針地獄に勝った藤田は今年は王者として生き残る!岡林は神谷を圧殺


12月20日 大日本プロレス「Death Mania Ⅷ 2020」愛知・名古屋国際会議場イベントホール
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 15分1本勝負>
河上隆一 〇菊田一美(5分50秒 片エビ固め)橋本和樹 ×森廣祐基
※河上の肩上からのダイビングフットスタンプ

<第2試合 20分1本勝負>
〇橋本大地 影山道雄(8分26秒 STF)×加藤拓歩 兵頭彰

<第3試合 デスマッチ桶狭間の戦い 20分1本勝負>
〇伊東竜二 アブドーラ・小林 ”黒天使”沼澤邪鬼(10分29秒 体固め)×星野勘九郎 ドリュー・パーカー 石川勇希
※ドラゴンスプラッシュ

<第4試合 30分1本勝負>
CIMA T-Hawk 〇エル・リンダマン(11分22秒 ジャーマンスープレックスホールド)青木優也 関札皓太 ×佐藤孝亮

<第5試合 30分1本勝負>
〇関本大介 中之上靖文(10分32秒 片エビ固め)バラモンシュウ ×バラモンケイ
※ラリアット

<第6試合 BJW認定タッグ選手権試合 30分1本勝負>
【第50代王者組】〇野村卓矢 阿部史典(16分7秒 腕ひしぎ逆十字固め)【挑戦者組】×佐藤耕平 石川修司
☆野村&阿部が4度目の防衛に成功
次期挑戦者にドリュー・パーカー&クリス・ブルックスが名乗り

<第7試合 BJW世界ストロングヘビー級選手権試合 30分1本勝負>
【第17代王者】〇岡林裕二(18分13秒 片エビ固め)【挑戦者】×神谷英慶
※ゴーレムスプラッシュ
☆岡林が2度目の防衛に成功
次期挑戦者に中之上が名乗り

<第8試合 BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 針千本デスマッチ 30分1本勝負>
【第41代王者】〇藤田ミノル(24分52秒 エビ固め)【挑戦者】×宮本裕向
※変形SAYONARA
☆藤田が3度目の防衛に成功

毎年恒例の名古屋でのビックマッチが開催され、例年なら8月頃に開催されるはずが、今年は新型コロナの影響で12月にずれ込み、事実上2020年最後のビックマッチとなった。

メインは藤田の保持するデスマッチ王座に宮本が挑戦、ロープには二面とも有刺鉄線が張り巡らされ、画鋲ボードが設置された。
序盤は宮本がハンマーロックから藤田を有刺鉄線へ押し込むが藤田は逃れ、フィンガーロックの攻防で藤田が押し込むも、宮本はブリッジから押し返しリバーススープレックスで返す。再び藤田が押し込むも宮本が切り返して有刺鉄線に叩きつければ、藤田も有刺鉄線に叩きつけてやり返す。
ぶつかり合いは宮本が弾き倒すと。画鋲ボードをめがけて藤田の額をこすりつけ、額をこすりつけた状態のままで逆立ちさせ画鋲を額に押し付けると、今度は有刺鉄線へ前落としで藤田を吊りにするとになった藤田にドロップキックを命中させる。
宮本はバケツから無数の剣山をばら撒き、藤田を剣山めがけてボディースラムで投げると、画鋲ボードめがけてボディースラム狙いは、藤田が逃れて逆に画鋲ボードめがけて河津掛けも藤田自身も画鋲に刺さってしまう。
藤田は有刺鉄線ボードと鉛筆が差し込んであるブロックを持ち込むと、互いに鉛筆ブロックへ額を超す着けようとしたが互いに逃れ、藤田は鉛筆で宮本を殴打してから額を刺し、更に画鋲ボードめがけてDDTもまたしてみ自分の背中にも画鋲が刺さる。
藤田は突進するが、宮本は豹魔殺しで投げると、無数の毬栗が入っている籠を背負ってコーナーへ昇るが、籠から毬栗がこぼれて宮本の背中に刺さって動きが止まると、これを逃さなかった藤田がデットリードライブで落とし、ラリアットの応酬、エルボーのラリー、頭突き合戦、今度は互いに額に有刺鉄線を巻いてハチマキ状態にしてから頭突き合戦を繰り広げる。
今度は藤田が竹串の束を持ち出して宮本の頭を刺すと、宮本も竹串の束を持って藤田の頭を刺し、ぶつかり合いは藤田が制し、竹串を抜いた藤田はSAYONARA狙いは宮本が切り返すが、藤田がさらに切り返してSAYONARAで突き刺す。
藤田は画鋲を円を描くようにばら撒くと、その上へローリングクレイドルで大回転するが、宮本は竹串の束を持ち出し、コブラツイストで捕らえたままで藤田を頭を刺すしてから卍コブラで捕らえ、藤田は腰投げで逃れるたところで、宮本はウニの殻をばら撒く
宮本はウニめがけてボディースラム狙いは、藤田が宮本の腕へウニを刺して逃れると、ラリアットを連発してからロープへ振ったところで宮本はハンドスプリングを狙ったが有刺鉄線のロープだったこと忘れたのか直撃してしまい、それでも宮本はオーバーヘッドキックからファイヤーサンダーで突き刺す。
藤田に有刺鉄線をセットからムーンサルトプレスを狙うが、藤田が阻止して宮本をコーナーに宙吊りにすると、藤田はイスの上へ有刺鉄線を二段重ねにしてセットしてから雪崩式SAYONARAで二段重ねの有刺鉄線へ突き刺す。
藤田は串刺しエルボーからサムソンクラッチで丸め込んだが、宮本が丸め込んでからムーンサルトダブルニーを落とし、ラ・マヒストラルで丸め込み、藤田に串刺しを迎撃して打撃のコンポからニールキックを浴びせる。
宮本はムーンサルトプレスを投下するが、カバーしたところで藤田が丸め込みを連発、ラリアットは相打ちも藤田が制してから炎のスピアーを炸裂させ、最後は変形SAYONARAで3カウントを奪い王座を防衛した。
試合後は宮本とのシングルに初めて勝ったことだけでなく、「こんな泥くさいデスマッチ、カッコ悪いデスマッチはないでしょう!派手なのがデスマッチでじゃないでしょ!これだって立派なデスマッチなんだよ!」と叫んで締めくくったが、藤田のスタイルは泥臭いレスリングや丸め込みを持ち込んだものだが、それをデスマッチに用いたことで藤田なりのデスマッチスタイルを確立させている。
まず前門の宮本を降してが、1月2日には後門の狼・塚本拓海が控えている。2021年も藤田はデスマッチ戦線を突っ走るのか?

