飯伏がザックの罠にまたしてもかかり完敗!棚橋は原点技で田口から勝利!

3月16日 新日本プロレス「NWE JAPAN CUP 2019」後楽園ホール 1738人 超満員札止め)
(試合内容は実況ツイートより)

<第1試合 20分1本勝負>
○天山広吉 小島聡 永田裕志 中西学(9分19秒 アナコンダバイス)本間朋晃 海野翔太 成田蓮 ×辻陽太

<第2試合 20分1本勝負>
ジュース・ロビンソン マイケル・エルガン ○マイキー・ニコルス(8分59秒 エビ固め)バットラック・ファレ チェーズ・オーエンズ ×ヒクレオ
※マイキーボム

<第3試合 20分1本勝負>
○ランス・アーチャー デイビーボーイ・スミスJr.(7分0秒 片エビ固め)真壁刀義 ×トーア・ヘナーレ
※キラーボム

<第4試合 30分1本勝負>
内藤哲也 ○鷹木信悟(9分21秒 片エビ固め)後藤洋央紀 ×YOH
※ラスト・オブ・ドラゴン

<第5試合 30分1本勝負>
SANADA EVIL ○BUSHI(12分23秒 BUSHIロール)鈴木みのる タイチ ×TAKAみちのく

<第6試合 30分1本勝負>
ウィル・オスプレイ 石井智宏 ○矢野通 (11分48秒 横入り式エビ固め)オカダ・カズチカ YOSHI-HASHI ×コルト・カバナ

<第7試合 「NEW JAPAN CUP 2019」2回戦 時間無制限1本勝負>
○棚橋弘至(17分17秒 ドラゴンスープレックスホールド)×田口隆祐

<第8試合 「NEW JAPAN CUP 2019」2回戦 時間無制限1本勝負>
○ザック・セイバーJr. (16分7秒 オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デス )
×飯伏幸太

「NEW JAPAN CUP 2019」 2回戦は2連戦に突入、まずセミでは棚橋が田口と対戦、 リストロックの攻防では棚橋のパワーに対して田口でスピードリードを奪い、棚橋は切り返しを狙う田口にレッグシザースからヘッドロックで強引に捕らえる。
ロープワークの攻防で棚橋は田口に一人ロープワークを狙うも、棚橋がうつ伏せになったところで田口はアンクルホールドで捕らえ、棚橋は慌ててロープに逃れ、田口はグータッチを求め、棚橋も応じたところで田口は蹴りも、読んでいた棚橋はキャッチ、だが田口は回転エビ固めから顔面への低空ドロップキック、腿パット、膝への関節蹴りと棚橋の足を攻める。
しかし棚橋は串刺しとみせかけて場外へスライディングすると、田口の足を掴んでエプロンでアンクルホールドで捕らえ、リングに戻ってレッグロックと足攻めで反撃し、逃れた田口は張り手から、膝へのエルボーも棚橋は掟破りの腿パットで応戦してロープへ走るも田口はヒップアタックで迎撃、腿パットからロープに押し込んでヒップアタックを連発し、逃れる棚橋にリング下からもヒップアタックを浴びせる。


田口はスワンダイブミサイルキックでエプロンに棚橋を追いやると、三角飛びドロップキックで落としてから三角飛びプランチャを発射して、リングに戻って銀バエポーズ で牽制して、棚橋をリングに戻してロープ越しのアンクルホールドで捕らえる。

ところが田口が観客の声援に応えると、その隙を逃さなかった棚橋がロープ越しのドラゴンスクリューを連発、そしてテキサスクローバーホールドを狙うが、田口が慌ててロープに逃れ、棚橋はセカンドロープからのサマーソルトドロップ狙うと 、田口は足首を掴んで落としてからアンクルホールドで捕らえ、棚橋のスリングブレイドをかわしてスリーアミーゴズ狙いは、棚橋はツイストアンドシャウトで切り返すも、連発を狙ったところで田口がスリーアミーゴズで投げきり、ギタってからケツイェ、どどんと見せかけてタイガースープレックスホールドで棚橋を追い詰めにかかる。


