これぞ新日本プロレスのジュニア!ヒロムが素の感情をぶつけデスペラードを降して優勝!


12月11日 新日本プロレス「WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27」日本武道館 3564人
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 30分1本勝負>
〇バットラック・ファレ チェーズ・オーエンズ 石森太二(5分53秒 グラネードランチャー)矢野通 SHO ×ロビー・イーグルス

<第2試合 30分1本勝負>
ウィル・オスプレイ グレート・O・カーン 〇ジェフ・コブ(10分45秒 片エビ固め)オカダ・カズチカ 棚橋弘至 ×トーア・ヘナーレ
※ツアー・オブ・ジ・アイランド

<第3試合 30分1本勝負>
〇鷹木信悟 SANADA(4分58秒 片エビ固め)EVIL ×高橋裕二郎
※ラスト・オブ・ザ・ドラゴン

<第4試合 30分1本勝負>
〇飯伏幸太 マスター・ワト(10分6秒 片エビ固め)内藤哲也 ×BUSHI
※カミゴエ

<第5試合 「WORLD TAG LEAGUE 2020」優勝決定戦 時間無制限1本勝負>
【リーグ戦2位】〇タマ・トンガ タンガ・ロア(22分15秒 エビ固め)【リーグ戦1位】×ジュース・ロビンソン デビット・フィンレー
※スーパーパワーボム
☆G.o.Dが「WORLD TAG LEAGUE 2020」初優勝

<第6試合 「BEST OF SUPER Jr. 27」優勝決定戦 時間無制限1本勝負>
【リーグ戦2位】〇高橋ヒロム(30分14秒 片エビ固め)【リーグ戦1位】×エル・デスペラード
※TIME BOMB2
☆ヒロムが「BEST OF SUPER Jr.」2度目の優勝

最終戦の武道館を迎えた「WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27」、メインイベント第2試合目で「BEST OF SUPER Jr. 27」優勝決定戦が行われ、1位で進出したデスペラードと2位で進出したヒロムが対戦、18日の後楽園で行われた公式戦ではデスペラードがヌメロドスでヒロムからギブアップを奪っており、今回は場所を武道館という大会場に移しての対戦となった。

序盤はグラウンドの攻防で互いの出方を伺うが、ヒロムがハンマーロックで捕らえ、ロープに逃れたデスペラードの頭部を踏みつけて挑発すると、張り手のラリーからヒロムが連打に対してデスペラードはサミングで返し、ヒロムのティヘラを狙うが、堪えたデスペラードがマフラーホールドで捕らえ、逃れたヒロムはエルボーの連打も突進したところでレフェリーを盾にしたデスペラードは低空ドロップキックを放ってから場外戦を仕掛けて鉄柵攻撃、コーナークッションを外して剥き出しコーナーを作り、リングに戻ってからヒロムを剥き出しコーナーに叩きつけてバックドロップ、ブレーンバスター、ボディースラムからヒロムの左膝へボディープレスと腰攻めから左膝攻めと切り替えて試合をリードする。
場外戦でもボディースラムからニークラッシャー、リングに戻って左膝へニードロップからヒップドロップ、インディアンデスロックで捕らえて、ヒロムがロープに逃れても転倒したフリして左膝へニードロップと徹底した左膝攻めで試合を進めるが、左膝への関節蹴りからブレーンバスター狙いは、ヒロムが着地してティヘラ、串刺しラリアットから顔面へ低空ドロップキックと左膝を押さえつつ流れを変えようとする。
ヒロムはロープ越しでタランチュラから場外戦を仕掛けてフェースクラッシャー、エプロンからドロップキックでデスペラードを鉄柵に直撃させ、リングに戻ってからヒロムはファルコンアローからダイナマイトブランジャーを狙うが、逃れたデスペラードはニークラッシャーからマフラーホールド狙いは、ヒロムは回転して逃れ、デスペラードは突進するとヒロムはコーナースロイダーで叩きつけてからダイナマイトブランジャーを狙うが、痛めた左膝の影響崩れてしまい、ヒロムのトラースキックに対してデスペラードはエルボーで返し、ヒロムはまたトラースキックも、受け切ったデスペラードは突進すると、ヒロムはトラースキックで迎撃する。
ヒロムはコーナーデスバレーからデスバレーボム、そしてTIME BOMBを狙うが、デスペラードが丸め込んでからヌメロドスで捕獲し、ヒロムはロープに逃れる。
デスペラードがギター・デ・アンヘルを狙うが、ヒロムが着地して逃れるも、ヒロムは着地の際に左膝に痛みが入って場外へ逃れると、デスペラードはトペを狙ったが、ヒロムが素早くリングに戻って、エプロンに急停止したデスペラードにサンセットフリップボム狙ったが、手を滑らせて失敗してしまい、デスペラードはヒロムを鉄柵に叩きつけてから左膝をイスで滅多打ちする。
リングに戻ってデスペラードは左膝へローキックからヌメロドスで捕らえ、ヒロムが逃れてもデスペラードはギターデアンヘルから再びヌメロドスで捕らえる。ヒロムは必死でロープに逃れようとするがデスペラードは回転して逃さずも、ヒロムはカナディアンデストロイで切り返し、まさかの切り返しを受けたデスペラードは大ダメージを負ってしまう。

