全日本プロレスの全米進出・・・「IWF」構想とは?


1987年11月、ジャイアント馬場がIWF構想を掲げ全米進出計画を発表した。

アメリカ武者修行からアメリカでビックスターとなった馬場は、1964年から日本に定着してからも、アメリカなど海外に頻繁に遠征しており、全日本プロレスを旗揚げ後もNWA会員プロモーターとなった馬場はNWAだけでなくAWAにも遠征して、馬場や全日本プロレスの存在を大きくアピールしてきた。

しかし1981年に入るとNWAが衰退し始めると、NWAを脱退したWWFが1984年から全米侵攻を開始したことでテリトリー制が崩壊、NWAでも会長だったジム・クロケット・ジュニアがWWFに対抗してNWAのエリアを買収するなどして対抗、クロケットのプロモーションもWCWと団体名を改め、NWAもWCWの中で存続されていた。

全日本プロレスもNWAからは1986年に脱退していたが、クロケットのWCWとのパイプはまだ通じており、NWA世界ヘビー級王者だったリック・フレアーもクロケットプロモーションからの派遣という形で来日、馬場もWCWが例年開催しているタッグトーナメント「世界タッグ五輪」にはタイガーマスク(三沢光晴)、高木功(嵐)と組んで参加していた。

そしてクロケットから88年度の「世界タッグ五輪」の日本開催を全日本だけでなく新日本にも協力するように要請するが、馬場は断った。理由は日本で開催すれば、経費は全て日本側が持つ。また新日本とのライバル関係に付け込むことで条件の良い方と組んで漁夫の利を狙える。また全日本は日本テレビ、新日本はテレビ朝日で放送していることからタダ乗りできる。全てにとってクロケットにメリットがあるからで馬場にとっては美味しくない話だったからだったが、この頃のクロケットはエリアの拡大に伴って莫大な経費がかかっことで破産寸前の状況だった。これをきっかけに馬場とクロケットの間に亀裂が生じるが、馬場にしてみればNWAの副会長も含め業界の先輩である自分に対して、クロケットが持ってきた提案は失礼にあたると考えたのかもしれない。

そこで馬場が全日本が中心となって第3勢力であるIWFを立ち上げることになったが、馬場の考える構想はWWFやWCWによって崩壊寸前のテリトリーをIWF中心にまとめ、世界王者を認定して第三勢力を作り上げ、また全日本プロレスと契約している選手をIWFのテリトリーに派遣するという計画であり、元NWA会長だったボブ・ガイゲルやAWAのバーン・ガニア、ザ・ファンクスも協力する姿勢を見せていた。ガイゲルもこの頃にはNWAから離れてWWAなる団体を旗揚げしていたがWWFやWCWに太刀打ちできる力はなく、AWAも選手が次々と離れていたことで崩壊寸前にまで追いやられていた。

翌年の88年から馬場は計画推進のため動き出し、ジョージア州でインディー団体SWAを旗揚げしていたクラッシャー・ブラックウェル、ガニアのAWA、フリッツ・フォン・エリックのWCCW、マイク・グラハムのFCWに働きかけるも「アメリカマット界の現状では時期尚早」と進展はしなかった。快い返事をもらえなかった理由は、WCCWは新日本と提携を始め、AWAも主戦場にしていたマサ斎藤を窓口にして新日本プロレスとの提携を結んでしまっており、計画から手を引いてしまった。NWAが存在していたころはAWAを含めて全日本寄りだったが、テリトリー制が崩壊すると、新日本寄りに傾き始めていた。

それでも馬場はハワイにてAUP(オール・ジャパン・イン・USA)と名前を変えてプレ旗揚げ戦を、全日本プロレスからザ・グレート・カブキなどが参戦し、またフリーを中心とした選手を集めたて開催され、89年の1月にガイゲルやまだ全日本プロレスに籍を残していた佐藤昭雄の協力もあってガイゲルのお膝元であるカンザスにて旗揚げ興行を開催し、全日本プロレスからもジャンボ鶴田、谷津嘉章、天龍源一郎、タイガーマスク、スタン・ハンセン、テリー・ゴーディ、ドリー・ファンク・ジュニア、テリー・ファンク、ダイナマイト・キッド、デイビーボーイ・スミスを投入、メインはハンセン&ゴーディの保持する世界タッグ王座に鶴田&谷津の五輪コンビが挑戦、レフェリーは元NWA世界王者でカンザスではガイケルのビジネスパートナー、馬場とは昵懇の間柄だったパット・オコーナーが務め、鶴田がバックドロップで3カウントを奪い王座を奪取し、この模様は日本テレビの「全日本プロレス中継」で放送されたが、寒波襲来もあって不入りに終わり、この大会を契機にIWF構想は頓挫した。

馬場が計画したのは昔のテリトリー制度の復活であり、全日本プロレスそのものをアメリカに持ち込む計画ではなかった、馬場さんとてアメリカマット界の流れを変えるまでには至らなかった。

2月には天龍がWCWに遠征してロード・ウォリアーズとタッグを結成したが、この頃にはクロケットはジム・バーネットの仲介でプロモーションをテッド・ターナーに売却しており、クロケットはNWA会長としてWCWに留まっていた。NWA世界ヘビー級王者だったリック・フレアーが天龍を挑戦者に指名したもので、WCWとしても長期滞在を希望するも、この頃の天龍は天龍革命によって全日本では欠かせない存在となっており、長期にわたってWCWに派遣できないとして馬場は断った

その後全日本プロレスはこうして日本国内重視に方針を変えていったが、馬場なりのアメリカマットへと決別だったのか、1998年にWWFが全日本に急接近し馬場も自ら交渉にあたろうとしたが、馬場が死去したことでWWFとの交渉も実現することはなかった・・・

(参考文献=GスピリッツVol。38=小泉悦史「ジャイアント馬場の海外行脚」より)

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。