田口はどどんを狙うと、棚橋はサムソンクラッチ出丸め込みを狙うが、田口が押し潰してアンクルホールドからオーマイ&ガーアンクルで捕獲、だが逃れた棚橋は首固めからエビ固めと丸め込み、ビンタからスリングブレイドを狙うが、田口が延髄斬りで迎撃する。
田口は突進するが棚橋はスリングブレイドで迎撃すると、ショートレンジスリングブレイドからドラゴンスープレックスで3カウントを奪い準決勝進出を決めた。
田口は棚橋の勢いを利用して切り返しまくったが、棚橋がカウンターをあくまで狙い続けて勝利に繋げた、最後のドラゴンスープレックスは棚橋の初期のフィニッシュで原点的技だが、ハイフライフローは膝が悪いことでこのまま封印するのか、またこのままドラゴンスープレックスをフィニッシュにするのか・・・

飯伏vsザックは、スタンディングで飯伏がザックの足にローキックも、ザックがグラウンドからネックブリーカー、スリーパーネックロック、マッチアップでも飯伏のリーブロックをキャッチして弓矢固めで捕らえ、逃れた飯伏のPK狙いもザックが見切って避ける。
飯伏は足へローキックを浴びせると、ザックもやり返し、飯伏が応戦したところで、キャッチしたザックはヒールホールドを狙う、飯伏は慌ててロープへ逃れるも、ザックは膝固めへ、倒れている飯伏にローキックから足固めと裏首四の字の複合技からネックツイスト、 フェースロックと首と足を攻める。


ザックの串刺しをかわした飯伏はフランケンシュタイナーからミドルキックで反撃し、飯伏はソバットコンポからミドルキック、その場飛びムーンサルトを投下も、ザックが膝十字固めで捕らえ、飯伏はロープに逃れる。
ザックは飯伏の足にストンピングも、逃れた飯伏はオーバーヘッドキックをザックの顔面に浴びせ、ハーフネルソン狙いはザックが切り返して変形のインディアンデスロックとネックロックも複合技で捕らえ、抵抗する飯伏にザックはビンタだが、飯伏の表情が変わってエルボーの連打で強引に脱出する。


コーナーにも垂れるザックに足蹴、エルボーも、ザックは膝へ低空ドロップキックからPK狙いは、避けた飯伏がパワースラムからムーンサルトプレスで応戦、腕を掴むザックに飯伏がエルボー、ローキックから低空ドロップキックを狙うザックをフットスタンプで潰す。


バックの奪い合いからザックが膝十字も、強引に立った飯伏はジャーマンスープレックスホールドで投げるが、バスソーキック狙いは、キャッチしたザックはアンクルホールドからジャーマンで投げ、ミドルキックから飛びつきネックロックも、逃れた飯伏はショートレンジでバックホームラリアットを炸裂させる。
飯伏はシットダウン式ラストライドを狙うが、ザックが卍固めで切り返すも、切り返した飯伏は人でなしドライバーを狙うが、ザックがヨーロピアンクラッチで切り返しPKも、キャッチした飯伏はカウンター掌底を浴びせ、カミゴェを狙うが、ザックが飛びつき腕十字で捕らえてから三角絞め狙うと、持ち上げた飯伏はシットダウン式ラストライドで叩きつける。


飯伏は生膝カミゴェ狙いうが、ザックが腕へのオーバーヘッドキックで迎撃し、切り返し合いで飯伏クロスアーム式ジャーマンからカミゴェ狙いはザックがカーフキラーで切り返して、オリエンテーリングナパームデスへ移行すると、飯伏がギブアップで、ザックが2年連続で準決勝に進出した。
飯伏は飛び技など動きの大きい技が多い分、ザックの仕掛けた罠にかかりやすかった。今回も完敗しかいいようがない。

これで23日の長岡で行われる準決勝のカードの一つに棚橋vsザック、昨年の決勝と同一カードが組まれたが、膝が悪い分、棚橋が不利か、果たしてハイフライフローを封印した棚橋に打開策はあるのか・・・

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。