両者ダウンからヒロムはTIME BOMB狙いも、ヒロムとレフェリーと交錯させたデスペラードは急所打ちからロコモコを狙ったが、ヒロムが先にグーパンチを炸裂させてからデスペラードのマスクを破るも、デスペラードもマスクを取って三上恭祐の姿を自ら晒し、二人は殴り合いを繰り広げ、デスペラードはロコモコ狙いに対して、先にヒロムがビンタを浴びせるが、デスペラードもロコモコで返す。

デスペラードはピンチェロコを狙うが、逃れたヒロムが頭突きを浴びせ、ビクトリーロイヤルからTIME BOMB2はデスペラードがエルエスクレロで切り返したがカウント2でキックアウトされる。
ラリアットは相打ち、デスペラードは関節蹴り、ヒロムはトラースキックからラリアット狙いはデスペラードは切り返すも、ヒロムが剥き出しコーナーにコーナーデスバレーからTIME BOMBを決め、デスペラードはカウント2でキックアウトも、ヒロムはビクトリーロイヤルからTIME BOMB2で3カウントを奪い優勝を果たした。

試合後に退場していくデスペラードにアピールすると、ヒロムが戦いたい人間がいるとして、IWGPジュニア王者の石森ではなく、石森の前にアメリカで開催されるスーパーJ CUP優勝者との対戦を要求し、最後は新日本LOVEを訴え、もっとを連呼してから「楽しもうぜ」で締めくくった。
ここ数年の新日本プロレスのジュニアはハイフライが主流になりかけていた。しかしヒロムとデスペラードが見せてくれたのはリアルな感情をぶつけ合う本来の新日本プロレスのジュニアの試合、90年代の新日本ジュニアを思い出させてくれた。
そしてヒロムはIWGPジュニアより先にSUPER J-CUP優勝者との対戦をアピールするが、13日にJ-CUPはアメリカで行われる、果たして誰が優勝してどんな形で行われるのか?

