藤原テロ事件はこうして起き、2月の札幌伝説が生まれた


1989年2月3日 新日本プロレス「新春黄金シリーズ」札幌中島体育センター大会でWWFインターナショナルヘビー級選手権が(王者)藤波辰巳vs(挑戦者)長州力行われ、当日は「ワールドプロレスリング」で生中継された。

 自分も視聴しており、生中継が開始と共に長州が入場するも、長州が観客にもみくちゃにされているのかと思っていた。実況の藤原喜明の名前を出しており、何事かと思ったら、維新軍団のアニマル浜口がリングに上がり「なんだ!オラ!何やってんだ!」とマイクで叫ぶと、顔面血だるまにされた長州がリングサイドにやっと現れ、緊急事態に藤波がリングに現れてグロッキーになっている長州に襲い掛かり、ストンピングを浴びせる。そこで解説の桜井康雄氏が藤原が通路で長州を待ち伏せして襲撃したことを明かし。藤原は当日タッグマッチで浜口と対戦しており、血だるまにされて痛めつけられていたことから、その報復として長州を襲ったとされていた。

 藤波は長州の額にナックルを浴びせるが、試合を開始する気配はない、リング内には維新軍団だけでなく坂口征二や星野勘太郎の正規軍だけでなく、テレビ解説を務めていた山本小鉄氏も駆けつけて藤波を制止するも、藤波の怒りは治まらず小鉄氏もボディースラムで投げて再び長州に襲い掛かる。浜口が「藤原は藤波に廻し者(ヒットマン)じゃないか」とマイクで叫ぶ中、長州は寺西勇の肩を借りて退場するが、長州も何が怒ったのかわからず錯乱、藤波はWWFインターのベルトを放り投げ、坂口も突き飛ばして退場、試合は行われないままダイナマイト・キッドvsデイビーボーイ・スミスへと入ったため、館内からは納得しないファンから金返せコールが巻き起こった。

新日本プロレス2月の札幌伝説が始まったのは1984年2月3日札幌中島体育センターで行われるはずだった藤波辰己vs長州力における藤原喜明テロ事件から始まった。 事件の背景は何だったのか?この大会のプロモートは大塚直樹氏の「新日本プロレス興行」で大塚氏が副社長である坂口征二に「藤波vs長州を組んで欲しい」と依頼したことから始まった。

大塚氏の「新日本プロレス興行」は新日本の関連会社で、前年の1983年に起きたクーデター事件に関わったとして大塚氏は新日本を去る決意を固めていたが、社長のアントニオ猪木から「新日本プロレス興行」という会社を譲り受け、新日本の興行を請け負っていた。しかしクーデターの首謀者の一人である大塚氏が新日本に関わっていることを良く思っていない人間も多く、猪木自身も「新日本プロレス興行」の創立記念パーティーに出席しないなど距離を取りはじめたことで、大塚氏は猪木に不信感を抱くようになっていた。また猪木自身も新間寿氏の誘いで新団体「UWF」に勧誘され移籍の噂さえ取り沙汰されていた。

 そういう状況の中で新日本興行の札幌大会で藤波vs長州が組まれたが、長州自身は藤波とはやり尽くしたということで、次の標的は猪木と定めており、長州自身も乗り気でなかった。だが藤波vs長州はマンネリと感じていたのは長州だけでなく猪木も感じていた。雪の札幌事件の首謀者は猪木とされているが、猪木は坂口が決めたマッチメークに対して「こうすれば面白くなる」とばかりに選手をけしかけるなどしてカードをいじることが度々あった、藤波vs長州も猪木にしてみれば「何度もやっているカードだしマンネリかな」と感じ、試合を盛り上げるためにアニマル浜口と谷津嘉章ら維新軍団に血祭りにされた藤原をけしかけて事件が起こさせたといいのかもしれない。

しかし藤波vs長州が行われなかったことを受けて観客は激怒し、大会が終わっても納得しないファン数十人が居残り大塚氏らに抗議した。ファンからの信用を落とされる形となった大塚氏は猪木だけでなく新日本に対する不信感から「新日本プロレス興行のメンツを潰すために猪木に試合を潰された!」と嫌がらせを受けたと勘ぐった。今思えば猪木はただ面白ければいいという考えが、大塚氏の不信感を増幅させる結果なってしまったのだ。

 テロ事件を引き起こした藤原はこのテロ事件をきっかけにスターダムへとのし上がり、本隊の斬りこみ隊長として浜口との抗争で活躍したが、半年後にUWFへ移籍、大塚氏もジャイアント馬場さんの全日本プロレスと組んでジャパンプロレス創設へと動き、新日本から長州ら維新軍団だけでなく、永源遥ら中堅・若手を引き抜いて新日本の屋台骨をぐらつかせた。  

一つの事件をきっかけに波紋が広がったが、誰もが新日本の屋台骨までぐらつかせるとは、誰が想定しただろうか…、しかし雪の札幌はこれから起きる1984年の異変が起きる前触れに過ぎなかった。
(参考資料 新日本プロレスワールド 雪の札幌事件は新日本プロレスワールドで視聴できます)

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。