シュンvsBen-Kの運命の対決は衝撃的な結末に…


12月20日 DRAGON GATE「THE FINAL GATE2020」福岡国際センター 1855人
(試合内容は実況ツイートより、画像はDRAGON GATE NET WORKより)

敗者ユニット解散マッチ、ツインゲート、ブレイブの結果はこちら↓

<第8試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合 60分1本勝負>
【第32代王者】〇シュン・スカイウォーカー(24分35秒 片エビ固め)【挑戦者】×Ben-K
※スカイウォーカームーンサルト
☆シュンが初防衛に成功。

DRAGON GATE今年最後のビックマッチが福岡で開催され、メインでは新ドリーム王者となったシュンがかつての盟友であるBen-Kを相手に初防衛戦を行った。
序盤は互いに出方を伺うも、ぶつかり合い、Ben-Kが突進、シュンはリーブロックもBen-Kはキャッチ、そこから読み合いとなるとシュンがドロップキックでBen-Kを場外へ落としトペスイシーダを狙ったが、リングに戻ったBen-Kがトペ狙いはBen-Kが戻ってショルダータックルで迎撃する。
シュンはエルボーの連打に対してBen-Kはニーリフトで返すと、滞空式ワンハンドブレーンバスターから串刺しショルダーを浴びせ、串刺しスピアーから再度串刺し狙いはシュンが迎撃し、Ben-Kの串刺しスピアーを避けてコーナーに直撃させ、場外に逃れたBen-Kをリングに戻したシュンは左肩を固めるジャベで捕獲し、串刺しエルボー、シュンはバックハンドエルボーからエルボードロップ、メキシカンストレッチで捕獲と試合の流れを変える。
Ben-Kのエルボーもシュンも返してラリーとなり、Ben-Kのバックドロップを切り返してコーナーからダイブもキャッチしたBen-Kはフロントスープレックスで投げ、バックドロップからミサイルキックを連発する。
Ben-Kはパイルドライバー狙いもシュンが堪え、突進はシュンがキャッチしてリバースネックブリーカーの体勢からジャイアントバックブリーカーで背骨を捕らえ、シュンはブラスターはBen-Kはリバースするが、シュンは切り返しからブラスターを決める。
シュンはロックボトムを狙うが、Ben-Kが堪え、シュンがモンキーホイップ、串刺しバイシクルキックから雪崩式狙いは、Ben-KがBen-Kクラッシュから断崖式Ben-Kリフトを狙うも、阻止したシュンが頭突きで阻止、雪崩式ブレーンバスター狙いも下から潜ったBen-Kはターンバックルへパワーボムで叩きつけるが、Ben-Kは額が割れて流血する。
それでもBen-Kはラリアットを狙うが、避けたシュンはクレイモアキックを炸裂させ、その場飛びムーンサルトダブルニー、スカイウォーカームーンサルトを避けたBen-Kは着地したシュンにスピアーを炸裂させる。
エルボーのラリーはBen-Kが制して、シュンのバイシクルキックを避けてスピアーを狙ったが、シュンがキャッチしてバックの奪い合いからBen-Kがドラゴンスープレックス、そしてジャーマンスープレックスホールドを決めたが、シュンはカウント2でキックアウトする。
Ben-KはBen-Kボムを狙うが切り返したシュンはBTボムを決め、スカイウォーカームーンサルトを投下するがBen-Kが剣山で迎撃、そしてBen-Kはスピアーもシュンがエルボーで迎撃すると、その場飛びムーンサルトダブルニーを連発してからスカイウォーカームーンサルトを投下するが、Ben-Kがカウント2でキックアウトする。
シュンはSSWを狙いにBen-Kを起こそうとするが、Ben-Kは意識が飛んでいるのか起き上がれず、シュンはスカイウォーカームーンサルトで3カウントを奪って王座を防衛した。
ところがBen-Kは意識はあるものの起き上がれないため、リング内に担架が持ち込まれ、セコンドがコルセットでBen-Kの首を固定、担架でバックステージまで搬送された。
そしてリングに残ったシュンはマイクで王座防衛をアピールすると「マスカレードの面々と共にDRAGON GATEの新しい景色を見せる!まだまだ止まらない!このリングをまだまだ輝かせて見せる!2021年ももっと盛り上げる!」とアピールして締めくくった。
終盤でのBen-Kのハプニングには驚いた。間違いなくBen-Kがスピアーを狙った際にシュンがカウンターエルボーで迎撃したが、Ben-Kの顎をまともに捕らえていたことから、この時点でおそらくBen-KはKO状態だったと思う。シュンの最初のスカイウォーカームーンサルトはキックアウト出来たが、これもBen-Kはほとんど無意識で返したと見ていいだろう。シュンはSSWを狙いに起こそうとしたがBen-Kが起き上がれないため、フィニッシュをスカイウォーカームーンサルトに切り替えたが、このハプニングはシュン自体が一番驚いていただろう。
結果はどうであれBen-Kとの運命を対決を制したのはシュンであることには間違いない、2021年のDRAGON GATEはシュンを含めたマスカレードの面々が中心に立つのか…

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。