIRIにアンクルロックでセーブを狙ったが、TAJIRIは竹刀で一撃して脱出すると、怒ったEnfants TerriblesがTAJIRIを袋叩きにしてから竹刀を奪って一撃を加える。
そこで羆嵐はTAJIRIに重爆ダイビングセントーンを狙ったが、田中が突き落として阻止するとスーパーフライからスライディングDで逆転3カウントを奪い3勝目、Enfants Terriblesが「試合権利はTAJIRIがあったのでは」とレフェリーに抗議も試合権利は田中にあったとして抗議は受け入れられなかった。

3敗同士のヨシタツ&崔のヨシタツキングダムとランズエンドの連立軍vsイザナギ&入江のPURPLE HAZEは、イザナギの突進を崔がリフトアップスラムで叩きつけてから連立軍がイザナギを捕らえて試合をリードも、代わった入江が崔にショルダータックル、ティディベア、エルボーのラリーから崔のミドルキックに対しローリングビーストボンバーで反撃して流れを変える。
入江は崔にキャノンボールからビーストボンバーを狙うが、切り返した崔がブレーンバスターで投げてからヨシタツvsイザナに代わり、ヨシタツがミドルキックの連打からフィッシャーマンズスープレックスも、串刺しを避けたイザナギは串刺しジャンピングハイキックを浴びせる。
イザナギはトラースキックの連打はヨシタツがガードしてヨシタツはブレーンバスターも、入江の援護からイザナギが丸め込み、PURPLE HAZEがバックフリップ&トラースキック、イザナギがバスソーキックから突進するが、ヨシタツがキチンシンクで迎撃すると、崔が入ってダブルミドルキックからマジックキラーを決める。
ヨシタツはCBJもイザナギがジャックナイフ式エビ固め、ヨシタツ幻想も首固めで丸め込んで粘ったが、ヨシタツはCBJからヨシタツ狂想曲で3カウントを奪い、連立軍は2勝目となった。

これで世界最強タッグはトップは2敗で宮原&青柳、Enfants Terribles、陣、マッスル&ファットです、チームECWの5チームとなり、3敗で暴走大巨人、ヨシタツキングダム&ランズエンドが追いかける展開となった。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。