一騎当千DeathMatch Survivor開幕!デスマッチ王者の塚本が勝俣を降して白星発進!


3月3日 大日本プロレス「一騎当千DeathMatch Survivor~開幕戦」新木場1stRING 95人
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 15分1本勝負>
〇橋本大地 橋本和樹(10分19秒 STF)河上隆一 ×加藤拓歩

<第2試合 20分1本勝負>
〇岡林裕二 関札皓太(10分45秒 アルゼンチンバックブリーカー)伊東竜二 ×バラモン・ケイ

<第3試合 20分1本勝負>
〇中之上靖文 野村卓矢(11分31秒 体固め)菊田一美 ×青木優也
※ダイビングエルボードロップ

<第4試合 凶器持ち込み6人タッグデスマッチ 30分1本勝負>
宮本裕向 神谷英慶 〇石川勇希(10分36秒 体固め)星野勘九郎 ×兵頭彰 ドリュー・パーカー
※ブロックの上へ変形ノーザンライトボム

<第5試合 一騎当千DeathMatch Survivor~Aブロック公式戦 蛍光灯200本デスマッチ 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇高橋匡哉(12分26秒 源之助崩し)【1敗=0点】×アブドーラ・小林

<第6試合 一騎当千DeathMatch Survivor~Bブロック公式戦 有刺鉄線ボード+αデスマッチ 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇塚本拓海(15分58秒 片エビ固め)【1敗=0点】×勝俣瞬馬
※ずどん

大日本プロレス「一騎当千DeathMatch Survivor~」が開幕し、メインではBブロック公式戦としてデスマッチ王者としてエントリーした塚本がDDTからリーグ初参戦を果たした勝俣と対戦、試合形式も有刺鉄線ボード+αデスマッチということでリングには有刺鉄線ボード2枚、レゴ入りケース、一斗缶、リングと鉄柱には風船がセットされた。
開始から勝俣はバックを奪ってからグラウンドも、逃れた塚本はリングの上にある風船を割りまくる。勝俣は突進すると、塚本は有刺鉄線ボードを倒して急停止させ、有刺鉄線ボードに勝俣を直撃させようとするが勝俣はスライディングで場外へ逃れる。
塚本は追いかけるが、勝俣が捕まえると塚本の耳元で風船を割りまくり、鉄柱にセットされた風船に直撃させてからプランチャを命中させ、有刺鉄線ボードをエプロンにセットして塚本の額をこすり、再び鉄柱の風船に直撃させる。
リングに戻ると勝俣は有刺鉄線ボードをサードロープにセットしてのブレーンバスターを狙うが、切り返した塚本が有刺鉄線ボードめがけてボディースラムで投げ、有刺鉄線ボードを割って勝俣を挟んでサンドウィッチにすると、勝俣の口に有刺鉄線を巻きつけて絞めあげる。
塚本は勝俣を有刺鉄線ボードへの首投げからキャメルクラッチ、勝俣の背中に有刺鉄線ボードをセットしてイスでフルスイングするが、イスでの殴打は勝俣が避けると三角飛びドロップキック、チンクラッシャーからレゴ入りケースへDDTで反撃し、レゴ入りケースを塚本に投げてリングをレゴまみれにするとXファクターを決める。
勝俣は塚本をイスに座らせてレゴバットでフルスイングを狙ったが、塚本がレゴ入りバットを奪って捨て、セットされたイスへ勝俣をフィッシャーマンズバスター、勝俣に有刺鉄線ボードをセットしてのスマイルスプラッシュと畳みかける。
塚本は一斗缶を並べてセットすると、その上へオキャノンボムを敢行し、セカンドコーナーに有刺鉄線ボードをセットするが勝俣がスーパーキックから有刺鉄線ボードにアスタラビスタを決めると、有刺鉄線プロテクターを装着してコーナーへ昇り、追いかけた塚本の口にクラッカーを連発してから蛍光灯束でフルスイングして、中からまたレゴが出てきてばら撒かれる。
勝俣はレゴの上へアウフグースからストゥーカスプラッシュを投下したが、塚本が剣山で迎撃し、勝俣はナックルから突進は塚本がドロップキックで迎撃して、勝俣にプロテクターを装着してからのずどんは勝俣が丸め込むも、キックアウトした塚本はボディースラムから勝俣の頭に一途を被せると、そのままでずどんを決めて3カウントを奪い、白星発進に成功した。

セミファイナルではAブロック公式戦としてアブ小と高橋が対戦。ロックアップから高橋がアブ小をロープの蛍光灯にクラッシュさせれば、アブ小も高橋を2度に渡ってクラッシュさせる。高橋はドロップキックを放つと、蛍光灯で殴打してから切っ先で額をえぐる。
高橋は蛍光灯頭突きもアブ小も蛍光灯頭突きで応戦し、互いに蛍光灯頭突きでラリーを繰り広げ、アブ小が地獄突きから2本重ね、3本重ねと蛍光灯頭突きを浴びせれば、4本重ねにも挑戦し、切っ先で高橋の額をえぐる!
アブ小は蛍光灯を3本重ねにして袈裟斬りを浴びせれば、高橋の背中に3本重ねで蛍光灯頭突きを浴びせると、切れた高橋の背中を引っ掻いてから、蛍光灯盛りを作ってボディースラムを狙うが、高橋がサミングで逃れると逆にボディースラムで投げ、破片まみれのリングに炎のコマで回転し、アブ小の背中に蛍光灯束をセットしてエルボーを浴びせる。
高橋はTシャツを脱ぐとアブ小の首にかけてキャメルクラッチで捕らえ、逃れたアブ小はウエスタンラリアットからカモイエを炸裂させるが、バカチンガーバカエルボーwith蛍光灯束は自爆すると、高橋が蛍光灯を投げつけるがアブ小は背中で受けて突進するも、キャッチした高橋は一本背負いで投げる。
高橋は蛍光灯束でアブ小をフルスイングし、蛍光灯を並べてセットしてから頭突きの連打も、アブ小も蛍光灯を並べる。高橋は頭突きからジャックハマーを狙うが、アブ小が蛍光灯の上は河津掛け、無数の蛍光灯を投げてからヘビーローテーションを決めるが、地獄突きからダイビングバカチンガーエルボーは自爆してしまう。
高橋は左右エルボーからエルボーの連打、突進するとアブ小の源之助クラッチを狙ったが、高橋が丸め込んで3カウントを奪い、裏をかかれたアブ小は呆然とせざる得なかった。

メインは蛍光灯抜き、セミは蛍光灯をふんだんに使うなど、塚本の世界観と大日本の世界観のぶつかり合いとなったが、「一騎当千DeathMatch Survivor~」も二つの世界観のぶつかり合いもテーマとなるのか、そして誰が優勝を果たすのか?

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。


コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。