ケース争奪戦にレスナーが急遽参戦で強奪に成功!ベッキーはダブルヘッダーでの防衛戦を敢行!

(画像などは週刊ファイトより)

 5月19日、コネチカット州ハートフォードでWWE PPVイベント・「マネー・イン・ザ・バンク」が開催され、メインでは挑戦権利書が入ったブリーフケース争奪戦が8選手によって行われ、フィン・ベイラー、アリ、アントラデ、ランディ・オートン、ドリュー・マッキンタイア、バロン・コービン、リコシェ、サミ・ゼインが参戦も、ゼインがバックステージで何者かに襲撃を受けたため参戦できなくなり、7選手で行われることになった。
 6選手を振り切ったアリがラダーへ昇り、ケースを手にするかと思われたが、レッスルマニア以降姿を消していたブロック・レスナーがポール・ヘイマンと共に現れ、ゼインの代役として急遽参戦、アリをラダーから落としたレスナーがケースをケースを奪い、挑戦権利を強奪してしまった。
 レスナーはレッスルマニア後はUFC参戦が取り沙汰されたものの、UFCからも撤退を表明したことで去就が注目されていた。

 女子によるブリーフケース争奪戦はニッキー・クロス、ベイリー、マンディ・ローズ、エンバー・ムーン、カーメラ、ナタリア、ナオミ、デイナ・ブルックの8選手で行われ、ベイリーがケースを奪取して挑戦権利を獲得。

 そして女子二冠王のベッキー・リンチはRAW女子王座をかけてレイジー・エバンス、SD女子王座をかけてシャーロット・フレアーとのダブルヘッダーによるッ防衛戦を敢行、RAW女子王座はデス・アーマーでレイジーを降して王座を防衛も、続けてSD王座をかけてのシャーロットとの防衛戦では、試合途中でエバンスの介入もあって、シャーロットのビックブーツの前に3カウントとなり、王座から転落、シャーロットがエバンスと共にベッキーを袋叩きにしているところで、ベイリーが現れてキャッシュインで挑戦権利を行使、ダイビングエルボードロップでシャーロットから3カウントを奪って王座を奪取する。

 またサモア・ジョーvsレイ・ミステリオのUS選手権は、ミステリオがウラカンラナで3カウントを奪い王座奪取。シェイン・マクマホンvsザ・ミズの金網エスケープマッチは、ミズがシェインのエスケープを阻止しようとしてTシャツを掴むも、Tシャルが脱げてしまってシェインがエスケープに成功して勝利となる。

 ロマン・レインズvsアライアスは、試合前にバックステージでアライアスがギターショットで闇討ちも、レインズは平然として試合を行いスピアーで秒殺勝利、WWE王座をかけたコフィ・キングストンvsケビン・オーエンズはコフィがトラブル・イン・パラダイスで王座防衛、WWEユニバーサル王座をかけたセス・ロリンズvsAJスタイルズは、ロリンズがカーフストンプで3カウントを奪い王座を防衛した。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。