BEST OF THE SUPER Jr.27が開幕!ヒロムが石森にリベンジで白星発進!


11月15日 新日本プロレス「WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27」愛知県体育館 2558人
(試合内容は実況ツイートより)

<第2試合 「BEST OF THE SUPER Jr. 27」公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇マスター・ワト(4分14秒 体固め)【1敗=0点】×上村優也
※TTD

<第4試合 「BEST OF THE SUPER Jr. 27」公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇ロビー・イーグルス(10分35秒 ロンミラースペシャル)【1敗=0点】×DOUKI

<第6試合 「BEST OF THE SUPER Jr. 27」公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇SHO(10分29秒 片エビ固め)【1敗=0点】×BUSHI
※ショックアロー

<第8試合 「BEST OF THE SUPER Jr. 27」公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇田口隆祐(12分35秒 エビ固め)【1敗=0点】×エル・デスペラード

<第10試合 「BEST OF THE SUPER Jr. 27」公式戦 30分1本勝負>
【1勝=2点】〇高橋ヒロム(20分56秒 片エビ固め)【1敗=0点】×石森太二
※TIME BOMB

今年は「WORLD TAG LEAGUE 2020」同時開催となった「BEST OF THE SUPER Jr. 27」が開幕、メインではIWGPジュニア王者の石森がヒロムと対戦した。
開始から読み合いとなるが、石森はスライディングジャーマン狙いはヒロムが低空ドロップキックで迎撃すると、場外へ追いやってエプロンダッシュからドロップキック、助走してからストンピング、逆水平で先手を奪う。
リングに戻ってヒロムは逆水平を連発し、スワンダイブも阻止してエプロン石森にサンセットフリップボムを狙ったが、石森が着地し、ヒロムはティヘラ狙いもキャッチした石森はエプロンの角めがけてパワーボムで叩きつける。
リングに戻ると石森はネックツイスト、ヒロムは張り手も石森が打ち返し、エルボーのラリーは石森が競り勝つも、突進はヒロムがカサドーラ式コンプリートショット、ラリアットは相打ちから、串刺しラリアット、串刺しドロップキックの応酬となり、読み合いから石森はハンドスプリングもキャッチしたヒロムはジャーマンで投げれば、石森はリバースフランケンから突進も、ヒロムはコーナースロイダーで投げて両者ダウンとなる。
石森はエプロンへ出ると、ヒロムが追いかけるが、石森はエプロンで客席めがけてのパイルドライバーを敢行、石森はバミューダトライアングル狙ったが、キャッチしたヒロムはファルコンアローで叩きつける。

リングに戻ると、石森がラリアットも、ヒロムはドロップキックを連発してからダイナマイトブランジャーを決め、TIME BOMB狙いは石森が逃れてバイシクルキックに対し、ヒロムはトラースキック、石森はジャンピングニーもヒロムはラリアットで返し、ラリアットは相打ちも石森が打ち勝ち、リバースショルダーバスターからサイファーウタキを決め、ミスティカからYse Lockで捕らえ。ヒロムはロープへ向かうが石森は回転して逃さない

石森はBone Lockへ移行しようとしたところで、ヒロムはやっとロープに逃れ、石森はブラディークロスを狙うも、ヒロムが逃れたところで石森がラリアット、そしてブラディークロスを狙ったが、ヒロムが逃れてウラカンラナを狙う石森にライガーボム、ビクトリーロイヤルからTIME BOME2は石森が逃れてドラゴンスリーパーも、持ち上げたヒロムがコーナーデスバレーからデスバレーボム、TIME BOMBで3カウントを奪い白星発進した。

田口はデスペラードと対戦し田口はいきなり屈伸からタイガーステップ、反福横跳びで牽制だが痛風で痛い。デスペラードが強襲も田口はデスペラードを走らせ、デスペラードの低空ドロップキックを避け、頭を何度も叩くが、ドラゴンリングインはデスペラードが低空ドロップキックで迎撃し、場外戦で鉄柱を使った電気アンマから田口の足を鉄柱に打ち付ける。
デスペラードは逃げる田口を捕まえて鉄柱攻撃から、リングに戻り逃げようとする田口を逃さずニークラッシャーからインディアンデスロックで捕らえ、田口はヒップアタックもデスペラードはアトミックドロップで迎撃する。
劣勢の田口は回転地獄ヒップアタックを命中させ、場外のデスペラードに三角飛びプランチャ、リングに戻ってスリーアミーゴズからオーマイ・アンド・ガ・アンクルと流れを変える。

