山下は粘る上福を、瑞希は魅星に苦戦も破り準々決勝に進出!


7月24日 東京女子プロレス「東京プリンセスカップ」新木場1stRING 142人超満員札止め
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 20分1本勝負>
乃蒼ヒカリ 〇らく 原宿ぽむ 鈴芽(13分37秒 片エビ固め)伊藤麻希 小橋マリカ 桐生真弥 ×鳥喰かや
※ドクターイエロー

<第2試合 3WAYマッチ 15分1本勝負>
〇ハイパー・ミサヲ(8分14秒 変形十字架固め)×遠藤有栖
※あと一人は角田奈穂

<第3試合 20分1本勝負>
中島翔子 天満のどか 〇宮本もか(15分12秒 羅生門)辰巳リカ 渡辺美詩 ×荒井優希

<第4試合 「 東京プリンセスカップ」トーナメント2回戦 時間無制限1本勝負 >
〇愛野ユキ(7分22秒 体固め)×猫はるな
※ヴィーナスDDT

<第5試合 「 東京プリンセスカップ」トーナメント2回戦 時間無制限1本勝負 >
〇瑞希(12分45秒 キューティースペシャル)×舞海魅星

<第6試合 「 東京プリンセスカップ」トーナメント2回戦 時間無制限1本勝負 >
〇山下美優(11分35秒 体固め)×上福ゆき
※ScullKick

https://twitter.com/tjpw2013/status/1418823926189379584

「東京プリンセスカップ」も2回戦へ突入し、メインでは山下がシードの上福と対戦、、上福がロープに押し込んでエルボーは山下がローキックで迎撃してミドルキック、ソバット、ミドルキック、スクリューキックと立て続けに浴びせていく。

山下は脇固めは上福がロープエスケープし、エルボーの連打から側転狙いはキャッチした山下が山折りからボディーシザースで搾り上げ、サッカーボールキック、前後からサッカーボールキック、腹部へストンピングと上福を圧倒する。
山下はハイキックを狙うが、避けた上福がビックブーツを浴びせ、トップコーナーに抵抗する山下を強引にセットしてドロップキックで場外へ落とし、エプロンに上がった山下にドロップキックでまた場外へ落とすなど、リングアウト狙う。
山下は別方向から戻ったところで上福が卍固めも、逃れた山下はワンハンドバックブリーカーで返し、エルボーのラリーでは山下が連打、上福のビンタも避けてキックも、キチンシンクから突進は上福がビックブーツで迎撃し。しかしブレーンバスター狙いは山下がニーで阻止してから三角蹴りを命中させる。
山下はアティテュード・アジャストメントを狙うが、サミングで阻止した上福が卍固めで捕らえ、フェイマサーからもう1度フェイマサーを狙い、山下が逃れても上福がドロップキックを命中させてから卍固めで捕らえて、山下がロープエスケープする。
山下のローキックをキャッチした上福はビンタからダブルチョップも、山下はハイキックを炸裂させると、スカルキックを炸裂させて3カウントを奪い準々決勝に進出、前半からリードしまくった山下に上福は追い上げたが、スカルキックで上福を振り切った。

セミファイナルではシードの瑞希に魅星が挑み、魅星は瑞希をコーナーに押し込んでブレークも、魅星はショルダータックル、ボディースラムを連発して先手を狙うが、瑞希はドロップキックで反撃して魅星の左腕へフットスタンプを投下、コーナーに押し込んで踏みつけ、首投げからサーフボードストレッチと腰攻めも、魅星はロープエスケープするが、瑞希は魅星の左腕を踏みつける。

魅星をエプロンへ出した瑞希はドロップキックで場外へ出してエプロンからフットスタンプを投下も、リングに戻ると魅星はフェースバスター、ショルダータックルを連発で反撃、串刺しエルボーからショルダータックルを浴びせてドロップキックを狙ったが、は払い落とした瑞希はクロスフェースで捕らえる。
瑞希は逃れた魅星の背中へドロップキック、フットスタンプと畳みかけるが、セカンドコーナーからのフットスタンプを避けた魅星はボディースラムからミラマーレ狙いは瑞希はロープエスケープし、エルボーのラリーも、ガードした魅星はスタンディング式ミラマーレで捕らえる。
しかし瑞希が丸め込むとクロスフェースで捕らえて、魅星は必死でロープエスケープ、瑞希は座り込んだ魅星にドロップキック、そしてトップコーナーからのダイビングクロスボディーを狙ったが、魅星はラリアットで迎撃するとミラマーレで捕らえて追い詰めるが、瑞希は必死でロープエスケープする。
魅星ははラリアットを連発するが、瑞希がドロップキックで迎撃し、カサドーラ式フットスタンプからキューティースペシャルで逆転3カウントで準々決勝に進出、準々決勝では山下と対戦することになった。魅星も瑞希を追い詰めたが、首の皮一枚破れないまま打つ手がなくなってしまったところを瑞希に付け込まれてしまった。

第4試合の愛野vsシードの猫は、ロープワークでは愛野がショルダータックル、猫の引っ掻きも阻止した愛野はキックと先手を奪う。

猫はエルボーの連打も愛野が串刺しエルボーを連発で返してから三沢式フェースロックで捕らえ、猫はロープエスケープする。愛野はボディースラムを狙うが、逃れた猫に愛野がショルダータックルからのセントーンは自爆すると、愛野の顔面を引っ掻いた猫はランニング・ネッコブリーカー・ドロップから再び愛野の顔面を引っ掻く。
猫はランニング引っ掻きもバックエルボーからの突進は、愛野がショルダータックルで迎撃してからセントーン、ダイビングショルダー、サイドスープレックスと畳みかけ、ヴィーナスDDT狙うが、丸め込んだ猫が猫缶ラニャ、ネコードブレイカー、ダイビング・ネッコブリーカー・ドロップと返す。
猫は再度ネコードブレイカーを狙うが、愛野が叩きつけるとブルドッキングヘッドロックからヴィーナスDDTで3カウントを奪い準々決勝に進出、準々決勝では未詩と対戦することになった。

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。