中東決戦でテイカーがゴールドバーグから勝利!

(画像は週刊ファイトより)

WWEがサウジアラビアでビックマッチ「WWE Super ShowDown」 が開催され、メインはジ・アンダーテイカーvsゴールドバーグのドリームマッチが実現した。
 

開始からゴールドバーグのスピアーが炸裂するも、テイカーは何事もなかったように起き上がり、ラリアットを狙うが、避けたゴールドバーグは膝十字固めで捕らえる。終盤にはテイカーがチョークスラムからツームストーンパイルドドライバーが決まり勝負あったかに見えたが、カウント2でキックアウトしたゴールドバーグはジャックハマーで応戦も、カバーが遅れてカウント2でキックアウトされる。ゴールドバーグは再度ジャックハマーを狙うが、崩れてしまうと、テイカーはチョークスラムを決め3カウントを奪い勝利を収める。

WWEユニバーサル選手権のセス・ロリンズvsバロン・コービンは、脇腹を痛めているロリンズは苦戦も、コービンがレフェリーに抗議した隙を突いて丸め込んで3カウントを奪い防衛、敗れたコービンはエンド・オブ・デイズをロリンズに決めて腹いせすると、ブロック・レスナーがポール・ヘイマンを伴って現れ、キャッシュインを狙いでロリンズにイス攻撃を狙うが、ロリンズは急所打ちで阻止してからイスで殴打すると、カーブストンプで撃退し、キャッシュインを行使させなかった。

WWE選手権のコフィ・キングストンvsドルフ・ジグラーは、コフィがトラブル・イン・パラダイスで3カウントを奪い勝利も、ジグラーはエグゼビア・ウッズ、ビッグ・Eの介入が遭ったとして、金網デスマッチでの再戦を要求する。

ロマン・レインズvsシェイン・マクマホンは、シェインがレフェリーと交錯している間にドリュー・マッキンタイヤーが乱入してレインズにクレイモアキックを浴びせると、シェインがカバーして3カウントを奪い勝利。

HHHvsランディ・オートンは、HHHのペティグリーをカウント2でキックアウトしたオートンがRKOを決め勝利。デーモンバージョンとなったフィン・ベイラーはアンドラデをクー・デ・グラで降しインターコンチネンタル王座、中邑真輔と戸澤陽が参加した50人バトルロイヤルでは地元出身でNXT所属のマンスールが優勝を果たした。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。