BADBOY非道


W☆INGなど各インディー団体を渡り歩き、FMWや大日本プロレスなどでデスマッチファイターとして活躍した非道(本名=高山秀男)さんが17日に死去ことが発表された、享年51歳。

非道さんはW☆INGでデビュー、邪道と外道に見いだされてリングネームを非道に改めるも、W☆ING崩壊後は新格闘プロレスやWARを経てFMWに参戦、この頃に工藤めぐみと知り合って結婚、ウイリー・ウイリアムスと対戦して敗れた際にはリングネームをウイリー高山に一時的に改名したことがあった。

FMW退団後はリングネームをBADBOY非道に改め、大日本プロレスやアパッチプロレス軍にもデスマッチファイターとして参戦、2006年には新日本プロレスにも参戦して獣神サンダー・ライガーとも対戦した。

2007年ごろには肝機能障害で欠場することが多くなり、スポット参戦ながらレスラー活動を継続するも、近年は闘病中だったのか、レスラーとしてはほとんど活動していなかった。

ご冥福をお祈りいたします

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。