AXIZがシュレッグ狩りに成功!両ブロック全チーム同点のまま最終公式戦へ


4月13日 NOAH「GLOBAL TAG LEAGUE 2020 Episode4」NOAH特設アリーナ
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 GLOBAL TAG LEAGUE 2020 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
【1勝1敗=2点】清宮海斗 〇谷口周平(12分1秒 片エビ固め)【1勝1敗=2点】レネ・デュプリ ×イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
※マイバッハプレス

<第2試合 GLOBAL TAG LEAGUE 2020 Bブロック公式戦 30分1本勝負>
【1勝1敗=2点】潮崎豪 〇中嶋勝彦(20分56秒 体固め)【1勝1敗=2点】杉浦貴 ×関根”シュレッグ”秀樹
※バーティカルスパイク

 Episode4ではまずAブロック公式戦で金剛を降して白星発進した杉浦軍インターナショナル(デュプリ&ワグナー)が、もちまるに敗れて黒星発進したアンチェインズと対戦。
杉浦軍インターナショナルが奇襲で開始、場外戦でアンチェインズを痛めつけるが清宮がデュプリに反撃し、ランニングアッパーカット、串刺しフォアアームからブルドッキングヘッドロックと攻め込んで、スリーパーで絞めあげる。

 しかしワグナーが入ると連係で清宮を捕らえにかかり、デュプリは腕十字、ワグナーが吊り天井からカベルナリアと痛めつけ、、清宮はエルボーの連打もワグナーはラリアットで反撃を断ち切る。

 劣勢の清宮は二人にドロップキックで反撃して谷口に交代、谷口はデュプリに串刺しラリアットからブレーンバスターで投げると、カットに入ったワグナーをデュプリめがけてボディースラムで投げ、デュプリにチョークスラム狙うが、逃れたデュプリはドロップキックで場外へ追いやると、デュプリのホイップでワグナーがトペスイシーダを発射も、ワグナーも足を痛めてしまう。

 リングに戻ると清宮とデュプリが入り、アンチェインズは同時パワースラムで反撃、ワグナーに合体チョークスラム、清宮がクロスボディーでデュプリを排除、谷口とワグナーがラリアットの相打ちから、張り手のラリーも、ワグナーのラリアットを避けた谷口は頭突きを浴びせ、ラリアットを炸裂させる。

 谷口はチョークスラムを狙うが、サミングで逃れたワグナーは延髄斬りを浴びせる、しかし突進は谷口が頭突きで迎撃すると、チョークスラムからマイバッハプレスで3カウントを奪い、アンチェインズは1勝1敗に持ち込んで決勝進出に望みを繋ぐ。

 メインのBブロック公式戦、マッスルタフネスを降して白星発進した杉浦軍(杉浦&シュレッグ)は、反選手会同盟に敗れて黒星発進したAXIZ(潮崎&中嶋)と対戦。
 先発で出た潮崎と杉浦が逆水平とエルボーを激しく打ち合うが、中嶋vsシュレッグになると、シュレッグはタックル狙いは中嶋が下がって逃れ、フィンガーロックは中嶋が応じず、シュレッグは再度タックル狙いは中嶋が下がってローキックを浴びせるなど、シュレッグのペースに付き合わず、焦れたシュレッグは座り込んで挑発すると、中嶋も座り込んで応じ、シュレッグが立ち上がろうとすると中嶋はキックで強襲をかける。

 これに怒ったシュレッグは中嶋に強烈なボディースラムを連発すると、ショルダータックルから腕十字狙いは、中嶋は丸め込んで逃れたが、シュレッグはヒールホールドで捕えると、中嶋はたまらずロープに逃れると、シュレッグはスリーパーで絞めあげる。

代わった杉浦も、意識朦朧の中嶋に杉浦がストンピングからキャメルクラッチで捕らえてから集中攻撃も、杉浦の突進を中嶋がキチンシンクで迎撃すると、潮崎に代わり、潮崎は杉浦のビックブーツを避けてフライングショルダーを発射、串刺し手刀からマシンガンチョップも、体を入れ替えた杉浦はマシンガン鬼エルボーで応戦すれば、潮崎はマシンチョップで返し、串刺しでのランニング手刀を浴びせる。

 潮崎はフィッシャーマンズバスターを狙うが、杉浦が前落としで返すと、串刺しニーから雪崩式ブレーンバスターで投げてから、逆エビ固めで捕えるが、中嶋がカットに入り、杉浦はランニングニーも潮崎は逆水平を浴びせ、杉浦のエルボーとラリーとなって激しい打ち合う。

潮崎のローリング袈裟斬り狙いをビンタで迎撃した杉浦はジャーマンも、潮崎もジャーマンで返して逆水平を浴びせ、杉浦が鬼エルボーの連打で応戦も、潮崎がカウンターの豪腕ラリアットを炸裂させる。
 中嶋vsシュレッグに代わり、中嶋が低空ドロップキック、延髄斬りからコーナーに押し込んで無観客でシャッターチャンスタイム、シュレッグのビンタを避けてミドルキックでシュレッグがダウンする。

、潮崎が入ってトレイン攻撃狙いはシュレッグがショルダータックルで迎撃すると、杉浦が入って中嶋にエルボーのサンドバックタイムから、シュレッグがバックドロップで叩きつけるも、ジャーマン狙いは中嶋がアンクルホールドで切り返してからSTFへ移行する。

杉浦がカットに入り、中嶋に鬼エルボーの連打も、シュレッグとのトレイン攻撃は中嶋は杉浦をレッグシザースで倒してターンバックルを蹴り上げ、シュレッグにトラースキックを炸裂させて阻止する。
ここで潮崎が入るとAXIZが逆水平、ミドルキックのサンドバックタイム、トラースキック&フィッシャーマンズバスターでシュレッグを蹂躙する。

中嶋はPKを狙うが、シュレッグがキャッチすると、中嶋のトラースキックが炸裂し、中嶋は前後からのサッカーボールキック、PK、バーティカルスパイクと必勝パターンに持ち込んで3カウントを奪い、AXIZも1勝1敗となって決勝戦進出に望みを繋いだ。杉浦軍はスタミナに難があるシュレッグを長く戦わせ過ぎたのが敗因となった。

 これで両ブロック全チームが1勝1敗で同点となり、最終公式戦を迎える。果たして優勝決定戦に進出するのは…?

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。