王者・岡林vs挑戦者・神谷のストロングヘビー級選手権は、神谷はぶちかましの連発で岡林を場外へ出すとスライディングキックから鉄柱攻撃、そして場外マットを剥がしてバックドロップ狙いは岡林が逃れ、突進する神谷を岡林が逆にフロア状態となった床にボディースラムで叩きつける。
リングに戻った岡林はラリアット狙いを狙うが、神谷が避けて再び場外へ追いやると、エプロンからフライングショルダーを命中させ、リングに戻って張り手、串刺しショルダータックル、ボディースラムからダイビングエルボードロップを連発して試合の流れを変える。
神谷はバックドロップを狙うが、岡林は体を入れ替えて浴びせ倒し、神谷は頭突きの連打も、岡林はパワースラムで叩きつけるが、パワーボムは神谷がリバースしてじゃらぶちかましを浴びせ、ブレーンバスターからストレッチプラムで捕獲する。
神谷は雪崩式ブレーンバスターを狙うが、切り返した岡林がアバランシュホールドを決めるがゴーレムスプラッシュは神谷が剣山で迎撃すると、突進は岡林がラリアットを連発して迎撃してカバーしようとするが、神谷がバックドロップで投げるも、岡林はカウント2でキックアウトする。
神谷はラリアットを連発するが、3発めは岡林がカマイタチで迎撃し、読み合いからラリアットを浴びせると、パワーボムからゴーレムスプラッシュで3カウントを奪い防衛、試合後は岡林が中之上を挑戦者に指名して1・2後楽園での選手権が決定する。

BJWタッグ選手権は王者の野村&阿部のアストロノーツ久々に結成された耕平&石川のツインタワーズの挑戦を受け、阿部vs耕平でスタートも、耕平が体格を生かしてグラウンドで捕らえ、阿部をボディーシザースで絞り上げ、野村vs石川になっても、石川からクリーンボーイと挑発された野村は怒ってビンタも、石川はビンタの連打で倍返しし。それでも野村が掌底の連打からミドルキックで食らいつくが、突進は石川がショルダータックル、重いエルボー、コーナーに押し込んでエルボーの連打、串刺しラリアットからジャイアントフットスタンプ。エルボーのラリーからニーリフトと野村を圧倒する。
石川は突進は野村はドロップキックで迎撃してからボディースラムで投げ、代わった阿部は石川にフランケンシュタイナーから回転浄土真宗で続くと、低空ドロップキックからお卍固めを狙うが、耕平が頭突きでカットして阿部は額を割って流血する。
阿部は石川相手にエルボーのラリーに挑むが石川が圧倒、伊良部パンチも石川がキャッチした閂のまま頭突きを浴びせ、、閂スープレックスから耕平に代わってミドルキックの連打からファルコンアローを決めるが、阿部は飛びつき腕十字で反撃すると、これで耕平が左腕を痛めたのか、代わった野村がショルダーアームブリーカーを連発、野村は耕平の左腕を蹴りまくり、阿部の低空ドロップキックの援護から野村が脇固めと耕平の左腕を集中小激して試合の流れを変える。
石川がカットに入ってアストロノーツに頭突きから両腕ラリアットを浴びせると、石川は阿部に地獄固め、耕平は野村に胴締めスリーパーで反撃、ツインタワーズは野村にダブルニーリフトも、阿部がシャイニングウィザードでカットに入り、石川に伊良部パンチを炸裂させ、野村と耕平がエルボーのラリーとなるが、耕平は重いエルボー、パイルドライバーで突き刺すも、野村はカウント2でキックアウトする。
そこで野村がファイヤーマンズキャリーで投げると、耕平の左腕を腕十字で捕らえ、耕平がギブアップとなって、アストロノーツが難敵ツインタワーズを降して王座防衛、試合後のバックステージではドリューが祝福するも、DDTのクリス・ブルックスとのタッグで王座挑戦をアピールして、30日の後楽園で選手権が決定となった。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。