ダブルメインイベント第1試合の「WORLD TAG LEAGUE 2020」優勝決定戦は1位で2連覇を狙うジュース&フィンレーのフィンジュースvs今度こそ初優勝を狙うタマ&タンガのG.o.Dが対戦。
序盤は両軍が出方を伺うが、邪道が介入を狙うと、マーティー浅見レフェリーが邪道に退場を命じ、邪道はヤングライオンらによって強制排除されてしまう。
邪道が排除されたことで心置きなくフィンジュースはタッチワークや連係でタマを捕らえ、タンガがカットに入るも連係で排除される。
かしタマがフィンジュースの連係を寸断すると、代わったタンガにフィンジュースに両腕ラリアット、フィンレー、ジュースとショルダースルーで叩きつけ、タンガがフィンレーにブレーンバスターからブルーサンダー、スリーパーで捕らえる。タマに代わって連係からリバースガンスタン、胸板へハンマーの連打、頭突きとG.o.Dはフィンレーを捕らえて試合をリードする。
劣勢のフィンレーもタンガの串刺しを迎撃してジュースへの交代を狙ったが、場外のタマがジュースの足を引っ張り阻止すると、タンガがフィンレーにサモアンドロップで叩きつけるが、フィンレーは反撃しタマのエルボーを避けてからやっとジュースに代わる。
代わったジュースはタマにスパインバスター、タンガにフルネルソンバスターで場外に追いやってからプランチャ、リングに戻ってタマには串刺しラリアットからラリアット、ダイビングクロスボディーと攻め込んでから、フィンレーが入ってトレイン攻撃、バックブリーカー&エルボードロップの合体技を決める。
フィンジュースが再び合体技を狙うが、タンガがジュースにスピアーで阻止すると、タマがフィンレーにトンガンツイストから、G.o.Dがジュースに合体フェースバスター、ダイビングヘッドバットからスーパーフライの波状攻撃の後で、スーパーパワーボムを狙うが、フィンレーが阻止してから4選手が乱戦となってダウンする。
ジュースタマにキャノンボール、ジャブの連打、右ナックルからパルプフリクションで勝負を狙ったが、邪道が戻ってきてジュースが気を取られると、タンガが竹刀を持ち出してジュースが殴打してからタマが丸め込み、フィンレーがカットもタンガがOJK、タマがジュースにシャープシューターと競演でフィンジュースを追い詰める。
セコンドに戻った邪道の指示でG.o.Dがジュースにマジックキラーからスーパーパワーボムを狙うが、ジュースがタンガに雪崩式フランケンシュタイナーで阻止すると、フィンレーが入ってタンガをPrima Noctaからトラッシュパンダで排除し、タマを捕らえたフィンジュースはタマにスカイハイラリアット、フィンレーが雪崩式ブレーンバスターからジュースがダイビングボディープレスの波状攻撃を決める。

フィンジュースはタマにドゥームズデイ・デバイスを狙ったが、タンガがカットに入り、ジュースは乱入した邪道の竹刀を奪ったが、アメリカへ戻っていたはずのKENTAが現れてジュースにブリーフケースで一撃すると、G.o.Dがスーパーパワーボムで3カウントを奪い初優勝を果たし、試合後はKENTAがデジカメで優勝したG.o.Dを記念撮影をした。
フィンジュースも邪道対策は万全のはずだったが、G.o.Dも邪道もKENTAというジョーカーを隠し持っていたのだけは見抜けなかった。

第1試合ではファレ&オーエンズがグラネードランチャーでロビーから3カウントも、試合後にこれまで散々やられてきた矢野のKOPWトロフィーをファレが奪い取ると、踏み潰す暴挙を働く。

第2試合でオスプレイとビー・プレストリーが加わって揃い踏みとなったTHE EMPIREはコブがツアー・オブ・ジ・アイランドでヘナーレから勝利も、O・カーンは棚橋の左膝を膝十字で捕らえてからイスで滅多打ちにし、オスプレイもオスカッターでオカダをKOする。

第3試合では場外戦に引きずり込まれたSANADAがディック東郷のスポイラーチョーカーで首を絞められて失神すると、EVIL組は孤立した鷹木を捕らえるが、息を吹き返したSANADAがEVILに襲い掛かってマウントナックルを浴びせる。試合はその間に鷹木がスライディングパンピングボンバーからラスト・オブ・ザ・ドラゴンで裕二郎から勝利も、完全に激怒したSANADAはヤングライオンや鷹木の制止を振り切ってEVILにまた襲い掛かってバックステージへなだれ込み、残された鷹木の前にはコブが現れて、コブは改めてNEVER王座への挑戦をアピールすると、ツアー・オブ・ジ・アイランドで鷹木をKOした。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。