COSMIC ANGELSが絶体絶命からの大逆転でSTARSから独立を勝ち取った!


12月20日 スターダム「スターダム10周年記念イヤー夢の祭典~プロローグ~OSAKA DREAM CINDERELLA」エディオンアリーナ大阪 1027人
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 フューチャー・オブ・スターダム選手権試合 3WAYマッチ 15分>
【挑戦者】〇飯田沙耶(8分19秒 片エビ固め)【挑戦者】×上谷沙弥
※垂直落下式ブレーンバスター あと一人は【第3代王者】舞華
☆舞華が3度目の防衛戦に失敗、飯田が第4代王者となる

<第2試合 15分1本勝負>
〇小波 刀羅ナツコ(7分5秒 トライアングルランサー)里歩 ×ルアカ

<第3試合 DDMvs大江戸隊タッグマッチ 20分1本勝負>
〇ひめか なつぽい(11分5秒 エビ固め)ビー・プレストリー ×鹿島沙希
※ランニングパワーボム

<第4試合 ハイスピード選手権試合 30分1本勝負>
【第19代王者】〇AZM(10分31秒 横入り式エビ固め)【挑戦者】×星月芽衣
☆AZMが3度目の防衛に成功

<第5試合 アーティスト・オブ・スターダム選手権試合 イリミネーションマッチ 30分>
【第25代王者組】中野たむ 〇白川未奈 ウナギ・サヤカ(15分22秒 片エビ固め)【挑戦者組】岩谷麻優 スターライト・キッド ×ごきげんです☆彡
※GSS
☆COSMIC ANGELSが初防衛に成功。
①〇ごきげん(7分20秒 後方回転エビ固め)×ウナギ
②〇キッド(10分24秒 タイガースープレックスホールド)×中野
③〇白川(11分42秒 オーバー・ザ・トップロープ)×岩谷
④〇白川(12分54秒 オーバー・ザ・トップロープ)×キッド

ワンダー・オブ・スターダム選手権、ワールド・オブ・スターダム選手権はこちら↓

スターダム大阪府立大会の第4試合でアーティスト・オブ・スターダム王座をかけてCOSMIC ANGELSが岩谷&キッド&ごきげんのSTARSの挑戦を受けた。COSMIC ANGELSはSTARSから独立を宣言はしたものの、STARSのリーダーである岩谷が猛反発したことから、ベルトをかけた試合だけでなく、COSMIC ANGELSがSTARSからの独立もかけられることになった。
試合形式はイリミネーションマッチで行われるが、STARSは開始から中野を捕らえて試合をリードも、中野が岩谷とごきげんにDDT&リバースDDTで反撃してから白川とウナギが入って、COSMIC ANGELSが入って場外のSTARSに合体プランチャ、代わった白川がてキッドにフライングクロスチョップからロメロスペシャルで捕らえ、ごきげんがカットに入って連係狙いもウナギが阻止して白川が両腕ジャンピングネックブリーカー決めるなどして試合の流れを変える。
キッドは白川にアームホイップからスライディングキックでで反撃すると、代わったウナギはビックブーツもごきげんは地獄突きからセントーンを投下するが、ブレーンバスターは投げ返される。ウナギはごきげんにサイドバスター、コーナーからマッドスプラッシュを投下してから大ふへん固めを狙うが、逃れたごきげんが逃れて丸め込み3カウントでウナギが脱落しSTARSが先手を奪う。
キッドは中野にコルタバから岩谷が入ってダブル619、ムーンサルトプレス、ブリザードスープレックスからSTARSが岩谷がキッドを肩車しての肩車式ダイビングクロスボディーを浴びせるが、中野はバックドロップで反撃すると、白川が入ってエルボー&トラースキック、中野はディスティニーハンマーからジャーマンを狙うが、キッドが着地してタイガースープレックスホールドで3カウントを奪い、中野が脱落してCOSMIC ANGELSは白川だけとなってしまう。
STARSは孤立した白川を捕らえ、岩谷とキッドが再び肩車式クロスボディーを狙うが、阻止した白川が岩谷をトップロープからエプロンへ出すと、スライディングキックで岩谷が場外へ転落しOTTRで脱落し、白川はキッドにはインプラントDDTからGSSを決め、串刺しを狙うキッドをトップロープからエプロンへ追いやり、スライディングキックで場外へ落としてキッドは脱落する。
リング内は白川とごぎげんだけとなり、白川はごきげんに河津落とし、ドロップキックで攻め込んだがGSS狙いはごきげんが逃れて丸め込むも白川が潰す。白川は空中胴絞め落としはごきげんが丸め込むが白川が裏拳を浴びせると、トップロープからヒップドロップからGSSで3カウントを奪い、COSMIC ANGELSは絶体絶命から大逆転で王座防衛した。
試合後に中野は「コズミックエンジェルズは今日勝ったことで、ここに宣言します。私たちはSTARSを脱退して、きょうから新しいユニットとしてスタートします!」と改めて独立を宣言すると、敗れた岩谷は「オマエがそう決めたなら自分は潰すだけ」と独立は認めつつ潰すと断言し、キッドも飯田を加えての再戦をアピールした。
やっと独立を勝ち取ったCOSMIC ANGELSだったが、最初にウナギ、次に中野と脱落して白川が孤軍奮闘という大苦戦の末で勝ち取った独立だった。正式に動き出したCOSMIC ANGELSは果たしてスターダムの頂点に立つことが出来るか?

ハイスピード選手権には王者のAZMにセンダイガールズで「じゃじゃ馬トーナメント」に優勝したマーベラスの星月が挑戦、星月がローキックでAZMをセカンドロープにセットすると、エプロンからドロップキックを浴びせてからドロップキックを乱打、AZMのハイキックを避けてエルボーもAZMも打ち返してラリーになると、AZMが制してコーナーへ飛び乗ったが星月が場外へ突き落としてからドロップキックを狙うが自爆すると、AZMがエプロンからPKを亜飛せる。
リングに戻るとエプロンから首を出した星月にヘデックからブレーンバスターも、ダイビングフットスタンプは避けた星月は丸め込み、星月は突進するとAZMが脇固めから羽折り固め、腕十字へ移行し、ボディースラムからダイビングフットスタンプを投下する。
AZMが脇固めも星月が丸め込み合戦に持ち込み、AZMがあずみ寿司も星月はカウント2でキックアウト、AZMは逆さ押さえ込みも星月が丸め込む、AZMはジャパニーズレッグロールクラッチも星月が外道クラッチで丸め込むなど。!息をつかせない丸め込み合戦となるが、AZMが丸め込んで3カウントを奪い王座を防衛した。

第1試合のフューチャー・オブ・スターダム選手権3WAY戦は、上谷は舞華にフェニックススプラッシュを狙うが、舞華が阻止して雪崩式ブレーンバスターで投げると山茶華をきめるが飯田がカット、飯田はダブルチョップからコーナーも、舞華が雪崩式ブレーンバスター狙いは飯田が頭突き阻止して雪崩式サンセットフリップボムを敢行、上谷にはノーザンライトスープレックスを狙う。
逃れた上谷はバイシクルキックも、飯田はノーザンライトスープレックスホールドからダイヤモンドダストを決め、垂直落下式ブレーンバスターで3カウントに成功、舞華は負けないまま王座から転落した。

https://twitter.com/mei_marvelous/status/1340672469753974784

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。