新根室プロレスが年内で解散へ

 アンドレザ・ジャイアントパンダが所属する新根室プロレスが年内をもって解散することになった。理由は代表であるサムソン宮本が今年3月に肺ガンを患っていることが判明し、2年前にもガンを患って手術で切除したが、今回のガンも前回のものが転移したものだった。また新根室プロレスのモットーは『無理しない、けがしない、明日も仕事』だが、自分が病気となり、それを守れずに続けていいのか」 とこともあり苦渋の決断となった。

 新根室プロレスは2006年に旗揚げ、アンドレザが全国的な人気となってからは、大日本プロレスやDDTにも出場、今年も2月に開催された上井文彦プロデュース興行にも参戦するために大阪にも登場した。10月13日には新木場で興行を開催する。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。