1・4東京ドーム大会第1弾カード発表!内藤哲也が復帰!BEST OF THE SUPER Jr参戦選手&日程発表


11・6大阪大会を終えた新日本プロレスが会見を開き、1・4東京ドーム大会の第1弾カードとしてIWGP世界ヘビー級選手権試合(王者)鷹木信悟vs(挑戦者)オカダ・カズチカが正式決定した。

調印式には鷹木とオカダが出席して調印書にサイン、両者の間で舌戦となった。

そして調印式の後でG1 CLIMAX31で左膝を負傷し欠場していた内藤哲也が現われ、『WORLD TAG LEAGUE 2021』から復帰しSANADAとのコンビでエントリーすることを発表した『WORLD TAG LEAGUE 2021』出場チームは後日発表される。

そして13日から開幕する「BEST OF THE SUPER Jr.26」の出場選手が発表され、今年は1ブロック制で12選手がエントリーとなった。

今年は昨年出場したIWGPジュニアヘビー王者のデスペラード、前年度覇者のヒロムを始め、前IWGPジュニアヘビー級王者のロビー、田口、BUSHI、ワト、DOUKI、石森、SHOに加え、昨年出場できなかった金丸、ファンタズモ、YOHも加わることになった。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。