ブラックピーチ・渡辺桃誕生!怪覆面の黒幕はジュリアだった!


12月25日 スターダム「STARDOM YEAREND CLIMAX 2021」後楽園ホール 725人超満員札止め
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 15分1本勝負>
〇羽南(6分49秒 足取りエビ固め)×フキゲンです★
※あと一人は白川未奈

<第2試合 15分1本勝負>
〇ひめか レディ・C(8分44秒 体固め)琉悪夏 ×吏南
※ラリアット

<第3試合 20分1本勝負>
岩谷麻優 葉月 〇コグマ(11分32秒 片エビ固め)中野たむ 桜井まい ×月山和香
※ダイビングボディープレス

<第4試合 ザ・サブミッション・アーツ 20分1本勝負>
〇朱里 小波(14分48秒 白虎)舞華 ×ウナギ・サヤカ

<第5試合 因縁沸騰!ブラック・ピーチ初見参 30分1本勝負>
渡辺桃 スターライト・キッド 〇鹿島沙希(19分34秒 起死回生)林下詩美 上谷沙弥 ×AZM

12・19大阪で桃自らクイーンズクエストを裏切って大江戸隊入りを果たしたことを受けて、後楽園大会では大江戸隊入りした桃が髪を黒に染め、コスチュームも黒で統一するなどイメージを一新して登場する。
試合は大江戸隊が奇襲で開始となり、場外戦に持ち込み、リングに戻るとAZMを捕らえて試合をリード、桃はパートナーだったAZMにサッカーボールキック、コーナーパットで殴打と徹底的に痛めつける。
長時間捕まったAZMは鹿島にドロップキックから詩美に代わり、詩美はキッドもまとめてドロップキックを放つが、鹿島はコルタバからフロントキックで反撃、代わった桃がミドルキックの連打も、串刺しは避けた詩美が串刺しエルボーからミサイルキックを命中させ、代わった上谷は串刺しエルボーもドロップキックは自爆すると桃はミドルキックを浴びせる。
代わったキッドは上谷にロープ越しでコードブレイカーも、上谷はバク転からドロップキックで反撃し、逆エビ固めで捕らえるがキッドはロープエスケープする。
ここで大江戸隊が連係で上谷を捕らえるとキッドはキッチャーマンスープレックスホールド、しかしトップコーナーは上谷がデットリードライブで落とすとクイーンズクエストが連係でキッドを捕らえ、上谷がその場飛びムーンサルトプレスからノーザンライトスープレックスホールドを決める。
AZMvs桃に代わると、桃がドロップキックに対して、AZMがエルボーの連打、追尾エルボーの応酬も桃が一撃を浴びせ突進するが、はQQがトリプルドロップキックからAZMが脇固めで捕らえる。
しかし読み合いになると桃がPKを浴びせてから串刺しドロップキック、フェイントからミドルキック、ブレーンバスターと畳みかけ、代わった鹿島が串刺しニー、フェースバスターから大江戸隊がトレイン攻撃から連係でAZMを捕らえ、鹿島がダブルアームスープレックスホールドからダブルアームフェイスバスターも、しかし詩美と上谷が入って鹿島にダブルバックドロップで投げ、場外戦で上谷がスワンダイブプランチャを命中させる。
詩美の援護を得たAZMはアメインストストームで捕らえるが、鹿島はロープエスケープし、AZMは突進も避けた鹿島が起死回生で丸め込むが、詩美がカットに入るとクイーンズクエストが鹿島にトリプルミサイルキックからAZMがダイビングフットスタンプを投下する。
桃がカットに入ると各選手が乱戦になるが、AZMはあずみ寿司で丸め込むと桃がカットには入り、AZMは桃にバスソーキックから突進するが、桃が「AZMちゃん…」と呼びかけたところで、AZMが急停止すると、桃がハイキックから鹿島が起死回生で3カウントを奪い、大江戸隊が勝利を収めた。
試合後の大江戸隊はAZMを袋叩きにして制裁すると、キッドは桃の大江戸隊入りを改めて歓迎し、敗れたAZMをあざ笑い、桃も大江戸隊に大満足して引き上げるも、詩美は怒りをあらわにして桃制裁をアピールした。
ブラックピーチ化した桃だが、これまでクイーンズクエストというものを率いていかなければならなかったという反動がモロに出て、すっかり弾けて大江戸隊に馴染んでしまったようだ。敗れたクイーンズクエストは妃南が欠場のため、現状のメンバーは3人だけとなったことで立て直しを余儀なくされそうだ。

セミファイナルでは年内いっぱいで退団が決まった小波が師匠である朱里とタッグを結成し、舞華&ウナギと対戦、試合もタッチワークを駆使した師弟タッグがウナギを捕らえて試合をリードする。
ウナギと小波がエルボーのラリーになると、ウナギが連打からビンタを浴びせ、小波もねらうがガードしたウナギがビンタを放つが、突進は朱里が阻止すると連係でウナギを捕らえ脇固め、裏拳、フィッシャーマンススープレックスホールドと畳みかけ、代わった朱里がジョンウーから串刺しニー、ハーフラッチスープレックスと攻め込んでいく。
劣勢のウナギは朱里にコードブレイカーからレッグドロップで反撃すると、舞華が入り合体大ふへん者・斬を決めるが、朱里はウナギにミドルキックを連打を浴びせてから大外刈り、小波は舞華をミサイルキックを命中させる。
師弟タッグは連係を狙うが、ウナギが二人まとめてコードブレイカーから舞華が両腕ラリアットで反撃、ウナギはトップコーナーへ昇ると デットリードライブで落とした朱里がトップコーナーも、舞華が雪崩式ブレーンバスターで落としてから、ウナギが城門突破も、朱里はニーリフトから小波がジャーマンで投げる。
師弟タッグはウナギにサッカーボールキックのサンドバックタイムからサンドウィッチPK、朱里は山折りからランニングニーから白虎で捕らえ、小波は舞華をトライアングルランサーでセーブ、ウナギがギブアップで師弟タッグが勝利を収め、試合後は小波が対戦相手になってくれた舞華&ウナギに感謝を示すと、タッグを組んでくれた朱里にも感謝を示し、朱里も29日のジュリア戦に向けてエールを送って抱き合う。

第3試合ではSTARSが連係からコグマがダイビングボディープレスで月山を降し勝利も、試合後にこれまで何度も襲撃してきた怪覆面が3人になって増殖して現われ両軍を襲撃、敗れた月山を制裁する。
そして怪覆面の一人が覆面を取ると正体はジュリアで、残る二人はDDMのメンバーであることを明かすが、正体は来年までのお楽しみになり、全ユニットに向けて宣戦布告すると、最初の標的としてCOSMIC ANGELSに狙いを定めた。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。