田口は前落としからギタってオヤイ、そしてケツイエを狙ったが、デスペラードは開脚で避け、デスペラードは串刺し低空ドロップキックから逆回転ドラゴンスクリュー、そしてヌメロドスで捕獲して田口を追い詰める。

デスペラードはギター・デ・アンヘルを狙ったが、切り返した田口が切り返してどどんを狙うも痛めた足が響いで失敗し、デスペラードは突進も田口はドロップキックからケツイエを炸裂させ、どどんを狙うも、デスペラードが阻止してナックル狙いを田口が延髄斬り、そしてどどん狙いはデスペラードが丸め込むと、田口が丸め込んで3カウントを奪い白星発進する。

SHOvsBUSHIは、SHOは死角からショルダータックルから場外へ逃れたBUSHIにエプロンからのPKを狙ったが、キャッチしたBUSHIは引きずりおろし鉄柵攻撃を連発する。
リングに戻ったBUSHIはボディースラム、STFと腰攻め、BUSHIは突進もSHOはスピアーで迎撃し、エルボーの連打から串刺しラリアット、リストを掴んだままミドルキックの連打、ランニングミドルと流れを変える。
SHOはショルダーアームブリーカーを連発してBUSHIの左腕へミドルキックも、BUSHIは低空ドロップキックを連発でSHOを場外へ追いやりトペスイシーダを命中させ、リングに戻ってネックブリーカー、しかし足を取ったSHOはエルボーのラリーを仕掛け、左右エルボーからラリアットを炸裂させる。

SHOはパワーブリーカーを狙ったが、逃れたBUSHIは逆さ押さえ込みじゃら延髄斬りも、コードブレイカー狙いはキャッチしたSHOが飛びつき腕十字で捕らえ、BUSHIは丸め込んだが、SHOはジャーマンからパワーブリーカーを決めると、ショックアローで3カウントを奪い白星発進する。

イーグルスvsDOUKIは、イーグルスのミドルキックをキャッチしたDOUKIはサミング、イーグルスのスワンダイブをレフェリーをぶつけて阻止してから、場外戦で鉄柵攻撃、鉄パイプを利用してのネックブリーカーを決める。
リングに戻ってDOUKIはチンロックも、串刺しはイーグルスが迎撃してエビ固め、膝裏へラリアットから後頭部ラリアット、スワンダイブ低空ドロップキックと足攻めで反撃、イーグルスはミドルキックの連打からレッグラリアット、串刺しダブルニーから膝裏へ619、串刺しダブルニーと畳みかけるが、膝への450°スプラッシュはDOUKIがイタリアンストレッチNo.32で捕獲、だがデイブレイクはイーグルスがキャッチし、DOUKIは突進も迎撃したイーグルスは腕へのダブルニーからハイキックを浴びせる。
イーグルスは突進もDOUKIはラリアットで迎撃し、デイブレイクからスープレックス・デ・ラ・ルナを狙ったが、イーグルスが丸め込めば、DOUKIはトケで返すと、キックアウトしたイーグルスがターボバックバック、そして膝への450°スプラッシュからロンミラースペシャルでDOUKIギブアップとなり、イーグルスが勝利となる。

ワトvs負傷の金丸に代わりエントリーした上村は、開始から上村が串刺しドロップキックから逆エビ固めで捕らえ、!ワトはローキックからミドルキック、ボディースラムで反撃する。
輪とは首筋へのエルボーを連発すれば、上村はエルボーアタックで反撃してコーナーに詰めていってから串刺し狙いはワトが避けて突進も、上村がドロップキックで迎撃する。
上村は閂狙いはワトが堪えると、上村はジャーマンから閂を狙うが、ワトが逃れてレシエントメンテから天山直伝のTTDで3カウントを奪い白星発進した。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。