時が動き出すのはもうすぐ…ハロルド・メイ社長がYouTubeでメッセージを発表


新日本プロレスのハロルド・ジョージ・メイ社長がファン向けにメッセージをYou Tubeで配信、今後の活動方針など語った。

なぜ新日本が他団体が無観客試合を行っているにも関わらず、未だ新日本が無観客試合を実施しなかった理由を明かし

①選手・スタッフの感染リスクを避けるため
②会場の使用許可
③企業の社会責任

を挙げ、②と③に関しては新日本の場合だと他団体で使用している会場規模では済まされないことから、当然後楽園ホールクラスでないと難しいというものもあるが、肝心な都内の会場は営業自粛中、また常設会場を持っていないのも大きなネック、③は3月にK-1が行政の自粛要請にも関わらず強行開催したことで、社会的な問題になったことから、下手に新日本が動くと社会的信用にも関わってくる。それだけ新日本が大きな団体になってしまったということなのかもしれない。

今後に関しては「政府の緊急事態宣言が解除され、新規感染者数の減少など感染状況が下降局面に入り、リスクが低下、健康観察や消毒などあらゆる予防策により、プロレスが出来ると判断したら、再開の第1歩として無観客試合の開催を検討しております」と見解を出した。

国内では39都道府県が14日をもって緊急事態宣言解除の方針で、東京と大阪も21日に解除するか判断するという。

他団体と比べて時が止まった状態が進んでいるが、時が動き出すのはもうすぐかもしれない。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。